サッポロビール株式会社
★SAPPORO

7月5日、銀座のど真ん中に「サッポロ生ビール黒ラベル THE BAR」オープン!

“最もビールがおいしい瞬間はその日の1杯目。”というコンセプトのもと、「完璧な生」ビールの提供品質に
徹底的にこだわったスタンディングバー「サッポロ生ビール黒ラベル THE BAR (ザ バー)」
(以下THE BAR)が、 7月5日(金)に東京・銀座5丁目「GINZA PLACE」地下1階にオープンしました。

①IMG_3100_

②ロゴマーク

「THE BAR」では、サッポロビールがグラスや温度管理、注ぎ方など細部にわたって徹底的に
こだわった注ぎたての「黒ラベル」のみを提供。
そして、この店の最大の特徴は、注ぎ方の異なる3種類の黒ラベルを楽しめること。
昭和時代の“スウィングカラン”と“2口カラン”(パーフェクト黒ラベルカラン)、
2種類を併用して注がれる、それぞれのビールの味わいの違いを 体験できることから、
ビール好きの方は必見です!ハートたち (複数ハート)

③IMG_3020_
▲写真左側が“2口カラン”(パーフェクト黒ラベルカラン)、写真右側が“スウィングカラン”

まずひとつ目は、最新の「パーフェクト黒ラベル」。
ビールにおいて重要な3つのC、CREAMY(ミクロン単位のきめ細やかな泡)・
CLEAR(丁寧に洗浄したグラス)・COLD(徹底した温度管理)を実現した最新の「黒ラベル」。
パーフェクト黒ラベルカランから注がれる究極の一杯ビールは、まさに「完璧な黒ラベル」の名にふさわしい
味わいです。
黄金比率「7:3」で提供されるクリーミーで口当たりの良い泡を存分にお楽しみください揺れるハート

④パーフェクト黒ラベル(IMG_3009)_
▲写真は「パーフェクト黒ラベル」

ふたつ目は、スウィングカランで注ぐ「ファースト」。
日本のビールの原点ともいうべき、のどを駆け抜ける爽快感を極めた「黒ラベル」。
シャープな泡とキレのあるすっきりとしたのどごしを実現するために、通常よりもスピーディに
ビールを注げるスウィングカランを復活させ、 一度注ぎを実現した黒ラベルです。
爽快なのどごしがたまりません。

⑤スウィングカラン(1)
▲写真は「ファースト」

みっつ目は、柔らかいのどごしの「ハイブリッド」。
パーフェクト黒ラベルカランから液体を注ぎ、スウィングカランから泡付けを行った「黒ラベル」。
「パーフェクト黒ラベル」と「ファースト」の“いいとこ取り”の注ぎ方によって、柔らく深い味わいを
実現しています。
泡がミルキーでとてもまろやかな味わい。口当たりもマイルドです。

⑥生ビール(1)

3種類全て味わってみたところ、同じ黒ラベルでも、注ぎ方によってこんなにも味が変わるなんて!と、
驚きとともに感動している自分がそこにいました。
この驚きと感動をぜひ皆さまにも味わっていただきたいと思っています。
ぜひ、皆さまの舌で実際に体験してみてください。そこには新しい発見があるかも知れません!?

また、「THE BAR」には、自分だけのマイグラスを店内にキープできるユニークなサービスも。
オープン月の7月は100名様限定。オープン後は毎月1日から70名様限定で店舗にて販売予定。
特別感あふれるシリアルナンバー付のマイナンバーグラスで飲むビールは、それはもう格別なこと
間違いなし!
キープ料は1年間500円(2個)。※グラスのお持ち帰りと次年度更新は不可。

「THE BAR」では、店内で使用するグラスは、高品質の樽生ビールを提供するための薄口専用グラスを
採用、グラスにもこだわっています!

⑧マイグラス

⑦保管庫IMG_2997_
▲マイグラスは店内の保管庫で丁寧に保管。

他にも、「THE BAR」には「完璧な生」をお客様に味わっていただくためのこだわりがいたるところに
隠されています。
「銀座のお通し」をテーマに、ビールを引き立てる名脇役をラインナップ。
さらに、シーズンごとに銀座屈指の名店が監修するメニューレストランを提供。
初回はとんかつの老舗「梅林」監修のサンドウィッチ「銀座サンド」をご用意。
ここでしか食べられない味をぜひ試してみてくださいハートたち (複数ハート)

⑨IMG_2980_
「THE BAR」は、東京メトロ「銀座駅」(A4出口)を出てすぐという好立地。
スタンディング形式なので、会社の同僚や友人、恋人と、また、お一人さまでも、ふらっとお気軽に
お立ち寄りいただけます。
会社終わりに、自分へのご褒美に“最高の一杯”「完璧な生」ビールはいかがですか。
こだわりぬいた3種類の黒ラベルをぜひ飲み比べてみてください!
マイグラスで贅沢なひと時を過ごすのもオススメです!

——————————————————————————————

☆サッポロ生ビール黒ラベル THE BAR

◇所在地

東京都中央区銀座5丁目8-1 銀座PLACE 地下1階

東京メトロ銀座駅 A4出口直結

◇営業時間

月~土/11:30-22:00 (LO 21:30)

日・祝/11:30-21:00 (LO 20:30)

◇休業日

年末年始・2月第3火曜日

◇座席数

スタンディングカウンター 25名

スタンディングテーブル 5名

◇公式サイトはこちら

「2018年ヴィンテージ赤ワイン」樽上げ開始!!

入社2年目、岡山ワイナリーへ来てちょうど1年の大黒がお届けします。

樽で熟成していた「2018年ヴィンテージ赤ワイン」の樽上げを5月頭から順次行っています。
「樽上げ」とは、それぞれの樽で熟成したワインを大きなタンクにまとめて行く作業のことで、
私が仕込みに参加した最初のヴィンテージです!!

「樽上げ」では、まず熟成期間中に異常がなかったかを樽ごとに香味でチェックします。
同時に、ワインと樽との相性をみて今後に活かすために記録・記憶していきます。
個人の判断になってしまわないように、樽上げ前の香味確認は必ず複数人で行います。
私も先輩たちがどう判断しているのか、どんな表現をしているのかを勉強しながら参加しています。

何故そのような記録を取るかというと、一つのタンクで発酵してできた元は同じワインですが、
一つ一つの樽で香味が異なってくるからです。
新樽なのか使用歴のある樽なのか、フレンチオークなのかアメリカンオークなのか、
どこのメーカーなのかなど、 様々な条件によってワインが変化します。
熟成が進んだやわらかい味わいになったもの、まだ若く固さのあるもの、
樽の香りを強く感じるもの、 反対に弱く感じるものなど様々です。
これらを合わせることで、複雑で厚みのある味わいのワインになっていきます。
樽での熟成は、不思議で奥が深いです。全ての樽のワインが一つになった時に、
どんなワインになるのかを想像するのも、楽しみの一つです。

①

<香味チェック中!!>(写真:大黒)
②
香味のチェックでOKがでたら、樽からワインを抜いていきます。
ポンプで吸い上げ1つのタンクへまとめていきます。
吸い終わった樽は洗浄・殺菌をして、次ヴィンテージの出番まで休憩です。

<ポンプで樽からワインを吸い出す様子>
③

グランポレールの裏ラベルには、樽熟成期間なども記載してあります。
樽での熟成具合も確かめながら、グランポレールワイングラスを楽しんでみてください!

岡山ワイナリー 生産部 大黒 達希

 

グランポレールネットショップこちら

WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS F t

「星★に願いを…」

「サッポロ生ビール黒ラベル」のシンボル★(星)が際立つ七夕に際して、サッポロビール博物館・千葉工場・九州日田工場の各見学受付で、「星★に願いを」をテーマに七夕の飾りつけを実施しています。
七夕と言えば“★”。★と言えば“黒ラベル”。黒ラベルと言えば“飲み飽きないうまさ…”を試飲頂けるツアーをご堪能頂き、「ノドの渇きをいやしたい!」という願い事を是非叶えて下さい。

【サッポロビール博物館】
サッポロビール博物館は、サッポロビールの工場跡地に建つ、日本で唯一のビールに関する博物館です。1876年北海道開拓事業から引き継がれるサッポロビールの歴史を感じながら味わう黒ラベルビールは格別ですハートたち (複数ハート)

SONY DSC

②IMG_0386 (002)

③IMG_0381

☆サッポロビール博物館プレミアムツアーのご予約はこちら

サッポロビール千葉工場】
サッポロビール千葉工場は、黒ラベル最大の製造拠点として、最大消費地である関東エリアを支えています。東京湾を眺めながら出来立て黒ラベルビールを満喫下さい揺れるハート

④190703_Instagram千葉1

⑤190703_Facebook千葉4

⑥190703_Facebook千葉3

☆サッポロビール千葉工場黒ラベルツアーのご予約はこちら

サッポロビール九州日田工場】
サッポロビール九州日田工場は、九州エリアはもとよりアジア向けのサッポロビールの製造拠点となります。日田の街並みを囲む山々を眺めながら、パーフェクト黒ラベルビールを味わって下さい!ハートたち (複数ハート)

⑦190703_Instagram九州②

⑧七夕短冊FbG+

⑨七夕短冊FbG+2 (002)

☆サッポロビール九州日田工場黒ラベルツアーのご予約はこちら

※営業時間、アクセスなどの詳しい情報はサッポロビールホームページより、ご希望の見学施設を選択頂きご確認ください。

サッポロビールホームページはこちら

 

 

ぶどうは花が咲き、実が付き始めました!

