CHEER UP! 毎日の“ワクワク”した暮らしを“応援”するポータルメディア

閉じる
  1. HOME
  2. 遊ぶ
  3. 海底のラグジュアリーホテルで過ごす非日常のひと時

CATEGORY : 遊ぶ

海底のラグジュアリーホテルで過ごす非日常のひと時

Courtesy of Manta Resort

ホスピタリティの進化が目覚ましい、世界最高の“海中ホテル”を話題にするのも絵空事ではなくなりました。実際、ここ数年の間に世界有数の観光地では海中ホテルの建設が進められています。昔ながらのスキューバダイビングやシュノーケリングとは全く違う視点から海底の景色を楽しむことができる新たな時代が到来しているのです。

海中ホテルと聞くと中東のドバイを真っ先に思い浮かべるかもしれません。しかし、アメリカなど他の国々でもユニークな海の体験が提供されています。インド洋の海を泳いだことがある人はいるかもしれませんが、サンゴ礁の合間を泳ぐエキゾチックな魚たちの様子を見ながら海底で一夜を過ごしたことがある人はそう多くはいないでしょう。人間がそこにいることなどお構いなしに泳ぎ回る魚たちを見ていると、透明人間になったような不思議な気持ちがするに違いありません。

一般的に海中ホテルはとても高額ですが、高級リゾート地でも比較的リーズナブルな選択肢もあります。

この海の旅の最新トレンドについて、価格や特徴、最新情報をご紹介します。全く新しい(屈折した)光の下でドバイ、フロリダキーズ(アメリカ)、フィジーの美しい海を体感できる世界最高峰の海中ホテルを見てみましょう。

今回ご紹介するのは、すでに営業中で予約可能な海中ホテルばかりですが、この他にもフロリダ州キーウェストのプラネット・オーシャン・アンダーウォーター・ホテルや、ベネチアの街にインスパイアされた水上リゾートホテル(ドバイ)、さらには海中ホテルチェーンであるポセイドン・アンダーシー・リゾーツ初となる5つ星ホテルがフィジーにオープンする予定です。

アトランティス・ザ・パーム — ドバイ

ドバイのイメージといえば派手な建築物と豪奢なライフスタイルですが、アトランティス・ザ・パームもそのイメージどおりに贅を尽くした水中の客室からは、6万5,000匹の海洋動物が生息する巨大水族館「アンバサダー・ラグーン」を眺めることができます。「ポセイドン」「ネプチューン」とネーミングされた2室のアンダーウォーター・スイートは広さ約165平方メートルで、床から天井まで届くガラス張りの3階建てとなっています。さらに24時間対応のプライベートバトラーサービス、空港送迎、ホテルのプール、ビーチ、ウォーターパーク専用のカバナ、客室内でのチェックインなど豪華な特典がたくさん用意されています。

ピークシーズン:1泊8,210 ドル(約9万円)

オフピークシーズン:1泊約4,191ドル(約4万5000円)

ジュールズ・アンダーシー・ロッジ  — 米フロリダ州キーラーゴ

「海底二万里」などのSF冒険小説で知られる作家・ジュール・ヴェルヌにちなんで名づけられたジュールズ・アンダーシー・ロッジ。米フロリダ州キーラーゴにあるこのホテルはもともと海底研究所だった建物で、自然保護区のマングローブラグーンやサンゴ礁に生息する魚類の育成場の風景を楽しめます。ただし、このホテルは、至れり尽くせりのサービスを求める人には向いていません。なぜならスキューバダイビングでしかホテルにアクセスできない、世界初かつ唯一の海中リゾートだからです。

最大6名が宿泊できるこの小さな海中ホテルには、スタッフが24時間在中しており、安全と質の高い体験をお楽しみいただけます。またオプションでプライベートシェフを予約すると、シェフが泳いでやってきて料理を作ってくれます。2つの客室、共有スペース、バスルーム、リビングルームの全てに直径約1メートルの丸窓がついています。

価格は料金プランによって変わります:

3時間のランチステイ:1人150ドル(約1万6,000円。2名から)

1泊 2人で800ドル(約8万8,000円、ピザの宅配を含む。175ドル=約2万円の追加料金でロッジ全体を貸切ることもできます)

コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド、ザ・ムラカ — モルディブ

インド洋に浮かぶコンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド・リゾート内にある、ザ・ムラカ・ヴィラは水中1階、地上1階の2階建てレジデンスです。海中には豪華なベッドルーム、バスルーム、リビングルームがあり、床から天井まで届く大きな窓から、海底世界を180度のパノラマビューで楽しめます。「ムラカ」は現地語で「サンゴ」という意味ですが、このリゾートではサンゴのほかにも見所がたくさん。海底5メートルにあるイター・アンダーシー・レストランではランチとディナーを楽しむことができます。

1泊2万2,000ドル(約236万円)から

ザ・マンタ・リゾート — タンザニア

ザ・マンタ・リゾートのザ・アンダーウォーター・ルームは、美しい海水の中で、魚が宿泊客を“観察”する「逆水槽」をイメージしています。タンザニア・ザンジバル諸島のペンバ島沖海洋保護区に位置し、3階建ての客室は岸から250メートルの距離にあります。海面と屋上の2つの屋外デッキからは、360度広がる壮大なインド洋の景色を堪能することができます。食事は事前に指定した時間帯に提供され、滞在中は警備員が近くに停泊して見守ってくれますのでご安心を!

1泊1,700ドル(約18万円)

最低3泊からとなります。

インターコンチネンタル・上海・ワンダーランド — 中国

上海から30キロほどの距離にある、かつての採石場に建つインターコンチネンタル・上海・ワンダーランド(別名セイモ・ワンダーランド・インターコンチネンタル・ホテル)は、現代の技術の粋を集めた5つ星リゾートです。地下16階のうち海中にある2つのフロアは「ザ・ラグーン」と呼ばれ、6つの海中スイートと、海中プールを含む全ての共有スペースから特注の大型塩水水槽の様子を眺めることができます。また毎晩、水と光が奏でる幻想的なショーを無料で開催しています。

1泊2,005ドル(約21万5,000円)から

リゾート・ワールド・セントーサ、オーシャン・スイート — シンガポール

シー・アクアリウムとアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークに隣接するシンガポールのラグジュアリーホテル。水上と海中の2階建てで、広さ約92平方メートル超の海中スイート11室では“陸と海の良さ”が存分に楽しめます。2階には屋外パティオとホットタブ付きのリビングルーム、海中の1階部分では4万匹以上の海の生き物を鑑賞することができます。滞在中のゲストがリラックスできるよう、熟達したバトラーによるルームサービスも含まれています。

1泊2,580ドル(約28万円)から

この記事はTravel & Leisureのクラウディア・フィッシャーが執筆し、 NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされています。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまで。

  • ライン