CHEER UP! 毎日の“ワクワク”した暮らしを“応援”するポータルメディア

閉じる
  1. HOME
  2. 食べる
  3. 沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?<アニ散歩 34本目>

CATEGORY : 食べる

沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?<アニ散歩 34本目>

anisanpo_14-1.jpg

寒すぎる今年の冬はパタゴニアが心まで温めてくれる。今では一般的になったフリースをシンチラという名前で誕生させたアウトドアブランドだ。完成されたデザインと機能性は、高価格でも20年以上愛用できるので正に一生の相棒でもある。

そんな1990年前半のオールドパタゴニアにはリーバイス606とレッドウィングのベックマンがしっくりくる。お気に入りの冬コーデで日本一のシャケ定食を探しに北海道ではなく代田橋に向かった。

甲州街道の路地裏を入るとリトル沖縄タウンがある。沖縄出身の人が移住し、いつの間にか形成されたらしい。ディープな「めんそーれ大都市場」の中に果たして日本一のシャケ定食があるのか?

おおっ!看板は「おきなわ」だが、昭和な食堂らしき店構えが?しかし違和感がハンパない。

【プロフィール】
片野英児(かたのえいじ)
1968年生まれ。昭和とメンズ服飾を愛してやまない49歳。小誌編集長の干場(ほしば)がアニキと呼んだことから、いつしかアダ名がアニキに。趣味は、スナックで昭和カラオケ。呑みすぎると、歌いながら、なぜか干場と泣き合う熱き男。好きな場所は軍艦島

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン