サッポロビール株式会社
★SAPPORO

実がつき生育は順調です。(クイズつき)~安曇野池田ヴィンヤードより~

夏至も過ぎ、6月の下旬ともなりますと安曇野の全6品種
(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン)
のぶどうは結実(植物に実がつくこと)が完了する頃となります。

この頃の房の状況を写真に収めました。

今年は、全品種、結実が良さそうです。

そこで、原因を推測してみますと、下記の3点ではないかと考えられます。

 気象
  結実にとって良い気象条件にめぐまれました。(開花直前までの気温と日照が、高温、高日照となりました。

  ここ3年間では、開花前までの10日間の気温、日照時間共に、最高の値でした。)
 樹体の充実
  ぶどうの樹も4年生~5年生となり、樹全体がある程度落ち着き充実してきました。

 花穂の充実
  ここ数年の施肥の効果により、結果母枝が充実して花穂の栄養条件が良くなりました。

せっかく6種類のぶどうの写真を収めましたのでここで今回は、

皆様にクイズをお出ししたいと思います。

下の六つの写真を見てそれぞれの品種名をあててみて下さい。

少し難しいかと思いますので、下記のヒントを参考にして下さい。

[ヒント]
・晩生のため粒がまだ比較的小さく、キレこみが深い葉のものが、カベルネ・ソ-ヴィニヨンです。
・早生のため果粒が大きく最も密着しているのが、ピノ・ノワ-ルです。
・梗の部分が少し赤みを帯びているのが、シラ-です。
・梗が長く、肩(岐肩)の部分が大きいのが、メルロ-です。
・ソ-ヴィニヨン・ブランだけ1年遅れの4年生樹のため、果房が小さめです。
・早生のため粒が大きく、粒が上向きかげんで元気そうに見えるのが、シャルドネです。

つづきを読む

梅雨から暑い夏におすすめのグランポレール!

6月に入り梅雨入り宣言されましたが、ここ岡山では雨が少ない状況が続いています。今年は、春の芽の動きも早く、山梨・長野同様例年より1週間程度生育が早く進んでいます。

そんな中ワイナリーでは2014年に仕込んだワインをびんに詰め、ラベルを貼って皆様にお届けする準備が着々と進んでいます。

梅雨から暑い夏は、グランポレールのワインの中でも北海道のぶどうでつくった爽やかな白ワインが特においしく感じられるシーズンです。

今回は昨年の北海道シリーズのワインづくりをご紹介しますので、グラスを片手にお付き合いください。

2014年は、10月の台風の影響を受け、収穫・仕込みの予定が日々変更した慌ただしい年でした。

入荷コンテナ

北海道余市からのぶどうは、写真の様に収穫後に輸送用のJRコンテナで最寄りの岡山西ターミナルまで運ばれ、トラックに載せ替えられた後ワイナリーに納入されます。収穫からワイナリーへ運ぶ間は極力温度変化が無いように注意していますので、到着したぶどうはフレッシュな状態で、仕込みにも気合が入りました。

つづきを読む

ぶどうの生育は順調!安曇野池田シリーズの瓶詰め中です! ~グランポレール勝沼ワイナリーより~

甲信越地方も6月8日に梅雨入りしました。

梅雨入りは平年と同日とのことですが、ここまで気温が高い日が多かったため、本年のぶどうの生育は7~10日早く進んでおり、農家さんからは

「作業がまにゃーわん」

と忙しい声が聞こえてきています。

甲州ぶどうの結実状態、6月10日

つづきを読む

【うれしいお知らせ】国際コンクールでグランポレールが受賞!~岡山ワイナリーより~

暖かくなり、岡山ワイナリーにあるぶどう園の周りは緑に黄色をちりばめた景色が広がっています。爽やかで穏やかな風がふいています。

そんな風と一緒に、ワイナリーに嬉しい知らせが入ってきました。

つづきを読む

ぶどうの生育が進んでいます!~安曇野池田ヴィンヤードより~

みなさんこんにちは。

今回はサッポロ安曇野池田ヴィンヤードからお届けします。ここ安曇野池田は気温もあがりすっかり初夏の陽気となっています。今年は平年より気温が高く、温かい日が続いたことからぶどうの生育が1週間ほど早まりました。

つづきを読む