今年もぶどうの生育は順調です!~各産地より~

今年もいよいよぶどうの樹が活発に生育する時期になりました。
今年は、春の気温が高く推移しており、ぶどうの生育は全国的に4~7日程度早い状況です。

北海道余市
年次計画で進めている老木の改植を本年も進めていますが、順調に改植を終えています。北海道なので始めから添え木は斜めになっていますね。
全国的にワイン用ぶどうの新規植付けが活発で、ぶどう苗木の供給不足が起きており、
長期的な視点でのぶどう苗木の確保が必要となっています。

山梨
ぶどうの生育も良好です。写真は山梨県内のぶどう畑の棚上の様子です。
支柱から数本のワイヤーが斜め下向きに張られているのが見えるでしょうか。
支柱以外にもこのようなワイヤーで棚を支えているため、西日本に比べて、
東日本のぶどう畑では支柱が少なく広々としています。
山梨にお越しの際は、ぶどう畑のこんなところも注目してご覧になって下さい。

岡山
ワイナリー内の畑のシャルドネはちょうど開花が始まったところです。
この状態では雄しべはまだみずみずしく、花粉の飛散はまだ活発になっていません。
もう数日経つと、葯から出てきた黄色の花粉が目立つようになります。

「グランポレール岡山マスカット・オブ・アレキサンドリア薫るブラン」の
原料となるマスカットぶどうは、結実が終ったところです。
今年もきっと香り豊かなぶどうが収穫できることでしょう。
4

長野の自社ぶどう園「長野古里ぶどう園」、「安曇野池田ヴィンヤード」は、
現地で社員が駐在して栽培に取り組んでいますので、現地から栽培の状況をまた
お知らせしていきます。お楽しみに!

今年も、収穫に向け、各産地と協働で取り組んでいきます。

岡山ワイナリー 生産部 野田 雅章