サッポロビール株式会社
★SAPPORO

春を待つ季節、グランポレールに嬉しいニュース、続々!

今回は岡山ワイナリーからお届けします。

岡山ワイナリーは温暖な県南エリアに区分されるはずの赤磐(あかいわ)市にありますが、今年は何度も雪が降っています。
ワイナリーの敷地内のぶどう畑は枝だけの姿で、越冬中です。2月末には昨年の枝を切り落とし、春の準備を始めます。

さて、そんな春を待つ中、ワインコンクールの発表が2つあり、良い結果を頂いたのでご報告です。
一つはワイン好きの中ではおなじみになりつつある、女性が選ぶワインコンクール「第5回サクラアワード」です。
1月末に恵比寿のウェスティンホテルで3日間にわたって審査会が開かれ、本年も審査員として参加して参りました。
年々審査員数もワインのエントリー数も増え、華やかさが増しています。

DSC_0452

サクラアワードでの審査員テーブルの様子

そんなサクラアワードで今年もうれしいニュースが!
「グランポレール北海道余市ピノ・ノワール2015」がダブルゴールドを頂戴することができました!!
ピノ・ノワールは栽培が難しいぶどう品種で、日本で栽培しワインにするのは難しいと長年言われていました。
グランポレールは日本でも早い時期に北海道余市ぶどう栽培農家の弘津氏と10年以上にわたって取り組んできました。
その結果となるワインが評価を受けたことは大変うれしいことです!!

さらに、前後して発表のあった「アジアン・ワイン・レビュー2018」で
「グランポレール甲州辛口2016」がベストホワイト(白ワイン部門最高賞)を。
「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」も金賞を頂くことができました。
このコンクールはアジアのワインだけを集め、香港で行われているものです。

2018-02-14-13-22-53

左から、山梨甲州樽発酵、甲州辛口、北海道余市ピノ・ノワール(受賞ワインとはヴィンテージが異なります)

甲州は日本固有のやさしい味が特長のぶどう品種です。シャルドネやソーヴィニヨン・ブラン等のきらびやかで評価基準のはっきりとした国際品種と同じ白ワイン部門で我々の〝甲州“が評価を頂けたことは大きな喜びです。
グランポレール山梨甲州樽発酵はヴィンテージ2015年、2016年が日本ワインコンクールの甲州部門でも金賞・カテゴリー賞を受賞しているワインでもあり、複数のコンクールで評価を頂けたことは励みになります。
「甲州と言えばグランポレール」と言われるよう、メンバー一同これからもがんばります!!

岡山ワイナリー生産部 久野靖子

 

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS fb tw

冬の勝沼

お正月休みは終わりましたが、まだまだ寒い勝沼町。
朝日がまぶしい、心地良い日差しの日の朝に、ワイナリー内の自園シャルドネの樹はすやすやと寝息を立てています。
写真A
(グランポレール勝沼ワイナリー 自園シャルドネの様子)

この時期のぶどうの樹木は「仮剪定」といって、昨年に伸びきった枝の上部を切り落としていきます。こうする事で次の「剪定」の時に作業をしやすくしています。
写真B
(自園シャルドネの樹木 仮剪定後)

このぶどう園の一部の樹を使って、毎年マイワイン体験教室というイベントを行っています。今年はどんな方と出会えて、どんなワインができ上がるのか、とても楽しみです。

※グランポレール勝沼ワイナリーのマイワイン体験教室の募集締め切りは
1月31日となっています。詳細は以下のリンク先をご参照ください。
http://www.sapporobeer.jp/brewery/katsunuma/event/20171220/index.html
さて、話は変わりますが、もうすぐバレンタインデーですね!

グランポレール勝沼ワイナリーでは、辛口の白ワインやフルボディの赤ワインの他にも貴腐ワインを造っています。貴腐ワインは貴腐ぶどうと呼ばれる超高糖度のぶどうから造られる極甘口の白ワインです。白ワインですが、その色は琥珀の様な黄金色をしています。

ハチミツの様な芳醇な香り、口中に広がるトロっとした甘味と共に、あま~い1日をパートナーにプレゼントして過ごされてはいかがでしょうか。
写真C
(貴腐ワインとグランポレールグラス ※グラスは非売品です)

グランポレール勝沼ワイナリー ワインメーカー渡邉 真介

貴腐ワインはこちら↓でご購入可能です

4
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS fbtw

2018年はグランポレール15周年!

2018年が始まりました。

2017年もグランポレールを応援して頂きました全ての皆様に心より感謝申し上げます。

2018年は、グランポレール発売15周年にあたります。

より一層の品質向上と、みなさまに楽しんで頂けるワインをお届けできるように頑張ります。

 

さて、昨年を振り返ると、2017年は天候不順の影響もあり難しいヴィンテージになりましたが、栽培農家とも連携し満足できるワインが醸造出来たと考えています。

何と言っても岡山ワイナリー関連で記憶に残る出来事は、ロンドンで開催されておりIWSC(インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2017」で「グランポレール 北海道バッカス辛口2016」がサッポロ社として11年ぶりに金賞を受賞。その他5点での銀賞を受賞したことで、グランポレールが世界でも認められたことを実感できたことです(受賞に関する記事はこちら→)。

 

