サッポロビール株式会社
★SAPPORO

春のグランポレールの4産地 ~岡山ワイナリーより~

サッポロビール社の新たな自社畑として「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」を開設することが、4月19日に発表されました。今後、グランポレールをさらにバラエティ豊かで高品質なワインブランドとしていけるよう努めていきます。

5月を迎え、4産地のぶどうも動き始めました。
今年は全国的に3~4月の気温が高く、ぶどうの生育スタートも早くなっています。

【北海道】
北海道余市はまだ発芽前ですが雪融けは早く、幹から太く伸びた「母枝(ぼし)」をワイヤーへ再結束する作業も終り、発芽を迎える準備が終わったところです。
①発芽を待つツヴァイゲルトレーベ
発芽を待つツヴァイゲルトレーベ(5月11日)

新たに植え直すために一時製造をお休みしているバッカスの新しい苗木の植付けも完了しました。苗木の根元を覆っている白いものは、グローチューブといって保温や害獣から守るためのものです。
②植付けたばかりのバッカス苗木
植付けたばかりのバッカス苗木

【長野】
自社畑の古里ぶどう園、安曇野池田ヴィンヤードともに、例年より7~12日程度早い順調な生育となっています。10~20㎝ほど新梢(しんしょう)が伸び、不要な新梢をとりのぞく「芽かき」の作業を進めています。
③安曇野池田ヴィンヤードのメルローの様子
安曇野池田ヴィンヤードのメルローの様子(5月11日)

【山梨】
山梨も例年より10日程度早い生育で、すでに数十cmにまで新梢が伸び、花房も大きく育ってきています。花房の数はやや少なめで、4月下旬~5月上旬にかなりの雨が降っているため、今後病害に注意して管理を進めていきます。
④勝沼町の甲州の契約畑
勝沼町の甲州の契約畑(5月11日)

【岡山】
例年より数日早い順調な生育となっています。写真は井原市青野地区のマスカット・ベーリーAの古木で、樹齢約60年と考えられています。今年も特醸ぶどうよろしくお願いします。
⑤井原市のマスカット・ベーリーAの古木
井原市のマスカット・ベーリーAの古木(4月25日)

今年も良質なぶどうが収穫できるよう、大切にぶどうを育てていきます。

岡山ワイナリー 生産部 野田 雅章

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS FB Tw

春の訪れと共に、グランポレールの瓶詰めも最盛期です!~岡山ワイナリーより~

3月後半から暖かくなってきて、春の訪れを感じられるようになりました。
今年は全国的に桜の開花が早かったようですが、
ここ岡山ワイナリーの桜も例年より開花が早く、もう葉桜になってきています。
①葉桜

ふと足元を見ると、春を感じるこんな風景が見られました。
②花とみつばち
ワイナリーのぶどう園にも春がやってきています。
シャルドネの樹からは芽が出始めています!③シャルドネの樹
ソーヴィニヨン・ブランはまだ萌芽(ほうが)の段階です。
黄色の丸で囲んだ部分が芽の部分です。
品種によって生育のスピードが少し違うんですね。
④ソーヴィニヨン・ブランの樹

さて、ぶどうは春になって目覚め始めたところですが、ワイナリーでは、グランポレールの瓶詰めが最盛期を迎えています。
写真は、「グランポレール甲州スパークリング」というワインの瓶詰めラインで撮ってきました。
今まさに瓶詰めを終え、ラインを流れているところです。
⑤甲州スパークリング瓶詰

流れが速すぎてブレてしまいました…。

このような商品です。見かけた際は是非よろしくお願い致します!
※写真は2017年ヴィンテージです。
現行の商品はラベルデザインが異なっています。
⑥甲州スパークリングボトル
皆様においしく楽しんで頂けるワインができるように、ワイナリー一同頑張ります!

