サッポロビール株式会社
★SAPPORO

ワインツーリズムやまなし2017・秋 盛況! & 今シーズンの最後の仕込みは貴腐ぶどう ~グランポレール勝沼ワイナリーより~

11月11日(土)に「ワインツーリズムやまなし2017・秋」が開催され、グランポレール勝沼ワイナリーも参加しました。当日は天気にも恵まれ、ワインツーリズム専用循環バスを利用して、朝から多くのお客様にご来場頂きました。

画像1
当日はワインツーリズムのお客様向けに、グランポレール山梨シリーズの無料テイスティングと、通常はワイナリーツアー参加者しかご覧いただけない地下セラーの特別見学を実施しました。
画像2
画像上:無料テイスティングの準備
午後からは風が強くなってきたので無料テイスティングコーナーはワインショップ内に移動しましたが、皆さんワインを片手にお楽しみ頂けたようです。
画像3
画像上:ショップ内有料試飲、無料試飲の様子

今年も長野市にある古里ぶどう園でリースリング種の良質な貴腐ぶどうが収穫され、11月17日に今シーズン最後の仕込みとなる、貴腐ぶどうの仕込みを行いました。
見た目はちょっと良くないかもしれませんが、この貴腐ぶどうを搾汁した果汁の糖度は40以上!(通常のワイン用ぶどうの2倍です)。仕込み作業は収穫地である古里ぶどう園の皆さんにもご協力頂きました。
画像4
画像上:収穫した貴腐ぶどう(リースリング)
除梗破砕した貴腐ぶどうの果粒を…
画像5
ネットに詰め込み…
画像6
特注の搾汁機で果汁を絞ります。絞られた果汁はまさに黄金色!

画像7

発酵を終えると高貴な香りと芳醇な味わいの貴腐ワインになります。
じっくり熟成してからの発売になりますので、この2017年ヴィンテージの長野古里ぶどう園貴腐が発売されるのはまだまだ先になりますが、皆さんお楽しみに!

グランポレール勝沼ワイナリー ワインメーカー 相沢 浩二

 

毎年獲れるとは限らない・・・気象条件や生育環境などあらゆる好条件が重なった時に初めて収穫できる、貴腐ぶどうの黄金色の輝きと、蜂蜜のように優しく甘美な香りを味わってみたくなった方は、こちらを。
グランポレール 長野古里ぶどう園 貴腐 2011年

画像8

大盛況の「あかいわ祭り」で乾杯!2017新酒を披露しました!

本年も無事に仕込みが終わりました。
最終仕込みは10月27日、北海道ケルナーでした。
秋は本当に忙しく、ワイナリーではほっとする間もなく、地元岡山県赤磐市の「あかいわ祭り」(11月3日開催)に参加し、地域の方々への感謝の気持ちを込めて、出来立ての新酒を振舞いました。
1万人以上来場頂き、今年も大いに盛り上がりました。

01

Exif_JPEG_PICTURE

03

04

岡山県井原市産マスカットべーリーA種を使用して醸造した
「ポレール岡山2017赤」「ポレール岡山2017ロゼ」の2品種を振舞いました。

10

11

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

日頃、ワイン製造に携わっているスタッフも今日はお祭りスタッフとしてお客様と接し、サッポロのワイン造りを、グランポレールの魅力を熱心に伝えました。

あらら、サッポロビールイメージガールの川辺優紀子さんも、
グランポレール岡山マスカット・ベーリーAが大好きになったようですよ。

Exif_JPEG_PICTURE

西日本の誇る偉大な産地、岡山県井原市で栽培61周年を迎えたマスカットベーリーA!
2017年新酒は好評でしたので、次はグランポレールです!
現在樽詰め中の、「グランポレール マスカットベーリーA樽熟成」にご期待ください!

12

今年もワイン造りを通して、多くの方々と接することができ、収穫の秋を感謝の気持ちで迎えられた岡山ワイナリーからお伝えしました。

13

文責:岡山ワイナリー 木口敦夫

ワイン仕込の最盛期★ぶどうをグランポレールに

グランポレール勝沼ワイナリーでは、例年よりもやや遅い9月初旬から仕込がスタートしました。

安曇野池田ヴィンヤード産のピノ・ノワールから始まり、今日10月13日は同産地のカベルネ・ソーヴィニヨンの仕込を行っています。
今年の安曇野池田ヴィンヤード産のぶどうは例年よりも収穫量はやや少なくなっていますが、酸の残りは素晴らしく、糖度も高い超良質なぶどうで、ワイナリーのメンバーはワインの出来上がりを想像してワクワクが止まりません!
1
(写真上:安曇野池田ヴィンヤード産のカベルネ・ソーヴィニヨン種ぶどう)

2
(写真上:除梗機に入る前のぶどうたち)

3

(写真上:梗を取り除き、選果されるぶどうの粒たち)

4
(写真上ぶどうの粒を破砕後、タンクイン!)

