サッポロビール株式会社
★SAPPORO

祝!日本ワインコンクール快挙達成!!

先日(7月31日)、審査結果が発表となり、第16回 日本ワインコンクールにおきまして
今年もグランポレールシリーズのワインが多数の賞をいただきました。

その中でもグランポレール勝沼ワイナリー製造の「山梨甲州樽発酵2017」は、2015、2016ヴィンテージに続き3年連続で金賞・部門最高賞の快挙!!!
岡山ワイナリー製造の「エスプリ・ド・ヴァン・ジャポネ泉2017」は2年連続で銀賞・部門最高賞、コストパフォーマンス賞を受賞!!
その他、「北海道ツヴァイゲルト・レーベ2016」も銀賞・コストパフォーマンス賞をいただくなど、金賞1点、銀賞4点、銅賞9点の合計14点のワインで受賞することができました。

受賞ワインはこちら↓①受賞ワイン一覧

今回、素晴らしい賞を多数いただけたことにワイナリースタッフ一同大きな喜びとともに、
このあと迎える2018年ヴィンテージの仕込みに向け、何よりの励みとなりました。

連日続く猛暑のなか、グランポレール勝沼ワイナリーでは仕込みへの準備も着々と進められ、山梨甲州樽発酵2018に使用予定の木樽も「ワインはまだか?」と口をあけて待っています。

②ぶどう収穫箱【準備万端のぶどう収穫箱。良質なぶどうがたくさん収穫できますように!】

③フレンチオーク樽
【今か今かと、出番を待ちわびる木樽(フレンチオーク樽)】

また、銅賞を受賞した「勝沼自園シャルドネ樽発酵2017」はグランポレール勝沼ワイナリー限定品。ワイナリーにお越しの際は、ぜひお手に取ってみてくださいね。

グランポレール勝沼ワイナリー 齊藤佑二

ワイナリー限定品以外の受賞ワインはこちらからご購入いただけます。↓
④受賞ワイン特集
9月25日発売の新ヴィンテージも先行予約受付中!

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS   F t

那須工場庭園【多肉植物編】

那須工場 森のビール園は風光明媚、自然豊かな環境です。
四季折々の植物が咲き乱れ、お客様は勿論、私たち従業員の目も楽しませてくれます。
その中で今日は『多肉植物の寄せ植え』をご紹介します。多肉植物はその名の通り、
茎や葉が肥厚している見た目もボリューミーな植物です。
なぜ、茎や葉が厚みを増して、ボリューミーになっているのか??
それは、乾燥や塩分の多い土地でも生育出来る様、水分を貯め込む能力があるからです。
サボテンも同じ種類の植物です。決して華やか(?)な植物ではありませんが、
愛くるしい姿はまさに『いやし系』。
写真① 写真② 写真③

暑い日々が続く今夏。猛暑にも負けず、『いやし系』の多肉植物たちは
今日もお客様を元気にお迎えします!
ちなみに植物の品種選定は勿論、看板作製、植え替えなど全ての作業は
那須工場従業員によるものです。
まるでプロの仕上がりです!!!

http://www.sapporobeer.jp/brewery/nasu/index.html

 

那須工場景観【夜のレストラン】

昼間は四季折々の花が咲き乱れる那須工場 那須森のビール園。

しかし夜、那須森のビール園は別の姿に変貌します。徐々に暗くなる夜空に鮮やかに浮かび上がる森のビール園。

夜空とビール園の対照的なコントラストはまるでおとぎ話に出てくるお城のようです。

インスタ映えも間違いなし!夜空に浮かぶ那須森のビール園、一見の価値アリです。

是非、ご友人やご親戚をお誘いあわせの上、サッポロビール那須工場 那須森のビール園へお越しください!

????????????????????????????????????

<営業時間延長のお知らせ>
2018年8月26日(日)まで以下の通り営業時間を延長しております。
18:30最終受付 20:00閉店

http://www.sapporobeer.jp/brewery/nasu/index.html

少し早い夏を迎え、ネット張りと傘かけを行っています ~長野古里ぶどう園より~

皆さんこんにちは。
今回は、長野古里ぶどう園よりお届けします。

今年は例年になく梅雨明けが早かったため、「いつもより早く夏が来た」という思いで頑張っています。
このようなことで、今回は夏場の作業をご紹介します。
現在進めている作業は防鳥ネット張りと貴腐用リースリングの傘かけです。

まず、果実を鳥に食べられてしまうのを防ぐために行うネット張り。
①ネット張り
シャルドネの実が柔らかくなりはじめる7月中旬頃から、ぶどうの育成状況を見て始めます。そして順次、メルロー、カベルネと作業は続きます。
鳥の方もよく分かっており、虎視眈々とぶどうを狙っているため、緩みが無い様にしっかり張っていきます。ネットを張り終えたシャルドネは、このようになっています。
②ネット張り

次に傘かけ。11月の収穫まで病気を防ぎ、綺麗な状態を維持するために実施する作業です。
③傘かけ
写真は「長野古里ぶどう園貴腐」に使われるリースリングで、1本の樹にだいたい200房以上実ります。夏場に中腰で傘をかけるのは結構体力の要る作業ですが、天候の影響もあり生産年が限られる希少な貴腐ワインになるぶどうを育てるため、ひと房ひと房丁寧に傘をかけていきます。
④傘かけ
長野県は「涼しい或いは避暑地」というイメージがありますが、長野市でも猛暑日を記録するなど、最近は様子が変わってきたように思います。
なかなか大変ですが、ぶどうは順調に生育しており、収穫はほぼ平年並み、9月上旬シャルドネからスタートする見込みです。

長野古里ぶどう園 軽部和幸
蜂蜜のような甘美な香り溢れる、豊かで洗練された甘みの希少ワイン
「グランポレール 長野古里ぶどう園貴腐」はこちら↓でもご購入可能です。
貴腐

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS   Ft

那須工場 那須森のビール園 七夕イベント

七夕と言えば天の川、天の川と言えばサッポロビールの☆マークという 安直なノリで、星形の付箋にお客様ご自身で願い事を書いて頂き、タペストリーに貼ってもらいました。
全体写真

当初想像していたよりたくさんのお願いがあり、うれしいやらビックリやらです。
ちなみに貼られた付箋の数は、230枚!

その中から、いくつかご紹介します。
写真①
いいですねぇ、お孫さんのかわいい顔が目に浮かびます!
写真②
お星さまにお願いするにふさわしいスケールの大きいものですね。
写真③
夏休み、ほしいですぅ。。。

写真④
やはり世の中「お金」でしょうか!

那須工場では、これからも森のビール園と協働で様々な手づくりイベントを実施していきたいと 考えています。
多くの方々のご来場をお待ちしております。
工場写真