サッポロビール株式会社
★SAPPORO

【新入社員Mの先行体験レポート】『ヱビス プレミアムエール』がいよいよ発売!

2019年2月26日より新発売の『ヱビス プレミアムエール』。
柑橘の香りがする「カスケードホップ」とヱビスが長年培ってきた技術により、濃密な香り・コクを実現、大人の余韻を楽しむエールタイプのビールです。

その『ヱビス プレミアムエール』が、全国発売に先駆け、楽しめるというではありませんか!しかもプロの注ぎ手がサーブする樽生ビールで!
そんなおいしい情報を聞きつけた新入社員の私Mが、早速2月19日に「先行体験」してまいりました!フレッシュマンがフレッシュな情報をレポートさせていただきまーす。

「先行体験」できる場所は全国の『YEBISU BAR』全18店舗と『ヱビスビール記念館』。
今回訪れたのは大人の香りに溢れる夜の銀座、その中でもシンプルながらオーセンティックな佇まいが目立つ『YEBISU BAR 銀座コリドー街店』です。
1 2

そこに、サッポロビールの新サービスでビール愛好家コミュニティである『HOPPIN’ GARAGE』を通じて、ビール好きの皆さんに集まっていただきました!

図1
http://kitchhike.com/brand_portfolios/5bc57836528beb3a2ad67247
▲HOPPIN’ GARAGEではこのようなビールに関するイベントが毎週開催されています!(※外部サイトに接続します。)

参加者はビール系Webメディアのライターさんや、ビールをテーマに幅広く投稿をされるインスタグラマーの方など、ビールに物申す大人たちが大集合です。
まずは、今回集まっていただいた皆さんにご挨拶をし、早速乾杯!
「うまい!!」
4
「上品さと重厚さを兼ね備えたヱビスらしいエールビール」(20年来のサッポロファン)
「グラスに注いで香りを楽しみながらぜひ飲んでほしいビールです」(ビール系Webメディアライター)
「ヱビスらしさを残したエールタイプのビール。ガツンと来ながらフワッと香る」(ベテランビール愛好家)
「ラガーのスッキリさを残しながら、エールの香りや風味が楽しめる、ラガー好きもエール好きも全てのビール好きが楽しめるビール」(ビールインスタグラマー)
参加者の皆さまからは様々声が上がります。
「うまい!」しか出てこなかった自分のおこちゃま舌と表現の乏しさを恥じながら、大人の皆さんが語るビールトークに耳を傾けます。
5 6
7
泡と液面の間にうっすらと浮かぶ白い霧のようなものは「フロスティミスト」と言って、飲むたびに泡を再生させ、泡持ちをよくしてくれる「泡の予備軍」。
これは、ビールの徹底した温度管理とサーバー・グラスの丁寧な洗浄、そして熟練のプロの注出が実現する、『YEBISU BAR』だからこそ体験できる「極上の生ビール」の証です。

そして『YEBISU BAR』では、通常タイプの『ヱビスビール』ほか、コクが特徴の黒ビール『ヱビス プレミアムブラック』、ヱビスとブラックタイプのハーフ&ハーフ『ヱビス&ヱビス』深みのある色合いと味が特徴の『琥珀ヱビス』、コーヒーのような香ばしさが特徴の『ヱビス スタウト』など多様なヱビスの飲み比べをすることもできます。
今回新発売となった『ヱビス プレミアムエール』はこれまでのヱビスと比較しても、コクと香りが強く、今までにない味わいと声が上がっています。
8『YEBISU BAR』のコースターは濡れるとヱビスの象徴的なある模様が浮かびあがる仕様になっています。
うっすらと浮かび上がっている模様の正体はぜひ『YEBISU BAR』でご確認ください!
9ビールへの偏愛を語りつくす濃密な2時間はあっという間に過ぎ、大人の余韻に酔いしれる「よい~ん」のポーズで今回はお開き!

頑張っている大人にエールを送る『ヱビス プレミアムエール』。
2019年2月26日より全国のコンビニ・スーパーマーケット等でもお買い求めいただけます!

▼ヱビスプレミアムエールのブランドサイトはこちら
bnr_01

グランポレールにうれしいニュース! ~岡山ワイナリーより~

寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ワイナリーでは、2018ヴィンテージのワインの瓶詰時期を迎えています。

さて、2月といえば、全員女性が審査員でおなじみのワインコンクール「サクラアワード」(“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards)の結果発表の時期です。

このサクラアワードで、グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード メリタージュ2014がゴールドを受賞しました!

①メリタージュ

今年は1/30~31にホテル雅叙園にて審査会があり、私も審査員として出席してきました。
3年ぶりに参加させて頂いたのですが、アイテム数・審査員数が大幅に増えており、サクラアワードの盛り上がりを感じました。

②審査中

撮影が下手で申し訳ありませんが、ロゼのスパークリングを審査中の写真です。

また、サクラアワードと時期を前後して結果発表があった、「アジアン・ワイン・レビュー2019」でもうれしいニュースです!
「グランポレール山梨甲州樽発酵2017」がベストホワイト(白ワイン部門最高賞)、「グランポレール甲州辛口2017」も金賞を頂くことができました。

ベストホワイト・白部門の金賞ともに、グランポレールの甲州で2年連続の受賞です。山梨甲州樽発酵はグランポレール勝沼ワイナリー、甲州辛口は岡山ワイナリーで造っているので、両ワイナリーの甲州への取り組みが評価されとてもうれしいです。

ニュースリリースリンク

③甲州辛口・甲州樽発酵

これを励みとして、より美味しいワインを皆様の元にお届けできるよう、メンバー一同頑張っていきます!

