グランポレールのワインバーが銀座にオープン!【前編】

師走に入り、寒さも次第に厳しくなってきましたね。

先日、「グランポレールワインバーTOKYO」が銀座コリドー街にオープンしました!

『グランポレール』とは、「世界に誇る日本のワインを作りたい!」と2003年にサッポロビールが立ち上げたワインのブランドです。

「サッポロがワインを?」という驚きもあるかもしれません。しかしサッポロビールのワインの歴史は来年40周年を迎えます。

そして「日本ワイン」とは、国産ブドウだけを原料とし、国内で製造されたワインを指します。

日本で醸造されたとしても、外国産のブドウを用いていれば、それは「日本ワイン」とは呼ばないことになります。(*国税庁による表示ルール(告示)。2018年から施行予定。)

日本列島各地の風土の個性を活かした、そんな「日本ワイン」を作ろうと、産んだブランドがこの「グランポレール」です。

既に国内外のコンクールでの受賞経験を持つこの『グランポレール』を、食とともに堪能できる場所が、このコンセプトショップ。

場所は銀座のなかでもユニークな、お店が多く並び、親しみやすさを感じるコリドー街。

ワインに詳しい方は是非「日本ワイン」の醍醐味を、ビール党の方も是非日本のワインを「グランポレールワインバーTOKYO」で試してみませんか?

次回はグランポレールのこだわりに加え、料理とワインのマリアージュをお届けします!