また、除梗破砕機を新しく買い換えたことは大きな変化でした。

(新しい除梗破砕機についての記事はこちら→

除梗破砕機はぶどうの軸から果粒をはずし、果汁が出やすいように軽くつぶす重要な仕込み設備です。生産部、エンジニアリング部と協働で、安全・品質・作業効率など多方面から検討し、良い設備導入が出来ました。2017年のグランポレールは新たな除梗破砕でさらに品質向上していますので、我々も楽しみにしています。

現在、2017年ヴィンテージのワインはどんな様子かというと、赤ワインは昨年末から樽熟成を開始し、白ワインはびん詰めの準備を進めています。第1弾として今月ミュラートゥガウをびん詰めします。新ヴィンテージは今後も順次発売になりますので、是非お試し頂ければと思います。

 

日本ワインの中でもキラッと光る☆になれるように。

グランポレールは、2018年もさらに走り続けます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

岡山ワイナリー 生産部 部長 竹下昌利

 

集合写真

岡山ワイナリー生産部メンバー「今年はこのメンバーで宜しくお願いします」

20180111岡山W

「今シーズン初めて雪化粧したワイナリー。

晴れの国でも冬は寒いです。この日、ワイナリー周辺では最低気温-8℃でした。」

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS fb tw

グランポレール専門店はこちら

2017年末のご挨拶~グランポレール勝沼ワイナリーより~

今年も残すところ、あとわずかとなってしまいましたが、皆さんの2017年はどんな1年だったでしょうか?

 

さて、私の2017年は、公私にわたり充実した1年になりました。
まず、「公」の方は、日本ワインコンクールで「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」と「グランポレール長野古里ぶどう園貴腐2011」の両方で「金賞」「部門最高賞」をいただくことが出来ました。
「グランポレール山梨甲州樽発酵」は、昨年受賞の2015ヴィンテージに続いて2年連続の「金賞」「部門最高賞」のダブル受賞。
私たちのワイン造りが決してまぐれでなく、確かな技術力に支えられていることを認めていただきました。
うれしいのは、いろんな方から「グランポレールの甲州樽発酵は飲むとわかる。他とは違う!」と言っていただくこと。
こうなったら、3年連続、狙うしかありません。

1222hoshi

次に「私」の方。
今年、私は「ソムリエ」試験に挑戦しました。周囲が取りはじめて、外堀を埋められつつあったということもありますが、実は、今年我が家は受験生がふたり。
親として頑張る姿を見せておこうという気持から挑戦を決意しました。いやあ、分厚い教本を相手に、久しぶりに猛勉強しました。夏休みはなかったです。
資格のために始めた学習ですが、ワインメーカーとして得るものもたくさんありました。やっぱり気候と土壌が、その土地に適したぶどう品種を決めているんだなあ、という再確認とか、まだまだ飲んでいない地域、ワインがたくさんあるなあ、という反省?とか。
結果ですか? はい、何とか合格して、親の威厳を保つことが出来ております。

来年も、私たちは皆さんに驚きと感動をご提供できるグランポレールをつくって参ります。
皆さんの2018年が、喜びと幸せに満ちたわくわくした1年になることを祈念して。

 

グランポレール勝沼ワイナリー チーフワインメーカー 工藤

 

2年連続!金賞・部門最高賞をいただいた「甲州樽発酵」まだ若干在庫有り!
2

ワインツーリズムやまなし2017・秋 盛況! & 今シーズンの最後の仕込みは貴腐ぶどう ~グランポレール勝沼ワイナリーより~

11月11日(土)に「ワインツーリズムやまなし2017・秋」が開催され、グランポレール勝沼ワイナリーも参加しました。当日は天気にも恵まれ、ワインツーリズム専用循環バスを利用して、朝から多くのお客様にご来場頂きました。

画像1
当日はワインツーリズムのお客様向けに、グランポレール山梨シリーズの無料テイスティングと、通常はワイナリーツアー参加者しかご覧いただけない地下セラーの特別見学を実施しました。
画像2
画像上:無料テイスティングの準備
午後からは風が強くなってきたので無料テイスティングコーナーはワインショップ内に移動しましたが、皆さんワインを片手にお楽しみ頂けたようです。
画像3
画像上:ショップ内有料試飲、無料試飲の様子

今年も長野市にある古里ぶどう園でリースリング種の良質な貴腐ぶどうが収穫され、11月17日に今シーズン最後の仕込みとなる、貴腐ぶどうの仕込みを行いました。
見た目はちょっと良くないかもしれませんが、この貴腐ぶどうを搾汁した果汁の糖度は40以上!(通常のワイン用ぶどうの2倍です)。仕込み作業は収穫地である古里ぶどう園の皆さんにもご協力頂きました。
画像4
画像上:収穫した貴腐ぶどう(リースリング)
除梗破砕した貴腐ぶどうの果粒を…
画像5
ネットに詰め込み…
画像6
特注の搾汁機で果汁を絞ります。絞られた果汁はまさに黄金色!

画像7

発酵を終えると高貴な香りと芳醇な味わいの貴腐ワインになります。
じっくり熟成してからの発売になりますので、この2017年ヴィンテージの長野古里ぶどう園貴腐が発売されるのはまだまだ先になりますが、皆さんお楽しみに!

グランポレール勝沼ワイナリー ワインメーカー 相沢 浩二

 

毎年獲れるとは限らない・・・気象条件や生育環境などあらゆる好条件が重なった時に初めて収穫できる、貴腐ぶどうの黄金色の輝きと、蜂蜜のように優しく甘美な香りを味わってみたくなった方は、こちらを。
グランポレール 長野古里ぶどう園 貴腐 2011年

画像8