CHEER UP! 毎日の“ワクワク”した暮らしを“応援”するポータルメディア

閉じる
  1. HOME
  2. 食べる
  3. 赤星★捜査ファイル#09 赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

CATEGORY : 食べる

赤星★捜査ファイル#09 赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

akahoshi-2_3-02462.jpg

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのはどうして? 赤星探偵団2代目団長・尾野真千子が、名酒場の暖簾をくぐり、左党たちを惹きつけてやまない「秘密」を探る――。

財布を気にせず昼から気軽に一杯やれる店が密集する赤羽は、まさに呑兵衛たちの楽園だ。赤羽駅東口からすぐの「立ち飲み いこい」は、そんな昼飲み偏差値最高レベルの街を代表する名酒場だ。

立ち飲み未経験という団長だが、平日の午後3時というのに異様な熱気を発する「いこい本店」に、吸い込まれるように入っていった。

尾野真千子(おの・まちこ)
1981年、奈良県生まれ。中学生のころ河瀬直美監督に見出され、1997年『萌の朱雀』で主演デビュー。同作品は第50回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドールを受賞し、自身も第10回シンガポール国際映画祭主演女優賞を受賞した。2007年、再び河瀬監督とタッグを組んだ『殯の森』がカンヌ国際映画祭グランプリに。2009年にはヒロインを演じたテレビドラマ『火の魚』で第36回放送文化基金演技賞、2011~12年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』では、東京ドラマアウォード2012主演女優賞など数々の個人賞を受賞。その後も数々の映画・ドラマに出演し、日本を代表する女優として活躍中。

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン