新たな始まり2019年

昨年12月10日付けで着任しましたグランポレール勝沼ワイナリー 工場長の伊藤です。
昨年もグランポレールについて社内外より高い評価を頂きました。
グランポレールを応援してくださった全ての皆様に、心よりお礼を申し上げます。

いよいよ大規模な自社ぶどう園が北海道北斗市に開園します。

実は2015年よりグランポレール強化に向けた新たな原料ぶどう確保のための候補地について
北海道・長野などで調査を行ってきました。
昨年、北海道北斗市に自社ぶどう園を開園することが決まり、
改めて北海道の歴史などを調べたところ、大きな驚きがありました。

当社の起源である開拓使麦酒醸造所建設に貢献された「村橋久成」は
醸造所建設前の明治4年(1871年)には函館に近い七重開拓場(七重村官園、現在の七飯町)に携わっていたのです。
まさに当社が函館に隣接する北斗市に自社ぶどう園を開園することは、
当社ワイン事業における「原点回帰」であり、今年は新たな始まりの年になります。

「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」のぶどうを原料としたグランポレールが商品化されるには、
まだまだ時間がかかりますが、勝沼・岡山の両ワイナリーの製造スタッフとともに、
モノ造りへの思いや信念を忘れずに取り組んでまいりたいと思います。

「グランポレール」がさらに輝ける日本ワインの星になれるように、
皆様のご協力・ご支援を引き続き宜しくお願いいたします。

さあ、新たなグランポレールの歴史が始まります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
20190118画像1
グランポレール勝沼ワイナリー 製造スタッフ

グランポレール勝沼ワイナリー 工場長 伊藤和秀

グランポレールネットショップこちら
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS F t