岡山ワイナリー 青山晴菜

グランポレールネットショップはコチラ
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーはコチラ
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたい方はコチラ
グランポレールSNSFt

グランポレール勝沼ワイナリーの冬の様子

グランポレール勝沼ワイナリーより、
ワイナリー内にある見本園で、夕日が映える様子をパチリと撮ってみました。
20190201画像①

見本園は、グランポレールを造る4つのブドウ産地で栽培されているブドウ品種を
現地の栽培方法で再現したぶどう園で、 来場されたお客様が自由に見学することができます。
「見本」ですが、秋になると立派なブドウが実るんですよ!
写真を撮っていて、ふと後ろを振り返ると真っ白なサギ?が!
こちらもキレイだったので、ついつい、パチリ。
20190201画像②

さて、これからの時期、ワイナリーでは樽熟成中のワインを木樽から出して、
ワインボトルに充填する作業が始まります。
今年最初のびん詰めは、ピノ・ノワールから、2017年ヴィンテージをびん詰めします。
地下の樽貯蔵庫には、2018年ヴィンテージの サッポロ安曇野池田ヴィンヤード産のピノ・ノワールが樽で熟成中です。
こちらのびん詰めは、まだこれから先。木樽で熟成を続けていきます。
20190201画像③

木樽で熟成したワインを出す時は、どんな熟成をとげたのか、 どんな味わいになっているのか、
今年もワクワクがたくさん待っているので、楽しみです。

グランポレール勝沼ワイナリー 渡邉 真介

グランポレールネットショップこちら
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS F t

新たな始まり2019年

昨年12月10日付けで着任しましたグランポレール勝沼ワイナリー 工場長の伊藤です。
昨年もグランポレールについて社内外より高い評価を頂きました。
グランポレールを応援してくださった全ての皆様に、心よりお礼を申し上げます。

いよいよ大規模な自社ぶどう園が北海道北斗市に開園します。

実は2015年よりグランポレール強化に向けた新たな原料ぶどう確保のための候補地について
北海道・長野などで調査を行ってきました。
昨年、北海道北斗市に自社ぶどう園を開園することが決まり、
改めて北海道の歴史などを調べたところ、大きな驚きがありました。

当社の起源である開拓使麦酒醸造所建設に貢献された「村橋久成」は
醸造所建設前の明治4年(1871年)には函館に近い七重開拓場(七重村官園、現在の七飯町)に携わっていたのです。
まさに当社が函館に隣接する北斗市に自社ぶどう園を開園することは、
当社ワイン事業における「原点回帰」であり、今年は新たな始まりの年になります。

「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」のぶどうを原料としたグランポレールが商品化されるには、
まだまだ時間がかかりますが、勝沼・岡山の両ワイナリーの製造スタッフとともに、
モノ造りへの思いや信念を忘れずに取り組んでまいりたいと思います。

「グランポレール」がさらに輝ける日本ワインの星になれるように、
皆様のご協力・ご支援を引き続き宜しくお願いいたします。

さあ、新たなグランポレールの歴史が始まります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
20190118画像1
グランポレール勝沼ワイナリー 製造スタッフ

グランポレール勝沼ワイナリー 工場長 伊藤和秀

グランポレールネットショップこちら
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS F t

グランポレールの新しい展開のために

私事ですが、12月10日付けで本社勤務となりました。
2004年1月以来のグランポレール勝沼ワイナリー勤務から離れることには寂しさもありましたが、
今度は本社で、今までとは違う立場でグランポレールの造りに携わっていくことになります。

ワイン造りはいつから始まるか?
答え方はいろいろあります。
例えば、一番短いスパンで言うと、ぶどうの収穫を決める時から。
もう少し長いスパンでは、春、一年のぶどう栽培が始まる時から。
しかし、本質的には、どこにどんなぶどう品種を植えるかを決める時からワイン造りはもう始まっています。
なぜならば、ワインの品質はぶどうの品質が8割を決め、ぶどうの品質は産地の土壌と気候が決めるからです。

画像①北斗V全景(仮称)グランポレール北海道北斗ヴィンヤード。ここに来春、苗を植え付けます。

来春、いよいよ北海道北斗市にグランポレールの新しいぶどう園が開かれます。
私の本社での最初の仕事は、そこに植える品種を決めることです。
今、決まっているのは、シャルドネ、メルロー、ソーヴィニヨン・ブラン、シラーの4品種。
4品種ともすでに長野で展開している品種ですが、同じ品種で、長野との産地の対比をお楽しみいただけるはずです。
この4品種に加えて、日本ワインの新しい可能性に挑戦し続けるグランポレールにふさわしい品種を選びます。
実感として2009年に安曇野池田に新しい畑を開いたことで、私たちのワイン造りはより高い新しいステージに入ったと感じています。
新しい北海道の畑は、私たちに再びワイン造りの別の高みを見せてくれるでしょう。

画像②北斗Vイメージイラスト(仮称)グランポレール北海道北斗ヴィンヤード イメージ図。

過去数年にわたって、グランポレール勝沼ワイナリーのメンバーには、ワイン造りの方法論を継承して来ました。
全てのメンバーが、立派なワインメーカーに成長したと思います。
しかし、より重要なのは方法よりもその根底にある哲学を伝えることです。
これからは、より俯瞰的、包括的な立場でグランポレールの哲学を伝え、ワイン造りに携わって行きます。

画像③ワインメーカー
グランポレールのワインメーカー。

グランポレール チーフワインメーカー 工藤雅義

グランポレールネットショップこちら
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS F t