サッポロビール株式会社
★SAPPORO

<グランポレール> いよいよ新ラベル登場!

今年、<グランポレール>は15周年を迎えます。
ラベルに関しては、2003年の発売以来、マイナーな改変はありましたが、基本的なデザインは変えないまま、15年の長きにわたってお客様のご愛顧をいただいて来ました。しかし、ついに9月から新ラベルが登場します。今までのラベルに愛着を持っていただいている方もたくさんいらっしゃると思います。私もそのひとりですが、実は、新ラベルがすこぶる気に入っています。
画像①

時々、どんなワインを造りたいと思っていますか?とのご質問をいただきます。答え方はいろいろあるのですが、例えば1ワードで、ということになると、私の中で一番しっくり来るのは、この単語です。
“Genuine”
純粋の、本物の、正真正銘の、といった意味ですが、その「混じりけのなさ感」こそが私が自分の造るワインに求めるものです。そのぶどうがもともと持っている香りや味を大事にしたい、そこに何かを無理に付け足したりしたくない、と思っています。

新ラベルは、すごくシンプルです。表ラベルの一番上に大きく<グランポレール>のロゴがあって、その下に商品名。商品名も多くのワインで少し短くし、シンプルにしました。私が気に入っているのは、どこかでGenuineにつながっているような気がする、そのシンプルさです。
画像②

今まで、シリーズごとに異なっていたラベルデザインも<グランポレール>のロゴを大きく入れたデザインを基本とすることで、シングルヴィンヤードシリーズ、プレミアムシリーズ、スタンダードシリーズの3シリーズのブランド全体としての視認性を向上させました。
もうひとつ、大きく変わったことは、今年10月30日適用開始の国税庁告示「果実酒等の製法品質表示基準」に対応して、表ラベルの一番下に、日本ワイン Japan Wineの文字が入ります。日本ワイン、すなわち日本のぶどう100%から造られたワイン。日本ならではの味わいを訴求します。
画像③

15年を経て、ラベルが一新されました。私たちも、15年のワイン造りの経験をしっかりと自分たちのものにしながらも、また新たな意気込みで、ここから、新しいワイン造りに挑戦していきます。

グランポレール チーフワインメーカー 工藤雅義

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS

t  F

祝!日本ワインコンクール快挙達成!!

先日(7月31日)、審査結果が発表となり、第16回 日本ワインコンクールにおきまして
今年もグランポレールシリーズのワインが多数の賞をいただきました。

その中でもグランポレール勝沼ワイナリー製造の「山梨甲州樽発酵2017」は、2015、2016ヴィンテージに続き3年連続で金賞・部門最高賞の快挙!!!
岡山ワイナリー製造の「エスプリ・ド・ヴァン・ジャポネ泉2017」は2年連続で銀賞・部門最高賞、コストパフォーマンス賞を受賞!!
その他、「北海道ツヴァイゲルト・レーベ2016」も銀賞・コストパフォーマンス賞をいただくなど、金賞1点、銀賞4点、銅賞9点の合計14点のワインで受賞することができました。

受賞ワインはこちら↓①受賞ワイン一覧

今回、素晴らしい賞を多数いただけたことにワイナリースタッフ一同大きな喜びとともに、
このあと迎える2018年ヴィンテージの仕込みに向け、何よりの励みとなりました。

連日続く猛暑のなか、グランポレール勝沼ワイナリーでは仕込みへの準備も着々と進められ、山梨甲州樽発酵2018に使用予定の木樽も「ワインはまだか?」と口をあけて待っています。

②ぶどう収穫箱【準備万端のぶどう収穫箱。良質なぶどうがたくさん収穫できますように!】

③フレンチオーク樽
【今か今かと、出番を待ちわびる木樽(フレンチオーク樽)】

また、銅賞を受賞した「勝沼自園シャルドネ樽発酵2017」はグランポレール勝沼ワイナリー限定品。ワイナリーにお越しの際は、ぜひお手に取ってみてくださいね。

グランポレール勝沼ワイナリー 齊藤佑二

ワイナリー限定品以外の受賞ワインはこちらからご購入いただけます。↓
④受賞ワイン特集
9月25日発売の新ヴィンテージも先行予約受付中!

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS   F t

少し早い夏を迎え、ネット張りと傘かけを行っています ~長野古里ぶどう園より~

皆さんこんにちは。
今回は、長野古里ぶどう園よりお届けします。

今年は例年になく梅雨明けが早かったため、「いつもより早く夏が来た」という思いで頑張っています。
このようなことで、今回は夏場の作業をご紹介します。
現在進めている作業は防鳥ネット張りと貴腐用リースリングの傘かけです。

まず、果実を鳥に食べられてしまうのを防ぐために行うネット張り。
①ネット張り
シャルドネの実が柔らかくなりはじめる7月中旬頃から、ぶどうの育成状況を見て始めます。そして順次、メルロー、カベルネと作業は続きます。
鳥の方もよく分かっており、虎視眈々とぶどうを狙っているため、緩みが無い様にしっかり張っていきます。ネットを張り終えたシャルドネは、このようになっています。
②ネット張り

次に傘かけ。11月の収穫まで病気を防ぎ、綺麗な状態を維持するために実施する作業です。
③傘かけ
写真は「長野古里ぶどう園貴腐」に使われるリースリングで、1本の樹にだいたい200房以上実ります。夏場に中腰で傘をかけるのは結構体力の要る作業ですが、天候の影響もあり生産年が限られる希少な貴腐ワインになるぶどうを育てるため、ひと房ひと房丁寧に傘をかけていきます。
④傘かけ
長野県は「涼しい或いは避暑地」というイメージがありますが、長野市でも猛暑日を記録するなど、最近は様子が変わってきたように思います。
なかなか大変ですが、ぶどうは順調に生育しており、収穫はほぼ平年並み、9月上旬シャルドネからスタートする見込みです。

長野古里ぶどう園 軽部和幸
蜂蜜のような甘美な香り溢れる、豊かで洗練された甘みの希少ワイン
「グランポレール 長野古里ぶどう園貴腐」はこちら↓でもご購入可能です。
貴腐

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS   Ft

もうすぐ七夕★ ~岡山ワイナリーより~

関東甲信越地方は6月29日(金)に早くも梅雨明けしましたね。
岡山も、日々着実に気温が上がってきており、すぐに夏が来て、あっという間に今年の仕込みが始まるなとドキドキしているところです。

岡山ワイナリー内のぶどう園のシャルドネは、結実した果粒が大きくなってきています。今はまだ手のひらサイズですが、これから9月頭の収穫時期に向かって成熟が進み、果粒の大きさは約1.5倍になります!
①シャルドネの果粒

さて、もうすぐ七夕ですね!子どもの頃に、笹に短冊を飾っていた方も多いのではないでしょうか。
私達のつくるワインが楽しめる「グランポレールワインバーTOKYO 銀座コリドー街店」では、7月7日(土)七夕の日にワインのつくり手とのイベントを開催します。当日は4産地・12種類のグランポレールワインが並び、シェフが考案した七夕だけの特別メニューとのマリアージュを満喫して頂けるはず!今年はグランポレール勝沼ワイナリーから2名、岡山ワイナリーから私も含め2名のワインメーカーが参加します。(写真下)お客様と直接ワインのお話ができることを楽しみにしています!
②当日参加するワインメーカー

イベントの詳細はFacebookで紹介しています。応募はすでに締め切られていますが、今後もイベントなどの告知がされますのでぜひフォローしてくださいね。
Facebookイベントページはこちら:http://www.facebook.com/events/168341457346838/

七夕にイベントを行っているのには、理由があります。
私達サッポロビールが作っている日本ワイン「グランポレール」のロゴマーク、ご覧になったことはありますか?
③グランポレールのロゴマーク

このブランドマークには「日本ワインの星になりたい」という夢と願いが込められています。
日本の夏のイベント七夕に楽しむのにぴったりなワインかなと思い、イベントを開催しています。

今年の七夕は土曜日なので、ぜひ皆様もグランポレールで楽しい夜をお過ごしください★

岡山ワイナリー 青山 晴菜

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS  FBTw

ぶどうの実がふくらんできました! ~6月の安曇野池田ヴィンヤードより~

長野県に位置する安曇野池田ヴィンヤードは、ここ1ヶ月ほど平年に比べて雨が少なめで日中の気温が30℃を超える日も出てきました。ぶどう園スタッフ一同、体調管理にしっかり取り組みながら、ぶどうの生育管理にもしっかり取り組んでいます。
今回は、そんな6月の安曇野池田ヴィンヤードから、ぶどうや作業の様子をお届けします。

<ぶどうの生育>
今年の開花は昨年より6~12日早く、生育は順調。
花が咲いた後の実付きも順調で、毎日少しずつ果粒(実)がふくらんでいます。
果粒はまだマッチ棒の先っぽみたいな大きさですが、房はぶどうらしい形になってきました。
①果粒
この小さなぶどうが健全に実って個性を発揮できるように、私たちぶどう園スタッフは最大限のサポートをしていきます。
気が早いですが、収穫が今からとても楽しみです!
②ピノ・ノワールの苗木

今年の春に植えたピノ・ノワールの苗木も、4月下旬頃から芽を出し、すくすく順調に育っています。

<この時期の作業>
①    芽かき
新梢(今年伸びてぶどうが実る枝)を適度に間引いてやることで、ひとつひとつの房に養分が集中し、風通しが良くなり、葉や房に太陽の光がしっかり当たります。
毎日ぐんぐん伸びる新梢と追いかけっこをしながらの作業ですが、手間を惜しまず頑張っています。
③芽かき作業

②    草刈り
ぶどうの新梢がぐんぐん伸びる一方、雑草もぐんぐん伸びます。
雑草に水分や養分が取られすぎるのを防ぐために、また、ぶどう園の風通しや作業性を良くするために、草刈りは大事な作業です。
当ぶどう園で2017年に導入した新型乗用モア(草刈機)は、畝間だけでなく株間の草刈りが同時にできるので、株間に除草剤を散布する回数を減らすことができます。
④草刈り機 モア

⑤草刈り作業
安曇野池田ヴィンヤードでは、シングルヴィンヤードシリーズ向けの畑を中心に除草剤の低減に取り組んでいます。地道な取り組みではありますが、お客様に感動していただけるワインをお届けするため、日々新たなチャレンジをしています。

安曇野池田ヴィンヤード 石原大輔

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNSFB Tw