サッポロビール株式会社
★SAPPORO

グランポレール 4産地情報 ~岡山ワイナリーより~

本年も8月18日の岡山ワイナリーでの新酒用の仕込みを皮切りにぶどうの仕込みがスタートしました。

仕込みが本格化するのは9月2週目頃からで、現在は、ぶどうの状態の把握や収穫スケジュールの調整、仕込み方法の打合せを進めつつ、スタッフの緊張・高揚感が高まってきているところです。

本年のぶどうの生育は全国的に平年並み~若干遅めで進んできています。

グランポレール4産地のぶどうも比較的に順調に生育が進んできており、予断は許しませんが、大きな減収などなく収穫が進むことが期待できる状況です。
平年並みと言っても、ここに至るまでにも一時的・局所的な大雨や長雨、乾燥などが発生し、すべてが順調にきているわけではありません。

このような天候変化にぶどう樹もその都度反応し、2017年というヴィンテージの特徴が形作られていきます。
特に悪影響が心配されるような天候が続いた場合は、ぶどう生産者は状況に合せた手入れを進めます。

その天候がそのヴィンテージの特徴となるとはいえ、毎年、目指すものはぶどうの健全な生育と成熟なのです。
1
★色付き始めた北海道のツヴァイゲルトレーベ★
2
★長野のサッポロ安曇野池田ヴィンヤードの様子★
3
★順調な山梨の甲州ぶどうの成熟★
4
★岡山井原市のマスカットベーリーAなどのぶどう畑★

 

さあいよいよ収穫・仕込みです。今年もスタッフがしっかりと連携し、美味しいグランポレールワイン造りに挑んでいきます。

岡山ワイナリー 野田 雅章
★4産地の魅力をさらに知りたい方はこちら
5
グランポレール専門店

日本ワインコンクール2017の結果が出ました! ~岡山ワイナリーより~

日本ワインの国内最大級のワインコンクール「日本ワインコンクール」の結果が8月8日に発表され、今年もグランポレールはたくさんの賞を頂きました。

グランポレール勝沼ワイナリー製造の、「山梨甲州樽発酵2016」、「長野古里ぶどう園貴腐2011」、岡山ワイナリー製造の「エスプリ・ド・ヴァン・ジャポネ泉2016」がそれぞれの部門で部門最高賞を受賞しました!
合計で、金賞2品、銀賞1品、銅賞5品の合計8品の受賞となりました。
受賞一覧はこちら

★エスプリ・ド・ヴァン・ジャポネ泉2016は、ヴィンテージごとに様々な原酒を、最適なバランスに加減しながらブレンドするワインなので、苦労が報われたようでとても嬉しいです!
山梨甲州樽発酵は2年連続の金賞・部門最高賞受賞です。サッポロの甲州の品質が認められたことを実感しています。
★長野古里ぶどう園貴腐は、私が勝沼ワイナリーにいた2年前に、前ヴィンテージでラベル貼り作業をやりました。同じ750mLでも貴腐ワインは重たいので、何本もやっていると落としそうでひやひやした思い出があります…。
(貴腐ワインはワイン中の糖分がかなり多いので比重が大きく、普通のワインより70g位重たいのです)

受賞の喜びもつかの間、ワイナリーでは今年の仕込の準備が着々と進んでいます。先日は、新しい除梗破砕機が入ってきました。
1
【除梗破砕機(じょこうはさいき):ぶどうの果粒(かりゅう)を軸から取り除く機械です】

(ピカピカでこちらのテンションも上がります。)
2
【ピカピカだねとテンションの上がっている私達です。】

今年も美味しいワインを皆様にお届けするために、この設備にもしっかり働いてもらおうと思います。

岡山ワイナリー 青山晴菜

★高品質な甲州種ぶどうを使用した山梨甲州樽発酵。繊細なアロマとやわらかな樽の香りが作り出す
絶妙なハーモーニーがお楽しみいただけます。
3

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレール専門店はこちら

本格的な夏の到来! ~グランポレール勝沼ワイナリーより~

連日暑い日が続いていますが、グランポレール勝沼ワイナリーでは昨年仕込んだワインを中心とした瓶詰め作業も一段落し、現在は秋のリリースに向けた新ヴィンテージワインのラベル貼り作業をスタッフ一同総出で行っています。

ぶどうの生育状況については、勝沼は5月、6月が少雨だった影響で生育がやや遅れたものの、その後晴天が続いたため生育も順調に追いつき、また大きな病害の発生も無かったため2017年は今からグレートヴィンテージの予感がしています!!

1
<<契約農家さんの甲州種ぶどう畑。棚下は日陰で涼しい!!>>
2
<<まだ青々としていますが、これから熟し淡い紫色へと色付いていきます。>>

岡山ワイナリーからのリポートにもありましたが、グランポレール勝沼ワイナリーでも来月には仕込みが始まりますので、機械のメンテナンスや洗浄等やることは盛りだくさん!
ラベル貼り作業が終わってもゆっくりはしていられませんね(笑)

07.19齊藤さん②

グランポレール勝沼ワイナリー 齊藤佑二
★暑い日が続いていますね。そんな時には甲州スパークリングがオススメです!
微炭酸で優しい口当たり、爽やかな香りで乾いたのどを潤してくれますよ。
ぜひ、ご堪能ください!

