サッポロビール株式会社
★SAPPORO

シャンパーニュはブドウだけにあらず、「フランスの大麦」編

ヨーロッパ大麦担当フィールドマンの高橋です。

今回は、高級ワイン、シャンパンの故郷でもあるフランス・シャンパーニュ地方の大麦を紹介します。

さて、みなさん、今年で2年目となる2014年1月22日に限定発売した「薫り華やぐヱビス」には、シャンパーニュ地方で育った大麦からつくった麦芽を使用していることはご存知ですか?実は、製麦も同じシャンパーニュ地方になる工場でおこなった、まさに生粋のシャンパーニュ麦芽なのです。

シャンパーニュでは、昔からワイン用のぶどう栽培は盛んですが、20世紀半ばに大規模開拓があり、土質がビール大麦にも適していたことから、ビール大麦をはじめその他の穀類の栽培がはじまりました。意外に歴史は浅いのですが、今では高品質な大麦が大規模に栽培されています。

このエリアは日本と同じように、秋に種を播いて越冬させる“秋播き大麦”や小麦も栽培されており、2月上旬に訪問した頃は、大麦や小麦は青々と葉を広げていました。

Field in Champagne

この写真ですと、原っぱのように見えるかしれませんが、初夏を迎えるころには下のような元気に育った大麦畑になっていることでしょう。(2013年6月のシャンパーニュにて)

つづきを読む

【北海道工場】皆様こんにちは

見学案内のつぼりんですわーい (嬉しい顔)

北海道は最高気温が氷点下雪 というとても寒い日が続いておりますが北海道工場の試飲ホールから見える庭園は一面銀世界ぴかぴか (新しい) となりました。

晴れている日は雪に光が反射して、とても綺麗な景色を楽しむことができます黒ハート

yuki

つづきを読む

フィールドマンは鼻が利く!ホップチェックとは?

こんにちは。ホップのフィールドマン、鯉江です手 (パー) みなさん、「麦とホップ<贅沢初摘み>」はお試しいただけましたか?

前回お伝えしたように、「麦とホップ<贅沢初摘み>」は今年収穫されたチェコのザーツホップを使用した特別な商品です本 収穫したてのホップをこの商品のために特別に空輸飛行機 しましたが、通常は、“ホップチェック”を行った後、原料に加工してから船に乗って日本に運ばれてくるのです船 “ホップチェック”とは、その年に収穫されたホップの品質、出来栄えを確認する業務のこと。収穫後、収穫物が大方そろった時期の9~10月にかけて、毎年、フィールドマンと醸造担当者が現地を訪問しておこなっています。その結果から、どの畑のホップを買うか判断するのです。

今回はその“ホップチェック”の様子をリポートいたします。

チェコとドイツで収穫された2013年産の“ホップチェック”のため、今年は10月のはじめに現地を訪問しました。
“ホップチェック”では、サッポロビールのいろいろな商品に使われるホップを選び抜くのですから、重責を感じる業務です。

hopcheck1

上の写真にあるように、生産者が収穫したホップ球花を現地のホップサプライヤーが採取し、生産者と品種毎に梱包されたサンプルをテーブルに並べて、ビール会社に披露します。
この期間、私たちは2か国で約180サンプルすべてをひとつひとつ丁寧に見てきました。大変ではありましたが、協働契約栽培のパートナーである生産者の皆さんが、それぞれ今年はどんなホップをつくってくれたのか、彼らの顔や畑を想像しながらチェックできる楽しみな時間でもあります。
つづきを読む

こんな贅沢ない!今年産ザーツホップで乾杯!!

みなさん、こんにちはわーい (嬉しい顔) 今回は、ホップ担当フィールドマンの鯉江が今年のヨーロッパ産ホップについてリポートいたします。

チェコ、ドイツのホップは、今年も8~9月にかけて無事収穫が終わりましたうれしい顔 下の写真は、今年の収穫前のホップです。

20131126
つづきを読む