サッポロビール株式会社
★SAPPORO

TATTINGER【テタンジェ】ブランドエクスペリエンスナイト【後編】幻想的なアートの競演♪

サッポロビールが取り扱うシャンパーニュブランド、 TAITTINGER【テタンジェ】
レポート前編に引き続き、後編ではイベント開始後の様子を報告します。

te-101
会場となった法隆寺宝物館には、多くのゲストが集まりました。

te-102

te-103

イベント冒頭には、テタンジェオーナーのピエール・エマニュエル・テタンジェ氏が挨拶をし、数多くの受賞歴を誇る、コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブランで乾杯を行いました。

te-104
ピエール・エマニュエル・テタンジェ氏は、第二の故郷と称する日本で開催される今回のイベントを、大変心待ちにしていたということです。

te-105

グラスは、フランスのグラスメーカー「バカラ」を使用しています。

te-106

te-107

te-108

みなさん、テタンジェとともに、ひとときを楽しんでいるようです。
te-109
DJは、沖野修也さんです。
沖野さんは世界を舞台に活躍する、日本でもっとも著名なジャズ・クロスオーバーシーンのDJであり、プロデューサーでもあります。

te-110

沖野さんは、今回実際にフランスにあるテタンジェのシャンパーニュ・メゾンで取材を行い、現地で感じたインスピレーションを基に、フランスでレコードを購入し、当日の音楽構成を組み立てました。
当日は、沖野さんが感じ取ったテタンジェのストーリーと情熱を、音楽で表現します。

te-111
スクリーンには、沖野さんの音楽とともに、現地で撮影された映像が流れます。

te-112

そして、その音楽に重なるように、神田さおりさんによるライブペインティングが始まります。
te-113
神田さんは「踊絵師」で、音楽に合わせて踊りながら大きなキャンバスで絵を描くことで、世界を舞台に活躍されています。

今回は、沖野さんとともに訪れた、フランスのテタンジェのシャンパーニュ・メゾンで数多くのスケッチを行い、現地で思い描いたビジョンを描き溜めて帰国しました。

会場で描く絵のテーマは、シャンパーニュの材料である「ぶどう」です。

最初はゆっくりと、筆でキャンバスを撫でるように、ぶどうの枝を描きます。

te-114
神田さんの一連の動きはとてもスムーズで、ゲストはその艶やかさに一気に引き込まれていました。
全身を使った表現からは、深いエネルギーを感じます。

te-115
音楽の転換とともに、絵を描くムードも変わります。

二色で描かれた鮮やかなぶどうの実は、筆だけでなく手のひらを使って、大胆に表現されました。

te-116
神田さんのしなやかな動きは、ぶどうの枝に寄り添っているようにも見えます。
te-117
沖野さんの奏でる音楽と、神田さんのパフォーマンス、そして見守るゲストたちの存在。
会場全体で一つの物語を紡ぐように作品が完成に近づいていきます。
te-118
そして、クライマックスを迎えた音楽とともに、ぶどうの木の完成です。
ぶどうの蔦が太陽の光を浴びて、力強く、輝いているように見えます。

神田さんは、シャンパーニュはただ飲んで楽しむだけではなく、どこで誰と時間を共有しながら飲むのか、ということを含めたマリアージュが大切だと話していました。

te-119
この後も会場では、引き続きゲストの方々がテタンジェの世界観を堪能している様子が見られました。

皆さんも、次の乾杯の際は、シャンパーニュの空気を感じながらテタンジェを楽しまれてはいかがでしょうか?

te-120

TATTINGER【テタンジェ】ブランドエクスペリエンスナイト【前編】法隆寺宝物館がシャンパーニュの世界に変貌!

みなさんは、サッポロビールが TAITTINGER【テタンジェ】というシャンパーニュを取り扱っていることを、ご存知ですか?

te-001

テタンジェは、世界中の高級レストランで広く取り扱われている、大変人気の高いシャンパーニュです。
テタンジェ家がオーナー兼経営者として、伝統を大切にしながらその品質を守り続けています。
2013年からFIFAとパートナーシップを結んでいるほか、2014年から3年連続ノーベル賞に晩餐会において提供されるなど、テタンジェのシャンパーニュは、スポーツや芸術、学問など、多くの祝福の場面で、人々の心を魅了しています。

te-002

9月にサッポロビールはテタンジェ家とともに、テタンジェの魅力とその世界観を、シャンパーニュの本場フランスから遠く離れた日本で体感できるイベントを開催しました。

 

te-003

太陽が降り注ぐ中、畑で育ったぶどうたちが、収穫され、長い時間を経てシャンパーニュに生まれ変わり、私たちのグラスに注がれるまで。
このような、テタンジェのシャンパーニュが生まれるまでの一連のストーリーを体感しつつ、グラスに注がれた一杯を味わってもらおうというのが、このイベントの狙いです。

今回は、ほし日記をご覧の皆さんにも、テタンジェのストーリーを、この記事でぜひ疑似体験していただきたいです。

te-004

会場は、国立博物館の一角にある法隆寺宝物館。
そばにある黒門前が受付になっていますが、法隆寺宝物館は、その雰囲気と対照的な、現代的な建造物です。

 

te-005

こちらが、普段の法隆寺宝物館の様子です。
今回のテーマは、シャンパーニュ、そして文化・芸術と食のマリアージュです。

te-006

事前にフランスのランスにあるテタンジェのシャンパーニュ・メゾンへ赴き、現地で得たインスピレーションをイベント当日に表現してくださるのは、DJの沖野修也さんと、踊絵師の神田さおりさんです。

te-007

会場内には、現地で実際に使用されているシャンパーニュを熟成させるための保管台の展示や、ぶどう畑やシャンパーニュ・メゾンの風景を360度撮影した動画を、PCで操作しながら再生できるコーナーも用意されています。

te-008

 

また、法隆寺宝物館には、明治11年(1878)に奈良・法隆寺から皇室に献納され、戦後国に移管された宝物300件あまりが収蔵・展示されているのですが、こちらの展示をイベント開催中にも、観ることができます。

te-009 te-010

 

さあ、開場時間が迫り、外も薄暗くなってきました。

te-011
黒門の脇を通過して入り口へ向かうと、神秘的な光に照らされた会場の様子が次第に見えてきます。

te-012

te-013

ミラーボールの光が水面と木々の枝葉に反射して、まるで宇宙空間のようです。

 

ゲストが集まりはじめましたよ。

te-014

ホテルオークラ・ガーデンテラスの皆さんが担当してくださった、シャンパーニュにぴったりな食べ物の中には、この日のために現地フランスから取り寄せられたパンやチーズもあります。

te-015

te-016
さあ、法隆寺宝物館を舞台に繰り広げられる、テタンジェとアート、そしてグルメのマリアージュは、どのように仕上がるのでしょうか。

te-017

この後のイベント開始後の様子は、レポート後半でお伝えします!

幸せを呼ぶルビー色のクリスタル

まもなくクリスマス。一年でいちばんロマンチックな季節です。

Xmas

サッポロビール本社のある恵比寿ガーデンプレイスにも、高さ10メートルの大きなクリスマスツリーがあります。

ところがそれだけではありません。センター広場には、実はたくさんのプロポーズを見守ってきたとも言われている、クリスマスにぴったりな場所があるのです!

つづきを読む