CHEER UP! 毎日の“ワクワク”した暮らしを“応援”するポータルメディア

閉じる
  1. HOME
  2. 食べる
  3. 忙しい年末年始に嬉しい、簡単&美味なパーティーレシピ

CATEGORY : 食べる

忙しい年末年始に嬉しい、簡単&美味なパーティーレシピ

houseguests-food-tips-blog1218.jpg

年末年始の休暇中に大勢のゲストに食事を振る舞うなんて、考えるだけでうんざりしてしまうでしょう。今年は映画『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』のクラーク・グリスウォルドみたいにゲストの前で感情を爆発させなくてもいいように、大人数のパーティーにぴったりのストレスフリーな10の方法を1つ(または全部)試してみてはいかがでしょうか。

冷凍庫で保存できる 温めるだけのディナーから10人前のグリルド・チーズ・パイの作り方まで、独創的なアイデアの力を借りて、ただでさえ忙しい年末年始を少しでも楽に乗り切りましょう。映画のように、料理に感動したゲストがお返しに特別なプレセントをくれる、なんていうこともあるかもしれません。

1. パスタ料理の進化形

大人数にディナーを振る舞うとなるとパスタを選ぶ人が多いかもしれません。しかし作り置きができないパスタはあまり良い選択肢とはいえません。パーティーの間ずっと沸騰する大きな鍋の前に立ってパスタが茹で上がるのを待たなくてはならないし、そうこうしている内にお腹を空かせたゲストがキッチンに様子を見に来たりして大変なことになりかねません。

そんな風に四苦八苦して料理をしなくても、スパゲッティ・パイさえ作っておけばパスタのシンプルな美味しさを手軽にみんなで味わえます。

作り方はとても簡単。パスタをアルデンテに茹でたら、チーズ、卵、お好きな野菜やハーブを混ぜ合わせ、底が抜けるタイプのケーキ型に詰めます。焼く準備ができるまで最大8時間、冷蔵庫に保存しておいて、食べる前にオーブンで焼けば、外はカリカリでケーキみたいにスライスできるスパゲッティ・パイが出来上がります。食べ切れなかった分は、翌朝、フライパンでアツアツに温めて目玉焼きをのせれば最高の朝食にもなって一石二鳥です。ぜひ試していただきたいレシピは次の2つです。

カチョエペペ・パスタ・パイ

ワイルドマッシュルームとほうれん草のスパゲッティ・パイ

2. 便利な手巻き寿司

ゲストが好みのおつまみを自分で作れる、セルフサービスの手巻き寿司コーナーを作るのも一案です。焼きのり、ごはん、千切りにした野菜、それにサーモンの刺身を、ごま油・醤油でねぎであえた付け合わせや、蟹のほぐし身にキューピーマヨネーズ とふりかけを混ぜたものなどバラエティ豊かなトッピングを並べます。

3. シンプルなスープにトッピングを用意

シンプルでベースとなるスープを作って、ゲストが自分好みにカスタマイズできるよう、豪華なトッピングを取り揃えておくのもお薦めです。例えばゲストにベジタリアンの人がいる場合には、野菜で出汁をとったスープを作り、お肉が食べたい人用にクリスピーベーコンのトッピングを用意するといった具合です。塩味のピーナッツ、パクチー、チリオイルといった市販のものと、赤玉ねぎのピクルスやフレーバー付きのサワークリームなど手作りのトッピングを2〜3種類ほど準備すると良いでしょう。

4. 市販のハムにちょっとひと手間

市販のスモークハムにひと手間加えて、ホームメイド感をアピールすることもできます。粒入りマスタードと黒砂糖をミックスしたペーストをハムに塗り、アルミホイルでしっかり巻いたら175℃のオーブンで2~3時間加熱します。加熱時間はハムの大きさによって調整します。出来上がってもアルミホイルから出さずに、少なくとも1時間はそのまま寝かせてコクのある肉汁を染み込ませましょう。食べる段になったらハムをスライスして、パンやピクルスを添えてサーブします。マスタードやチャツネも一緒に準備しておくとなお良いでしょう。おまけ:ハムがあまったら、朝ごはんに「ストラータ」を作ってみるのもお薦めです(ヒント3を参照)。

関連記事: パーティー用ハムの選び方

5. 作り置きできる万能オーブン料理

冷蔵庫で一晩保存できるラザニアからブレックファーストベイクまで、なんでも作れるオーブン皿は、大人数の料理をまとめて作るときの必須アイテム。作り置きできて、食べる前にオーブンに入れるだけの料理を作るのに最適です。お薦めは、チーズたっぷりのグリーンチリ・チキン・エンチラーダ 。時間がない時は、市販の鳥の丸焼きで代用すればさらに楽チンです。

6. グリルド・チーズ・パイで一件落着

チーズたっぷりのパイを前もって作っておいて、食べる直前にオーブンに入れれば8~10人の食事があっという間に完成です。このレシピの優れたところは、冷凍のパイシートが使えること。作り方は、まずオーブンを200℃に温め、オーブン用トレイにクッキングシートを敷きます。

調理台に軽く小麦粉をはたき、解凍したパイシートを広げて、25x33センチの長方形を2枚作ります。そのうち1枚をトレイに移し、パイシートの縁を2センチほど残して全体にディジョンマスタードを薄く塗り、削ったシャープチェダーかグリュイエールチーズを載せます。

お好みでスライスしたハム、あればボローニャソーセージを載せるとさらに良いでしょう。次に卵を軽く混ぜ、パイ生地の縁に塗ります。2枚目のパイシートをかぶせて、縁を指で押さえてくっつけます。残りの卵液をパイシート全体に塗り、果物ナイフで表面に切れ目を入れます。パイがふんわりふくらんできつね色になるまで20~30分程度オーブンで焼いたら完成。サーブする時は、四角く切ってマスタードも添えると良いでしょう。

7. ヘルシー派には大皿サラダ

大皿のサラダもまたゲストが多いパーティーで重宝する(そしてヘルシーな)レシピです。この中東風にアレンジした モダンなレシピは、6~8人ならランチの立派な一品として、10人を超えるならディナーのサイドディッシュとして最適です。食べる時に混ぜ合わせるだけなので、作り置きしておくと良いでしょう。何層にも重ねた具材の上部には歯ごたえのある野菜が入っているので、クリーミーなドレッシングをかけておいても大丈夫です。

8. お粥も立派なパーティーフード!

海外でも人気のある「コンジー=お粥」は、材料費も安く、カスタマイズの幅も広いのでお薦めのレシピです。このヘルシーな一品を鍋いっぱいに作り、鶏肉、小葱のスライス、半熟卵、ガーリックチップなどのトッピングを用意しましょう。真っ白なキャンバスに絵を描くように、自分が食べたいものをなんでもお粥に入れることができます。スロークッカーのような低温調理器で作れば、さらに簡単です! お薦めのレシピはこちらからチェックできます。

9. ベーキングトレーでデザートを作る

型で抜いてアイシングをかけたクリスマスクッキーは可愛いけれど、ゲスト全員分を作るには時間と手間がかかり過ぎます。その代わりにベーキングトレーでお菓子を作ってみてはいかがでしょうか。例えば、チョコレート・エスプレッソ・パイ・バーのレシピはこちらからチェックできます。

ピーカン・パイ・バーもお薦めです。

10. 困った時のグラノーラ

年末年始を利用して泊まりに来た友人の朝食のアイデア(とそれを作る元気)が無くなってしまった? そんな時は 手作りのグラノーラを食卓に並べれば解決です。ボウルとスプーンを用意してヨーグルト、牛乳、新鮮なフルーツと一緒にサーブすれば、あとはセルフサービスで手間もかかりません。そしてこんなにシンプルでありながら、特別感が出ます。この豪華なグラノーラのレシピには、ナッツ類とドライフルーツがぎっしり入っています。ドライフルーツを少しの間オレンジジュースに浸しておき、オーブンから出す5分ほど前にグラノーラに混ぜ合わせれば、さらにふっくらと仕上がります。

この記事はFood & Wineのジュリア・ヘッフェルフィンガー氏が執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願いいたします。

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン