サッポロビール株式会社
★SAPPORO

グランポレール、ドイツへ行ってきます!

2月23日、表参道ヒルズ地下3階のスペースオーにて、サッポロのワインイベント「SAPPORO WINE AVENUE」が開催されました。

テタンジェ、ペンフォールズ、マルケス・デ・リスカルの世界的なファインワインと伍して、グランポレールもサッポロが誇る「ラグジュアリー4」のひとつとして、お客様に供されました。

「SAPPORO WINE AVENUE」は2部構成で、第1部は酒販店様や料飲店様(いわゆるプロの方々)向けのセミナーやテイスティング会、第2部は一般のお客様向けのテイスティング会でした。

IMG_2612

 

私は第1部(プロの方々向け)15時からのグランポレールセミナーでワインテイスターの大越基裕さんと対談させていただきました。大越さんと対談するのは、これで2回目。勝沼のワイナリーにもお越しいただいています。
セミナーでは、3月6日新発売のシングルヴィンヤードシリーズ、「グランポレール安曇野池田ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン2016」「グランポレール安曇野池田ヴィンヤード メルロー2014」「グランポレール北海道余市ピノ・ノワール2015」の3本を紹介させていただきました。
大越さんのコメントで私がハッとさせられたのが、ワインと合わせる料理を考えるとき、「冷たい」か「温かい」かという温度の観点からも料理を考えるという発想です。「こんな味の料理だから、こんな味のワイン」「こんな香りの料理だから、こんな香りのワイン」というのは普通ですが、温度まで考えるとは!

IMG_2689

写真左:チーフワインメーカー工藤さん、右:ワインテイスター大越基裕さん

 

その日のうちに山梨まで帰らなくてはならなかったので、第2部ではブースに立つ時間もそこそこにしてもらって、お客様に混じって、サッポロが世界から選りすぐってきた約100種類のワインをテイスティングして回りました(もちろん全部は飲んでいませんが)。同じ品種でも国・産地によってワインの香味は大きく違うこと、土壌・気候の似ている産地のワインは作り手が違っていても共通の特徴があること、まさにワインの香味は土壌・気候(テロワール)が作っているのだということを再確認する時間でした。自画自賛っぽくなってしまいますが、いやあ、おいしかった、楽しかったです。

賞状とメダル

グランポレールブースでは、4産地の土と日本ワインコンクール2017で金賞を取った
2つのワインと賞状、メダルも飾り付け。皆さんに見ていただきました。

さて、3月18日から、ドイツ・デュセルドルフにて、世界最大のワイン見本市、ProWeinが開催されます。この見本市にグランポレールが初参戦、私もマスター・オブ・ワイン(MW)のアンソニー・ローズさんと対談し、「グランポレール山梨甲州樽発酵」他を世界にアピールして来ます。どんな評価をしていただけるのか、今から楽しみです!

 

グランポレール勝沼ワイナリー
チーフワインメーカー 工藤雅義

ワインテイスター、大越基裕さんからも数多くの期待のコメントを頂いた、
グランポレールシングルヴィンヤードの新ヴィンテージはグランポレールネットショップまで
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS fb tw

2017ヱビスVIPメンバーズの集い 開催!

2018年3月3日(土)ひな祭りの日
ヱビスを心から愛し、力強く応援して頂いているヱビスビールファンの皆様、
そしてサッポロビールのヱビスブランド関係者との”秘密の”交流イベントが開催されました!

その名も、「2017ヱビスVIPメンバーズの集い」。
会場は、ヱビスビールの聖地であるヱビスビール記念館を特別に貸し切りです。

1_ヱビスVIPバナー

ヱビスVIPメンバーズとは、
サッポロビールネットショップKANPAI+が提供している”ヱビスビールの年間定期お届けサービス”です。
製造10日以内のできたてのヱビスビールを工場から毎月お届けするサービスで、ヱビスビールファンの皆様が喜ぶ5大特典付きです。

☆★☆2017ヱビスVIPメンバーズの詳細はコチラ☆★☆(※現在は募集終了)

その5大特典の一つが、今回の交流イベントです。
当日は全国各地から総勢69名のVIPメンバーズの方が集まりました。

まずは、ヱビスビールにまつわる歴史のお話からスタート。
ヱビスビールを世にもたらした先人たちの熱い想いに触れました。

2_端田さん講演中

講演の後はヱビスビールで乾杯~☆
VIPメンバーズの方とサッポロビールの社員がフェイスツーフェイスでヱビスビールへの愛を語り合いました!

3_歓談中

そして、今回のお料理は、
恵比寿新聞社主催の「恵比寿の料理人が考えるヱビスビールに合う逸品グランプリ」に3年連続で出品されている、恵比寿が誇る名店「日本料理 代官山やまびこ」さんからお出ししてもらいました。

過去3年、出品されたお料理はどれもヱビスビールにぴったりで、イベントに華を添えてくれました!
ついつい、ヱビスビールも進んでしまう美味しさです♪

4_お料理

その他にも、イベントの企画として、恵比寿名物?のじゃんけん大会や、ドレスコードとしてご案内していた「something gold」のファッションチェックなど、盛りだくさんの内容となりました。

5_イベント中

イベント終了後は、2軒目に仲良く向かわれるVIPメンバーズの方もちらほら。
ヱビスビール好きを共通項に、ファン同士のつながりが更に拡がったようです。

6_全員集合写真

今年も、2018年度のヱビスVIPメンバーズを募集予定です!

募集開始の情報については、
ヱビスビール公式Facebookアカウント、ヱビスプレミアム通信、またKANPAI+から発信しますので、是非ご登録のうえチェックしてください。

より多くのヱビスビールファンの皆様とお会いできることを、
ヱビスVIPメンバーズの運営スタッフ一同楽しみにしております☆

ヱビスビール公式Facebookアカウント

ヱビスプレミアム通信

KANPAI+トップページ

SAPPORO WINE AVENUE 開催しました!

ワイン部2年目みきです。
2月23日(金)表参道ヒルズスペースオーにて
世界各国から厳選した100種類以上のワインが楽しめる大型イベント
「SAPPORO WINE AVENUE」が開催されました。

1

まずは、お客様を憧れのシャンパーニュブランド「テタンジェ」でお出迎え。

2

女性グループから年配のご夫婦まで。多くの方々にお越しいただき、
会場は熱気に包まれました!

3

各ブースでワインを堪能されるお客様からは、
「テタンジェを初めて飲みました!うれしかった。」
「お店ではなかなか頼めない品種も楽しめ、ワインの新たな魅力を知ることができました!」
「イタリアがよかった~。」というお話しから
「本当に楽しくてしかも美味しい~。」とうお声など。
イベントを存分に楽しんで頂いる様子がうかがえました。

4

ワインについてたくさんの質問も頂きました。
「おすすめのワインを教えてください!」「品種は何ですか?」「どんな料理にあいますか?」などなど。
ワインの知識がなくても、詳しく教えてくれるスタッフがいるので自分の好みのワインを探せるのもこのイベントの特長です。スタッフは一生懸命お客様のご質問にお答えし、お客様のお好みのワイン探しを
サポートしました。
ワインとあわせて用意したフィンガーフードも好評で、「美味しかった~。」の声。
インスタ映えのするかわいい盛り付けで、多くのお客様が写真をとられていました。

5

多くのお客様にお会いできたこのイベント。
私たちにとっても記憶に残る一日となりました。
お越し頂いたお客様、本当にありがとうございました。
お越しになれなかったお客様、またの機会にお会いできるのを楽しみにしています。
ワインを通じて皆様に、一瞬でも幸せを感じてもらえたらいいな。と改めて思った1日でした。

6
ワイン部 2年目 みきでした。

春を待つ季節、グランポレールに嬉しいニュース、続々!

今回は岡山ワイナリーからお届けします。

岡山ワイナリーは温暖な県南エリアに区分されるはずの赤磐(あかいわ)市にありますが、今年は何度も雪が降っています。
ワイナリーの敷地内のぶどう畑は枝だけの姿で、越冬中です。2月末には昨年の枝を切り落とし、春の準備を始めます。

さて、そんな春を待つ中、ワインコンクールの発表が2つあり、良い結果を頂いたのでご報告です。
一つはワイン好きの中ではおなじみになりつつある、女性が選ぶワインコンクール「第5回サクラアワード」です。
1月末に恵比寿のウェスティンホテルで3日間にわたって審査会が開かれ、本年も審査員として参加して参りました。
年々審査員数もワインのエントリー数も増え、華やかさが増しています。

DSC_0452

サクラアワードでの審査員テーブルの様子

そんなサクラアワードで今年もうれしいニュースが!
「グランポレール北海道余市ピノ・ノワール2015」がダブルゴールドを頂戴することができました!!
ピノ・ノワールは栽培が難しいぶどう品種で、日本で栽培しワインにするのは難しいと長年言われていました。
グランポレールは日本でも早い時期に北海道余市ぶどう栽培農家の弘津氏と10年以上にわたって取り組んできました。
その結果となるワインが評価を受けたことは大変うれしいことです!!

さらに、前後して発表のあった「アジアン・ワイン・レビュー2018」で
「グランポレール甲州辛口2016」がベストホワイト(白ワイン部門最高賞)を。
「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」も金賞を頂くことができました。
このコンクールはアジアのワインだけを集め、香港で行われているものです。

2018-02-14-13-22-53

左から、山梨甲州樽発酵、甲州辛口、北海道余市ピノ・ノワール(受賞ワインとはヴィンテージが異なります)

甲州は日本固有のやさしい味が特長のぶどう品種です。シャルドネやソーヴィニヨン・ブラン等のきらびやかで評価基準のはっきりとした国際品種と同じ白ワイン部門で我々の〝甲州“が評価を頂けたことは大きな喜びです。
グランポレール山梨甲州樽発酵はヴィンテージ2015年、2016年が日本ワインコンクールの甲州部門でも金賞・カテゴリー賞を受賞しているワインでもあり、複数のコンクールで評価を頂けたことは励みになります。
「甲州と言えばグランポレール」と言われるよう、メンバー一同これからもがんばります!!

岡山ワイナリー生産部 久野靖子

 

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS fb tw

冬の勝沼

お正月休みは終わりましたが、まだまだ寒い勝沼町。
朝日がまぶしい、心地良い日差しの日の朝に、ワイナリー内の自園シャルドネの樹はすやすやと寝息を立てています。
写真A
(グランポレール勝沼ワイナリー 自園シャルドネの様子)

この時期のぶどうの樹木は「仮剪定」といって、昨年に伸びきった枝の上部を切り落としていきます。こうする事で次の「剪定」の時に作業をしやすくしています。
写真B
(自園シャルドネの樹木 仮剪定後)

このぶどう園の一部の樹を使って、毎年マイワイン体験教室というイベントを行っています。今年はどんな方と出会えて、どんなワインができ上がるのか、とても楽しみです。

※グランポレール勝沼ワイナリーのマイワイン体験教室の募集締め切りは
1月31日となっています。詳細は以下のリンク先をご参照ください。
http://www.sapporobeer.jp/brewery/katsunuma/event/20171220/index.html
さて、話は変わりますが、もうすぐバレンタインデーですね!

グランポレール勝沼ワイナリーでは、辛口の白ワインやフルボディの赤ワインの他にも貴腐ワインを造っています。貴腐ワインは貴腐ぶどうと呼ばれる超高糖度のぶどうから造られる極甘口の白ワインです。白ワインですが、その色は琥珀の様な黄金色をしています。

ハチミツの様な芳醇な香り、口中に広がるトロっとした甘味と共に、あま~い1日をパートナーにプレゼントして過ごされてはいかがでしょうか。
写真C
(貴腐ワインとグランポレールグラス ※グラスは非売品です)

グランポレール勝沼ワイナリー ワインメーカー渡邉 真介

貴腐ワインはこちら↓でご購入可能です

4
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS fbtw