今日よりも前の10月6日に仕込を行った別ロットの同産地のカベルネ・ソーヴィニヨン種のワインは、マセレーション※により素晴らしい赤色が出ています。2017ヴィンテージは☆期待大☆ですよ!!
※マセレーションとは・・・醸し/色素やタンニンなどの成分を抽出させるために、種や果皮を漬け込むこと
5
(写真上:安曇野池田ヴィンヤード産カベルネ・ソーヴィニヨン種の赤色の様子)

さて、樽発酵室では2016年と2017年の日本ワインコンクールで、2年連続で甲州部門の部門最高賞を受賞した、グランポレール勝沼ワイナリーが誇る『グランポレール山梨甲州樽発酵』の2017ヴィンテージの樽発酵を行っています。
発酵栓の下、樽の中を除くと小さな白い泡と発酵中に特有のやや酵母チックな柑橘の香りが漂います。今年も出来はバッチリですよ!
6
(写真上:甲州種の樽発酵の様子)

7
(写真上:樽の口から覗いた発酵の様子)
お客様感動No.1を目指したワインをメンバー全員が最大限の手をかけてつくっています!2017ヴィンテージのグランポレールを是非、楽しみにお待ち下さい!!

グランポレール勝沼ワイナリー 渡邉 真介

つくり手からの情報も随時発信中!『グランポレール公式SNSアカウント』もチェック!
facebook:http://www.facebook.com/jwineGP/
twitter:http://twitter.com/GrandePolaire

金賞受賞の甲州樽発酵、まだ若干在庫あり。ネットショップでご確認を。
日本ワインコンクール受賞ワイン特集はこちら

8

 

北海道より、ぶどう中継をお届け!

ワイナリーではぶどうの仕込み作業が最盛期を迎えています。

グランポレール4産地では、すでに長野、山梨、岡山のぶどうはその70%以上を仕込み終わり、いよいよ北海道のぶどうの収穫・仕込みがスタートします。

全国的に夏以降の気温がやや低く、酸が高いことが今年のぶどうの特徴になっていますが、北海道の今年のぶどうはどんな顔を見せてくれるでしょうか。

すでに、協働契約生産者・JAとの収穫前ミーティングは終え、数量的には例年に近い収穫を見込んでいます。現在のぶどうの様子は写真のとおり、期待できそうですね。
1
写真上 着色が進んできた余市ピノノワール

栽培農家さんは慌ただしい収穫日の前に、できるだけ準備をしておこうと、収穫箱の畑への配置などを進めてくれています。
2
写真上 畑への収穫箱の運搬

仕込みを行なうワイナリー担当者だけでなく、社内の他のワイン関係者も今年の作柄は大いに気になるようです。

機会をつくっては畑の様子をうかがい、生産者と情報交換・交流に努めています。

今年も関係者の総力で取り組んでいます。
3
写真上 サッポロ社員のぶどう畑への訪問

グランポレール栽培責任者 野田雅章

つくり手からの情報も随時発信中!『グランポレール公式SNSアカウント』もチェック!
facebook:http://www.facebook.com/jwineGP/
twitter:http://twitter.com/GrandePolaire

美味しそうなピノノワールを使ってつくる
北海道余市ピノノワール!
すみれやいちごを想わせる華やかなアロマが特長です
4

マスカット・オブ・アレキサンドリア初仕込み! ~岡山ワイナリーより~

今回はじめてほし日記を書かせていただく原田です。

入社以来ビール工場勤務で、ビール以外に携わったことが無くワインについて猛勉強しているところです。

ワインの仕込みに関わるのは2年目ですが、今年は仕込み作業の指揮という大役を任され、責任とともにやりがいを感じながら日々奮闘しています。
秋の訪れとともに、スーパーなどの店頭でもぶどうをよく見かけるようになってきましたね。

ワイン用のぶどうももちろん収穫時期で、岡山ワイナリーでも生果(なまか)の仕込みが始まっています。

そんな中、今年もマスカット・オブ・アレキサンドリアの初仕込みを行いました。
1

マスカット・オブ・アレキサンドリアは、日本ではほぼ全量岡山県で栽培されている白ぶどうで、生食用で知られています。

北アフリカが原産のようで、巨峰、シャインマスカット、などと比べるとずっと古くから栽培されている品種です。
話はそれますが、岡山県ではぶどうの種類を多く見かけます。

上の品種以外にもピオーネはもちろんマスカットベーリーA、オーロラブラック、ロザリオビアンコ、瀬戸ジャイアンツ、翠峰(すいほう)などなど。この時期はぶどうを買って食べ比べるのも楽しいです。
2

仕込み当日の状況
岡山県のみなさんはマスカット・オブ・アレキサンドリアには名産品としての想いも強く、仕込み当日は多くの地元マスコミの方に取材に来ていただきました。さらに今年は設備も新しくなっていて、昨年よりもゆっくり仕込みを見ていただけました。
3
4

 

今年新しくした除梗破砕機もばっちり取材していただきました。
5
今後の予定
今後はゆっくりと発酵、熟成へとすすみます。来年春以降順次、2017年ヴィンテージを皆様のもとにお届けできる予定です。

岡山ワイナリー生産部 原田 英雄

つくり手からの情報も随時発信中!『グランポレール公式SNSアカウント』もチェック!
facebook: http://www.facebook.com/jwineGP/
twitter: http://twitter.com/GrandePolaire

アレキサンドリアを使ったワインを試してみたくなったあなたはこちらも

6