岡山ワイナリー ワインメーカー 青山晴菜

シュワシュワさわやかな飲み口の「グランポレール 甲州スパークリング」は
こちら ↓ でもご購入可能です。バナー2

※大型連休中は発送まで通常よりお時間を頂戴いたしますので、予めご了承ください。
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS     FB     Tw

グランポレール世界へ!PROWEIN 2018へ出展

今回はフランス、ボルドーから多田がお届けします。

あれ? なぜフランスから? PROWEINってドイツでしょ?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は私、美味しいワインづくりを学ぶためボルドーに武者修行に来ており、現在はフランス語の猛勉強中です。 昨年7月までは、岡山ワイナリーで主に醸造工程の責任者をしていました。

ここボルドーは海洋性気候のため思っていたより暖かい冬でしたが、街では綺麗な花の開花が見られ春の訪れを感じます。

①ガロンヌ川沿いの散歩道
【ガロンヌ川沿いの散歩道】

さて、そんな中、隣国ドイツのデュッセルドルフで3月18日から3日間にわたり開催された世界最大規模のワイン見本市である「PROWEIN2018」に展示者として参加して参りました。 ヨーロッパを中心にして、世界のプロフェッショナルに私たちの「日本ワイン」グランポレールを紹介させていただく事が出来ました。

②ブース前
【皆様グランポレールを片手に、真剣にディスカッション!?】

実は日本ワインの展示はグランポレールだけであったという事もあり、グランポレールのブースはおかげさまで 連日大盛況でした!ご想像頂けるように、周りは日本酒ブースです。

③ブース内多田さん(右)
【ブース内の私(写真右)】

当日ご用意させて頂いたワインは3本。
「グランポレール山梨甲州樽発酵2016」
「グランポレール岡山マスカットベーリーA樽熟成2016」
「グランポレール安曇野池田ヴィンヤードメリタージュ2014」。

世界の皆様の日本ワインに対する関心(特に日本特有品種の甲州とマスカットベーリーA)は想像していたより高く、驚きました。 そして、 グランポレールを口にし 「こんなに日本ワインが美味しいなんて思っていなかった!!!」と 嬉しいご意見を多くの皆様から頂きました。

期間中、マスターオブワインであるアンソニー・ローズさんをお招きし、
グランポレール チーフワインメーカーである工藤さんとの対談式セミナーも開きました。 直後の質問コーナーでは、参加していただいた皆様からたくさんのご質問を頂戴し、盛り上がりました!! あらためて日本ワイン、グランポレールへの興味の高さを実感する事が出来ました。

セミナー①
【セミナーの様子(写真左:チーフワインメーカー 工藤さん、右:アンソニー・ローズMW氏】

セミナー②
【セミナーの様子(熱心に耳を傾ける、世界のプロの方々)】

今回の見本市では様々なご意見を頂き、確かな手ごたえを感じる事ができましたが、
同時にもっと美味しいグランポレールをつくり、世界の皆様に日本ワインをもっともっとアピールしたい!!!そんな気持ちも芽生えました。あらたな決意を胸に、これからも日々の勉強を頑張ります!

⑤ボルドー博物館
【近所のボルドー ワイン博物館】

生産技術本部 生産部 多田 淳(在ボルドー)

 

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS
FB   Tw
グランポレールネットショップこちら
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら

今年の安曇野の大きな話題は、新圃場、ピノ・ノワ-ル圃場の開園です!

2016年からの計画で土地の利用権の取得からスタ-トし、2017年には、造成工事、棚立て等の工事を進め、3年目の今年になって植栽を迎えることができました。
新圃場の特長は、安曇野でも最も高い標高約630mに在り、周囲に林があることから涼しく、ピノ・ノワ-ルにとっては良い環境にあります。

今回は、植栽前の準備と植栽の状況についてご紹介いたします。

【掘削】
植栽用の穴をバックホ-(油圧ショベル)を使って掘っているところです。元々礫が多く、外気がマイナス10℃以下になる厳冬期での掘削で土壌が凍結しているため、時間がかかります。

掘削【施肥・支柱の設置】
堆肥を施肥後、支柱を断線に固定しました。ここまで来れば後は、植栽の準備は完了です。

施肥・支柱の設置

【植栽】
保温効果により生育促進が見込まれ、より苗の生長を確実にできる透明のグロ-チュ-ブ(※)を取り付けて植栽しています。
植栽

グローチューブ※グローチューブ:保温効果により、生育の促進が期待できます。獣害(ウサギ等)から守る効果もあります。

2011年に既に開園しているピノ・ノワ-ル園からできたワインは、色度の濃い品質特性のある良酒となっています。
今回の園は、それよりも標高が高くより涼しい環境にあるため、更に良質なワインとなることが期待されます。

今年は5年ぶりに諏訪湖の御神渡(おみわた)りが出現し、その向きの分析等から、
今年の天候は『前半不安定ながら、後半は順調で、作柄はやや良』とのことです。

安曇野池田ヴィンヤードも、順調な収穫となるよう気を引き締めて、作業を進めていきたいと思います。

安曇野池田ヴィンヤード 栽培責任者 田中 亘

グランポレール、ドイツへ行ってきます!

2月23日、表参道ヒルズ地下3階のスペースオーにて、サッポロのワインイベント「SAPPORO WINE AVENUE」が開催されました。

テタンジェ、ペンフォールズ、マルケス・デ・リスカルの世界的なファインワインと伍して、グランポレールもサッポロが誇る「ラグジュアリー4」のひとつとして、お客様に供されました。

「SAPPORO WINE AVENUE」は2部構成で、第1部は酒販店様や料飲店様(いわゆるプロの方々)向けのセミナーやテイスティング会、第2部は一般のお客様向けのテイスティング会でした。

IMG_2612

 

私は第1部(プロの方々向け)15時からのグランポレールセミナーでワインテイスターの大越基裕さんと対談させていただきました。大越さんと対談するのは、これで2回目。勝沼のワイナリーにもお越しいただいています。
セミナーでは、3月6日新発売のシングルヴィンヤードシリーズ、「グランポレール安曇野池田ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン2016」「グランポレール安曇野池田ヴィンヤード メルロー2014」「グランポレール北海道余市ピノ・ノワール2015」の3本を紹介させていただきました。
大越さんのコメントで私がハッとさせられたのが、ワインと合わせる料理を考えるとき、「冷たい」か「温かい」かという温度の観点からも料理を考えるという発想です。「こんな味の料理だから、こんな味のワイン」「こんな香りの料理だから、こんな香りのワイン」というのは普通ですが、温度まで考えるとは!

IMG_2689

写真左:チーフワインメーカー工藤さん、右:ワインテイスター大越基裕さん

 

その日のうちに山梨まで帰らなくてはならなかったので、第2部ではブースに立つ時間もそこそこにしてもらって、お客様に混じって、サッポロが世界から選りすぐってきた約100種類のワインをテイスティングして回りました(もちろん全部は飲んでいませんが)。同じ品種でも国・産地によってワインの香味は大きく違うこと、土壌・気候の似ている産地のワインは作り手が違っていても共通の特徴があること、まさにワインの香味は土壌・気候(テロワール)が作っているのだということを再確認する時間でした。自画自賛っぽくなってしまいますが、いやあ、おいしかった、楽しかったです。

賞状とメダル

グランポレールブースでは、4産地の土と日本ワインコンクール2017で金賞を取った
2つのワインと賞状、メダルも飾り付け。皆さんに見ていただきました。

さて、3月18日から、ドイツ・デュセルドルフにて、世界最大のワイン見本市、ProWeinが開催されます。この見本市にグランポレールが初参戦、私もマスター・オブ・ワイン(MW)のアンソニー・ローズさんと対談し、「グランポレール山梨甲州樽発酵」他を世界にアピールして来ます。どんな評価をしていただけるのか、今から楽しみです!

 

グランポレール勝沼ワイナリー
チーフワインメーカー 工藤雅義

ワインテイスター、大越基裕さんからも数多くの期待のコメントを頂いた、
グランポレールシングルヴィンヤードの新ヴィンテージはグランポレールネットショップまで
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS fb tw