今回は、6月の安曇野池田ヴィンヤードから、この時期のぶどう園の様子をお届けします。

【ぶどうの様子】
今年は3月の気温が低かった影響で、芽吹きは昨年より4~13日遅く、花の咲き始めは昨年より
3~9日遅くなりました。
5月は晴れの日晴れが多かったことから、新梢(今年伸びてぶどうの房が付く枝)は太陽の光を
たくさん浴びて元気に伸びています芽

1-①

例年、6月上旬~中旬頃は、ぶどうの花が満開になります。
ぶどうの花は、派手な花びらもなく、ひとつひとつの花は見落としてしまいそうなほど小さいですが、やがて実をつけて立派な房になります。
この時期のぶどう園では、ぶどうの花の甘い香りがほのかに感じられます。

2-①

ぶどうの花が満開になるこの時期は、天候によってぶどうの実の付き具合が大きく左右される
時期でもあるため、 私たちぶどう園スタッフは 心配が尽きません。
今年は今のところ、ぶどうは順調に実を付けていて、ほっとしています。
今年の収穫にも期待できそうです!目がハート (顔)

【この時期の作業:芽かき】
新梢を適度に間引いてやることで、風通しが良くなり、太陽の光がしっかりと当たり、
ひとつひとつの新梢や房に養分が集中して生育が良くなります。

3-①

4-①

【この時期の作業:新梢誘引】
新梢の向きを揃えて垣根のワイヤーに固定してやることで、風通しが良くなり、太陽の光がしっかり
と 当たり、またひとつひとつの新梢や房の生育が良くなり、作業がしやすくなります。
色々な方法がありますが、安曇野池田ヴィンヤードでは、新梢から伸びた巻きひげがワイヤーに
からみつく性質を利用して、「新梢をワイヤーに挟み込む方法」を採用しています。
テープ等で固定するよりも省力化になると考えています。

5-①

芽吹きから収穫にかけての天候や栽培管理は、ぶどうの品質・収穫量、樹の生育などに大きく影響
します。人間が天候を変えることはできませんが、ぶどうができるだけ力を 発揮できるように
サポートすることはできます。
私たちぶどう園スタッフは、ぶどうの生育を注意深く観察しながら、おいしいワインワイングラスの原料になる
健全なぶどうを収穫できるよう、今後もしっかりサポートをしていきます。

 

安曇野池田ヴィンヤード 石原 大輔

 

 

グランポレールネットショップこちら

WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS F t

 

「新ヴィンテージワイン」まもなく発売!!~グランポレール勝沼ワイナリー~

今年はゴールデンウイーク明けから天気が目まぐるしく変わっています。
突然大粒の雹(ひょう)が降ったかと思えば、5月後半には猛暑日になってみたり・・・。
そんな中でもグランポレール勝沼ワイナリーのぶどうの樹芽たちは、今年も粛々と成長を始め、
ここ数日の暑さで一気に開花しました。

<見本ぶどう園>
画像1:ぶどう畑

<ぶどうの花>
画像2:ぶどうの花

例年この時期はぶどうの仕込みもないため、グランポレール勝沼ワイナリーではびんにラベルを貼る
ラベリング作業が多くなります。
地下の貯蔵庫でじっくりとびん熟成を行った安曇野池田の新ヴィンテージももうすぐ発売です。

<びん貯蔵庫>
画像3:びん貯蔵

今回発売になるのは、「グランポレール安曇野池田シラー2015」「グランポレール安曇野池田
ソーヴィニヨン・ブラン2017」「グランポレール安曇野池田メルロー2016」の 3アイテムワイングラスです。

画像4安曇野池田 新ヴィンテージ②

更に「グランポレール山梨甲州<樽発酵>2018」と「グランポレール長野古里リースリング貴腐2013」
も 近日中に発売予定のため、 ワイナリーメンバー総動員(といっても6名ですが)で一気にラベルを
貼り終えました。

画像5:甲州樽&古里貴腐③

もうしばらくお待ちいただければ皆さんのお手元にもお届けできると思います。
グランポレール勝沼ワイナリーで製造した新ヴィンテージのワインワイングラス、ぜひお楽しみください!揺れるハート

グランポレール勝沼ワイナリー 相沢 浩二

 

◆ 安曇野池田シリーズ(6/25発売)予約受注受付中! こちら

◆ グランポレール山梨甲州<樽発酵>2018(発売中) こちら

◆ グランポレールネットショップ こちら

◆ WINE MARKET PARTYグランポレールコーナー こちら

◆ 日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったら こちら

グランポレールSNS F t