サッポロビール株式会社
★SAPPORO

安曇野のスタートは、モルゲンロート(朝焼け)から!

ここ安曇野は、信州・四大バレーの一つ、長野県のぶどう栽培の発祥の地とされている日本アルプスワインバレーに位置しております。

1
写真は、その象徴とされる北アルプスに、朝日が当たる極短い間だけしか見られないモルゲンロートと言われる現象です。
赤色に偏った太陽の光が、残雪をまといそびえ立つ北アルプスを照らす姿は壮観で、
神々しく、里の空気を凛とさせ、見る人の心を爽やかにして気分をリセットしてくれます。

新たな気分の中、今年も、安曇野での栽培作業を展開しております。

今回ご紹介する作業の内容は、年間の作業のなかでは最も重要な堆肥の投入作業と、剪定した枝の回収作業の状況をご紹介いたします。

◇堆肥の投入作業◇
最初にご紹介する作業は、堆肥の投入作業です。
約半年間圃場で腐熟させた堆肥を、樹の根域にワンスコップづつ施肥して行く作業です。
地道な作業ですが、土づくりには重要で開園以来、毎年欠かさず行っています。
2

◇剪定枝の回収作業◇
次にご紹介するのは、剪定枝の回収作業です。
今年は日本列島全域に寒波が広がり、全国的に雪の降る回数が多くなりましたが、
ここ安曇野は、寒波が北アルプス等によって和らげられ、積雪は平年よりやや少なめの
10cm前後に止まっています。
積雪時は、「敷物ソリ式」の方法で剪定枝の回収作業を行っています。
シンプルな方法ですが、雪面を利用しているため引っ張り易く、作業動線も短く効率的に進められる良法です(写真は斜面を下っていますが、登り方向も引っ張って行えます)。

3

残雪が無い時には、二輪車の両サイドに側板を添え、より多くの枝を積める様にして作業を行っています。
4

モルゲンロートにより心のビタミンを頂き、安曇野のメンバーは新たな気持ちで目標に向かって挑戦して行きます。

安曇野池田ヴィンヤード 栽培責任者 田中 亘

★朝焼けのビタミンを一杯浴びたブドウから造られる、グランポレール安曇野池田シリーズはこちら
5
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレール専門店はこちら

~日本ワインのイベント~ ピノ・ノワールサミットに参加しました!

2月12日、JR両国駅にほど近い「国際ファッションセンター」で、 「第1回日本ワイン ピノ・ノワールサミット」が開催されました。
会は2部構成で、第1部では、ワインジャーナリストの石井もと子さんをファシリテーターに迎え、北海道、青森、山形、長野、宮崎の5産地を代表する

6ワイナリーが参加して、日本のピノ・ノワールの現状と 自社のワインについてパネル・ディスカッションを行いました。

私は、「グランポレール北海道余市ピノ・ノワール」について、 2000年に始まった私たちのピノ・ノワールへの挑戦と
「余市のテロワールを生かして、あえて濃い色を追求しない、華やかなアロマと全体としてバランスのとれたチャーミングな味わいのワインを理想としています」
という話をしました。

1
第2部では、ピノ・ノワールに限らず「日本ワイン」の生産者19社が参加して、大テイスティング会が催されました。
広い会場でしたが、600人を超えるワインファンが集まると大変です。
最初の1時間くらいはお目当てのワインにグラスを手にして列を作り、 少し殺気だっていました。

さて、私たちが、このような会に参加する目的はふたつあります。
ひとつは、自社ブランドだけでなく、広く「日本ワイン」の魅力を皆さんにお伝えすること。
ワイナリーどうし、互いに売り上げを競ってはいますが、最終的に大きな果実を手にするためには、まずは「日本ワイン」ファンそのものを増やすことが大事だからです。
もうひとつは、他のワイナリーと情報交換して、品質向上のヒントを探ることです。
互いのワインを飲み、日頃の課題を話し合います。
互いにオープンなことは、ワイン業界の世界共通の特長です。
他の業界にはない特長ではないでしょうか?

