「仕込が始まりました!」~グランポレール勝沼ワイナリーより~

8月21日、ついに、今年の仕込が始まりました。

まず、最初にワイナリーに入って来たのは、安曇野池田ヴィンヤードのシャルドネとピノ・ノワール。

暑い夏と、少ない降水量のために、ぶどうの成熟は早く、いつもより少し早い収穫となりました。
今年のぶどうは健全で、果房も果粒も小さく、まさに最高の品質。期待が持てます。
IMG_4432
入荷したシャルドネ。

IMG_4442
右がシャルドネ、左がピノ・ノワール。
横に置いてあるのは名刺入れです。

IMG_4455
準備万端整って、いよいよ仕込開始。
次々と、ぶどうが除梗機に入っていきます。

IMG_4451

除梗機で梗(果粒が着いている茎の部分)を外されて、粒だけが出てきます。

IMG_4458
人の手で選果して行きます。取り除くのは梗の破片や、
成熟不良果、病果等。赤品種では着色不良果も取り除きます。
雑味がなくて、ピュアな味わいのワインを造るために、欠かせない作業です。
梗の破片も少なく、健全果ばかりだったので、楽勝の選果作業でした。

まだまだ書きたいことはあるのですが、次のぶどうが入って来たので、今日はこの辺で…

グランポレール勝沼ワイナリー チーフワインメーカー 工藤雅義