4

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレール専門店はこちら

星に願いを!~グランポレールワインバーTOKYO 七夕イベントレポート~

梅雨空が続く7月6日(木)、グランポレールワインバーTOKYOにて今年も七夕イベントを開催いたしました。
ほんのちょっとだけ、イベントの様子をお伝えします!

グランポレールワインバーTOKYOでの七夕イベントは今年で2回目。
ワインバーではシェフ自慢の七夕限定メニューを用意し、当日に備えました。
当日は18時頃から小雨が降る中でしたが、店内はほぼ満席!
シェフから6日限定で前菜「洋風そうめん七夕仕立て」のプレゼントもあり、皆さん思い思いにグランポレールを愉しんでいる様子。

1
(洋風そうめん七夕仕立て・・・小さくくりぬいた星やお月様が可愛い!)

19時から、いよいよグランポレールが誇る女性ワインメーカー、久野と青山のトークショーを開始。
2
(左:久野、右:青山)

つくり手ならではのワイン造りの楽しさ、苦労といった裏話を展開しながら
七夕メニューとグランポレールのマリアージュまでトークが進みました。
3 4

特に北海道ツヴァイゲルトレーベ(赤)と合わせた
「仔羊の香味焼き ハスカップクリームソース」はボリュームのある仔羊にハスカップの甘酸っぱい味わいが華やかな香りのツヴァイゲルトレーベを引き立てて合うと大好評!
当日もたくさんのお客様にご注文いただいていました。
七夕メニューは期間限定ですが、好評をいただいたメニューはグランドメニューに
採用されることもありますので、この仔羊メニューも期待が持てますね!
5
仔羊の香味焼き ハスカップクリームソース

トークが一段落したところで、ワインメーカー久野と青山がお客様に七夕の短冊を配布。
短冊を配りながらお客様との会話を楽しみ、様々な質問に答えました。
お客様も思い思いに短冊に願いをしたためて、飾って頂きました。
6
短冊を配りながら、お客様の質問にお答え

7 8
最後はつくり手とのじゃんけん大会で勝ち進んだ方にグランポレールのプレゼント!

グランポレールでは、お客様に「日本ワイン」、「グランポレール」の魅力・秘密をもっと
知って頂けるようなイベントを引き続き開催してまいります!
ご期待ください!

サッポロビール ワイン事業部 倉橋典子

■グランポレールワインバーTOKYO 銀座コリドー街店
〒104-0061  東京都中央区銀座8-2先 コリドー街1F
電話 03-3575-5222
http://r.gnavi.co.jp/3njrr39e0000/

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレール専門店はこちら

【2017年ヴィンテージ準備スタート!!】~岡山ワイナリーより~

岡山もぶどう畑の花が咲き、実が形になってきました。
まだ実は小さく、柔らかくも甘くもありませんが、「そろそろワイナリーの方も仕込みの準備を始めてね!!」と声掛けされているような気分です。
「1人のワインメーカーが人生の中で自分が主体になって仕込めるのはおおよそ30回(ヴィンテージ)」と言われています。

生のぶどうは年に1シーズンしか収穫・醸造できません。

「造り方を学び、後進に譲るまで長くても30年=30回しかありませんよ」という意味です。

そう考えてみると、思ったより多くはないように思います。

1回1回が私たちには大切な機会です。
1
【畑の様子】

ぶどうは8月下旬から岡山ワイナリーに届きはじめます。準備は6月下旬頃からスタート。
岡山ワイナリーで仕込むワインの種類は30種を超えます。それぞれのぶどう品種の生育状況から仕込む合計量の概算を出します。そこから今年は何をどれぐらい仕込むのか?どうやって仕込むのか?等を検討していきます。
先日、岡山ワイナリーでつくった北海道バッカス2016年がIWSC(イギリスのコンクール)で金賞を頂きました。なぜ金賞が頂けるワインができたのか?という確認もここでしっかり行い、次の仕込みにいかしたいです。
2
【試験栽培のソーヴィニヨン・ブラン】

3

【バッカスと賞状と私】

これらが進んでくると、使用する除梗破砕機や搾汁機、タンク等の準備をはじめます。昨年11月から使っていないものばかりなので、点検は念入りにします。
4
【今はブルーシートがかかっていますが、圧搾機です。】

9月になってしまえば毎日のようにぶどうが届きます。ぶどうが届いてから考えていては全てが遅くなってしまいますので、この準備期間はとても大切です。もう今年のワインづくりが始まっていると言ってもよいほどです。

2017年、まだどのようなヴィンテージになるか我々にもわかっていませんが、喜んでいただけるようなワインを皆様にお届けできるよう、ワイナリー一同がんばります!!

岡山ワイナリー 生産部 久野 靖子

5
★グランポレールが誇る女性ワインメーカーの一人、久野が「男性に贈りたいワイン」を
選んだら・・・?!

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレール専門店はこちら