CHEER UP! 毎日の“ワクワク”した暮らしを“応援”するポータルメディア

閉じる
  1. HOME
  2. 知る
  3. 【eスポーツ】ルイ・ヴィトンがeスポーツ世界大会のトロフィーケースを制作!

CATEGORY : 知る

【eスポーツ】ルイ・ヴィトンがeスポーツ世界大会のトロフィーケースを制作!

ルイ・ヴィトン 」が「ライアットゲームズ」とコラボレーションして、パリで頂上決戦を迎えた「リーグ・オブ・レジェンド・ワールド・チャンピオンシップ」(2019年10月2日〜11月10日開催)をスポンサードしたニュースは、eスポーツ人気の高まりを象徴するマイルストーンとして世界的に大きな話題となりました。

ルイ・ヴィトンは、由緒正しいスポーツ大会のトロフィー関連アイテムを手掛けてきた伝統と実績を生かして、「リーグ・オブ・レジェンド」の世界チャンピオンに贈られる「サモナーズ・カップ」を収める特製トランクを制作しただけでなく、さらには「リーグ・オブ・レジェンド・ワールド・チャンピオンシップ」のグローバル・パートナーとしても名を連ねたのです。

ライアットゲームズのeスポーツ事業を担当するナズ・アレタハ氏によると、「リーグ・オブ・レジェンド」は、同時接続するユーザー数が800万人を超える世界最大規模のオンラインゲームであり、そのワールド・チャンピオンシップは視聴者数で世界最大のeスポーツトーナメントであるといいます。実際、昨年は9960万人が世界大会を視聴した実績があるとのことです。

「(ルイ・ヴィトンとのコラボは)eスポーツ界のグローバルリーダーである『リーグ・オブ・レジェンド』の存在の証明であると考えています。これまでルイ・ヴィトンがトロフィーケースを提供してきたのはサッカーのワールドカップをはじめ、スポーツ界で最も権威があるとされる大会のみでした」と語るアレタハ氏。「ですから、今シーズン最も注目が集まるイベントをさらに素晴らしいものにしたいと願っていた私たちにとって、ルイ・ヴィトン以上のパートナーは考えられませんでした。両者が力を合わせることができたことは、eスポーツ界にとって実に素晴らしいことだと思います」

ライアットゲームズは、世界最高峰のプレイヤーが集う「リーグ・オブ・レジェンド ワールド・チャンピオンシップ」を毎年開催しています。2019年は、10月2日にベルリンで開幕、続いて10月26日からマドリッドで準々決勝と決勝が行われ、11月10日にパリで最終決戦を迎えました。ルイ・ヴィトンはこの大会のために、伝統的な匠の技と「リーグ・オブ・レジェンド」のハイテクな世界観を見事に融合した、eスポーツのチャンピオンシップでは史上初めてとなる特製トランクを制作したのです。

またルイ・ヴィトンとライアットゲームズの両社は、ルイ・ヴィトンのウィメンズ アーティスティック・ディレクターを務めるニコラ・ジェスキエール氏がデザインしたユニークなチャンピオンスキンとカプセル・コレクションを、「リーグ・オブ・レジェンド」のデジタルアセットと一緒にリリースする予定もあるということです。

上:ルイ・ヴィトンが製作したリーグ・オブ・レジェンドのトロフィーケース
クレジット:ライアットゲームズ

新興分野であるeスポーツにとって、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションは重要な一歩であるといえます。今年10周年を迎える「リーグ・オブ・レジェンド」のワールド・チャンピオンシップは、総勢800人以上のプロプレーヤーを擁する100以上のプロチームが参戦し、ファンの数も数百万人を数えるまでに成長しました。一方、ルイ・ヴィトンは1854年から洋服やアクセサリーを作り続けています。

さらにルイ・ヴィトンは、ライアットゲームズが中国に凱旋する来年のワールド・チャンピオンシップでも大きな注目を集めることになるでしょう。「リーグ・オブ・レジェンド」のトロフィーケースは、11月10日に行われた決勝戦の数日前からエッフェル塔で展示されました。

「ワールド・ファイナリストに選ばれた2組のチームは、オープニングセレモニー時にステージ上でこのトロフィーケースを初めて目にしました」とアレタハ氏。「ルイ・ヴィトンというブランドが非常に刺激的なのは、160年の歴史を持つ、誰もが憧れる老舗メゾンでありながら、さらなる高みを目指している点です。彼らは本当の意味で伝統を重んじながら、革新を取り入れることができる真のブランドだと思います」。

莫大な数の観客数を誇り、熱狂的なファンベースが存在するeスポーツは、他のエンターテインメントと比較しても規模が大きいことから、ルイ・ヴィトンのようなブランドにとってとても魅力的であるとアレタハ氏は考えています。「リーグ・オブ・レジェンド」には他にもマスターカード、ステートファーム、デル/エイリアンウェア、ナイキなどの大型スポンサーが名を連ねています。

ワールド・チャンピオンシップのトロフィーである「サモナーズカップ」を製作したトーマス・ライト氏は、サッカーのFAカップ、6カ国対抗ラグビー、テニスのオーストラリア・オープンをはじめとする世界に名だたるスポーツ大会で仕事をしてきた超一流のトロフィー・デザイナーです。ライアットゲームズはライト氏と綿密な打ち合わせを繰り返し、「リーグ・オブ・レジェンド」がもつ壮大な世界観から導き出した要素を取り入れ、このゲームの本質が見事に反映された、eスポーツ界における最高の賞に相応しいデザインを生み出したということです。

この記事はVentureBeatのディーン・タカハシ氏が執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願いいたします。

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン