CHEER UP! 毎日の“ワクワク”した暮らしを“応援”するポータルメディア

閉じる
  1. HOME
  2. 知る
  3. 老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

CATEGORY : 知る

老舗の屋号を表す「のれん」と響きあう、生誕130年を迎えるヱビスビールのものづくり。

ym_20191202_cover-1430x805.jpg

着物に関わる悉皆屋(しっかいや)を代々営んできた屋号「中むら」を引き継ぎ、「のれん」を手がける事業をスタートした有限会社中むら代表取締役社長の中村新。現代におけるのれんの魅力や可能性、さらにヱビスビールのものづくりについて話を訊いた。

中村新が代表取締役社長を務める「中むら」は、さまざまなリクエストに応じたのれんをつくる会社である。中村が担っているのは、デザイン会社や設計事務所などから注文を受け、顧客の要望に合わせたのれんの企画提案やデザインと、表現に最も適した技術を持つ日本各地の職人たちのコーディネートだ。

中村 新(なかむら しん)●1986年東京生まれ。有限会社中むら代表取締役社長。
1923年に東京・神田で創業し2006年まで着物の染めや洗い張り、誂えなどを請負っていた家業の悉皆屋の4代目に就任し、2013年よりのれん事業を開始。デザイナーや職人とともにのれんをつくるディレクターとして活躍。「コレド室町」や「虎屋」ののれんを製作している。 Photo:MICHIHARU BABA

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン