グランポレール 4産地情報 ~岡山ワイナリーより~

本年も8月18日の岡山ワイナリーでの新酒用の仕込みを皮切りにぶどうの仕込みがスタートしました。

仕込みが本格化するのは9月2週目頃からで、現在は、ぶどうの状態の把握や収穫スケジュールの調整、仕込み方法の打合せを進めつつ、スタッフの緊張・高揚感が高まってきているところです。

本年のぶどうの生育は全国的に平年並み~若干遅めで進んできています。

グランポレール4産地のぶどうも比較的に順調に生育が進んできており、予断は許しませんが、大きな減収などなく収穫が進むことが期待できる状況です。
平年並みと言っても、ここに至るまでにも一時的・局所的な大雨や長雨、乾燥などが発生し、すべてが順調にきているわけではありません。

このような天候変化にぶどう樹もその都度反応し、2017年というヴィンテージの特徴が形作られていきます。
特に悪影響が心配されるような天候が続いた場合は、ぶどう生産者は状況に合せた手入れを進めます。

その天候がそのヴィンテージの特徴となるとはいえ、毎年、目指すものはぶどうの健全な生育と成熟なのです。
1
★色付き始めた北海道のツヴァイゲルトレーベ★
2
★長野のサッポロ安曇野池田ヴィンヤードの様子★
3
★順調な山梨の甲州ぶどうの成熟★
4
★岡山井原市のマスカットベーリーAなどのぶどう畑★

 

さあいよいよ収穫・仕込みです。今年もスタッフがしっかりと連携し、美味しいグランポレールワイン造りに挑んでいきます。

岡山ワイナリー 野田 雅章
★4産地の魅力をさらに知りたい方はこちら
5
グランポレール専門店