サッポロビール株式会社
★SAPPORO

【グランポレール勝沼ワイナリー】冬のワイナリーがちょっぴりお得です。

グランポレール勝沼ワイナリーの敷地内に、こじんまりした自社畑があります。この畑では、グランポレールシリーズの「山梨勝沼 自園シャルドネ」というワインの原料となるぶどうを栽培しています。

このワインはワイナリー内のワインショップのほかごく限られたサイトのみでしか販売しておりませんので、飲んだことのある方は少ないかと思いますが、温暖かつ寒暖差の大きな地域らしいパイナップル香が非常に豊かなワインで、ぜひ一度お試しいただきたい1本です指でOK

グランポレール 山梨勝沼自園シャルドネはこちらからご購入出来ます。

E486^G01^POPM

つづきを読む

【グランポレール勝沼ワイナリー】ワイナリーは冬も忙しいのです。

秋の仕込みシーズンを終えワイナリーも冬を迎えました。

今年も早速雪が降りましたが、昨年ほどの大雪にならないことを祈るばかりです。

ワイナリーの雪景色

つづきを読む

【グランポレール勝沼ワイナリー】ようやく完成!!、オリジナルワインを試飲!

[いよいよ最終日!]

勝沼を囲む山々が冬色に染まる12月。相変わらず先っぽだけ見えている富士山も真っ白です。

今日は2014年「マイワイン体験教室」の最終日。冷たく澄んだ空気の中、グランポレール勝沼ワイナリーに続々集まった16人の参加者は心なしかソワソワ。

それもそのはず、ぶどう栽培から始め、丸1年がかりで仕込んだマイワインが完成という、夢にまで見たその日がついにやってきたのです!

最後の仕上げとなる今日の作業は、仕込んだワインをボトルに詰め、コルク栓を打ち、コルクの上からキャップシールをかぶせ、ボトルの表と裏にラベルを張るという、要はオリジナルワインの着付け&メイクアップ作業。

まずは製造場で、ワインをボトルに注ぎ入れる作業からスタートです。

今回、オリジナルワインのために選んだのは、樽でぶどう果汁を発酵させる造り方。なので樽から伸びたホースをボトルに入れ、泡立てないように注意深くワインを注ぎます。その数、おひとり6本ずつ。皆さん絵に描いたように真剣そのものの表情です。

「みんなの大事なワインですからね、こぼしたら大変、大変」

「おーっと、泡立たないように注ぐのって意外に難しいなぁ」

「あぁいい香り〜。もうこのホースから直接、ワインをいただきたいっ」

と、真剣ながらも嬉しさのあまりついつい言いたい放題になっていく面々。

1 2 3

つづきを読む

【グランポレール勝沼ワイナリー】オリジナルワインへ最後の仕込み体験!

ぶどうの収穫も無事終えて、さあ、いよいよこれからがワイン造り本番!とれたて鮮度そのままのぶどうから果汁をたっぷり搾り出し、オリジナルの白ワインへと仕上げる最後の工程、「仕込み」作業のスタートです!

この工程は、自分たちで育てたぶどうが「おいしいワイン」へと変化を遂げる大切な時間。皆さんドキドキワクワクの面持ちで作業場へと進みます。

_LAP9013

つづきを読む

【グランポレール勝沼ワイナリー】収穫の秋を迎えたワイナリー

8月半ばを過ぎて、急に涼しくなりだした勝沼。
天気予報は雨雨 でしたが、幸い晴れ晴れ 間がのぞき気温も上がっています。
グランポレール勝沼ワイナリーのぶどうも大きく実り、いよいよ収穫の季節到来です。

_LAP8827

ぶどう栽培から最後の瓶詰めまで体験しながら自分のオリジナルワインを造る2014年「マイワイン体験教室」、今日はついにぶどうを収穫するメインイベントです!!

_LAP8604

つづきを読む