2

私は、20代の終わりから4年ほどカリフォルニアに住んでいましたが、互いに技術をオープンにすることが
カリフォルニアワイン全体の品質の高さと興隆につながっているのだと実感しました。
互いに品質や売り上げを巡ってしのぎを削っているライバル同士が、業界全体の品質向上や消費拡大を願って同じ会場に集い、わいわいがやがや。
少し不思議で、わくわくする世界です。

3

※「日本ワイン」とは、日本で栽培されたぶどうを100%使って、日本で醸造されたワインを言います。

グランポレール チーフワインメーカー 工藤雅義

 

★ピノ・ノワールサミットでも大人気だったグランポレール北海道余市ピノ・ノワールはこちら!

pino

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

 グランポレール専門店はこちら

グランポレールからは3商品が受賞!~第4回サクラアワード2017結果発表~

日本で2月にワインと言えば、女性審査員が選ぶワインでおなじみの「サクラアワード」(“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2017 )審査結果発表の時期です。

今回で第4回目を迎えますが、その規模は年々拡大し審査員数はワイン業界の女性406名!!
審査対象のワインは37ヵ国4,212アイテムと多数。
1

グランポレールからは3アイテムに受賞を頂きました。

審査会は1月28日~2月1日の5日間あり、今年も審査員として参加させて頂きました。
参加は1日で、4カテゴリー、44本を5人のメンバーで審査致しました。メンバーはソムリエール、
ワインショップ勤務、インポーター等で活躍される女性たち。
私はワインメイキングに携わっており、それぞれ違うワインへの関わり方です。

いつものお仕事によるものでしょうか、皆さんのワインを評価するポイントや基準は少しずつ異なるのですが、
品質の良いワインについては点数がおおよそ揃います。
おいしいワインには審査員のバックグラウンドを超えた圧倒的な品質感があるようです。
サクラアワードで受賞すると「このワインはおいしかったんだな!!」と素直にうれしくなります。

ご評価頂いたグランポレールをこの機会にどうぞお試しくださいませ。

2
<審査会場にて>

岡山ワイナリー 久野靖子

★グランポレールネットショップでのサクラアワード特集はこちら

冬なのにぶどうの収穫?

今回は、冬のグランポレール勝沼ワイナリーの様子をお届けします。
まずはこちらの写真を。
0127w1

「こんな時期にぶどうなんてもう無いよね?いつの写真?」

と、思われる方もいるのではと思いますが、

実は1月上旬に撮影したぶどう(甲州種)なんです!

0127w2
グランポレール勝沼ワイナリーの屋外休憩スペースにはこの様にお客様にご覧になって頂くために、一部のぶどうをこのように残してあるんです。
(ぶどうの樹は休眠期に入り、残念ながら現在ぶどうはもうありません…)

そこで、撮影時に「どれほど甘いのか?」少し気になったので、ぶどうの糖度を専用機器(光を利用した屈折計)で計測してみました。
0127w3

すると、屈折計での測定値は20.7%!(ぶどう糖度に換算すると約22.6度!!

甲州種のぶどう糖度は14~18度が一般的ですので、勝沼の寒さに負けず、一生懸命頑張ってくれていたんだと思うと感慨深いですね。

まだまだ寒さ厳しい勝沼ですが、この樹に負けないように、「頑張っておいしいワインを造ろう!」と思う一日でした。

グランポレール勝沼ワイナリー 齊藤佑二

休憩スペースの「甲州」ぶどうではありませんが、グランポレール勝沼ワイナリー地元の契約農家さんの畑で収穫された甲州ぶどうから作られたワインはこちら!
裏ラベルには、今回ブログを書いた齊藤も載っていますよ!

グランポレール 山梨勝沼甲州特別仕込み 2014(グランポレール勝沼ワイナリー限定品)
750ml、2,700円(税込み、送料別)
MC50^G01^POPS

※こちらは2013年(720ml)の画像です
GPura

残りわずかの為、お早めに!

グランポレールより、2017年のご挨拶

2017年が始まりました。
グランポレールを応援してくださった全ての皆様に心よりお礼を申し上げます。

昨年を振り返ると、2016年はグランポレールが皆様にこれまで以上に知って頂けた年と考えています。
岡山ワイナリー関連では、6月の伊勢志摩サミットで「エスプリ・ド・ヴァン・ジャポネ絢/泉」が採用されたことが一番の話題でした。
おかげさまで、お客様からの問合せも多くいただきました。 一方で、少しでも多くのご要望にお応えするべく、次のヴィンテージを前倒しで出荷する等の対応をしていました。

2016年はぶどうの入荷もほぼ計画通りであり、品質向上に向けた試験も実施できました。

ぶどう品種、産地に合ったワイン造りを目指し試行錯誤しましたが、より品質向上が期待出来る試験もできたと考えています。
現在、2016年ヴィンテージのワインはどんな様子かというと、赤ワインは昨年末から樽熟成を開始し、白ワインはびん詰めの準備を進めています。

既にミュラートゥルガウは昨年末にびん詰め完了し、今月は甲州フリーランのびん詰めを予定しています。

新ヴィンテージは今後も順次発売になりますので、是非お試し頂ければと思います。
20170112GP
日本ワインの中でもキラッと光る☆になれるように!
グランポレールは、2017年も走り続けます

岡山ワイナリー 生産部長 竹下昌利