サッポロビール株式会社
★SAPPORO

岡山ワイナリーのぶどうも大きく育ってきました!

短かった春も終わり、だんだんと暑くなる時期ですね。
今回は岡山ワイナリーで育てているぶどうの生育状況を紹介しようと思います。

【4月上旬】

これは4月上旬の写真ですが、青空がきれいです。
ぶどう畑の近くにある桜の木も満開桜です。
ぶどうの木はよく見ると、枝に白く小さいものがついています。これがぶどうの芽です。

画像⑫

【4月中旬】

桜の花も散りはじめました。
ぶどうの木はあまり目立った変化は無いようです。

画像⑬

【4月下旬①】

桜の花はすっかり散ってしまいました。
ぶどうの木から芽が出てきました。芽が出ているところをよーく見てから、少し上の4月上旬、中旬の写真に戻りましょう。
そうすると、「ぶどうの木についてるその白いやつが芽だったのね」、と気づくかもしれません。

画像⑭

【4月下旬②(連休直前)】

桜の木は緑が目立ってきました。
ぶどうの木はどうかというと、葉が出てきています芽

画像⑮

【5月上旬】

少し時間が空いて連休明けです。桜の木はすっかり葉が生い茂っています。
しばらく見ない間に、ぶどう木も葉が生い茂って枝も大きく伸びています。
この後不要な芽を取り除く芽かきの作業をマイワイン教室の参加者の方と一緒に行う予定です。

画像⑯

岡山ワイナリーでは、ワインづくりをぶどう栽培から体験してもらう「マイワイン教室」というセミナーを行っています。
このセミナーは収穫までの栽培体験を2月から9月まで行い、収穫後には搾汁などの「仕込」作業、12月にはびん詰め、ラベル貼りと、
1年をかけてワインづくりを楽しんでもらっています。
年間を通じてワインをつくりながら知識を深めていくマイワイン教室の参加募集は、年初に1回行っています。
ワインづくりワイングラスを体験したい!という方は、ぜひ年初にホームページをチェックしてみてくださいね目がハート (顔)

 

岡山ワイナリー 生産部 原田 英雄

 

グランポレールネットショップこちら

WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS F t

グランポレール世界へ! ~ProWein出展~

3月17日~3月19日にドイツ・デュッセルドルフで行われた世界最大級のワイン見本市「ProWein 2019(プロヴァイン)」に、昨年に引き続き出展して参りました。巨大な会場は世界から約7,000社が出展し約6万人の来場客で大賑わいです。
画像①-1
今回の出展の目的は二つ。一つは「ヨーロッパでのグランポレールの評価・反応を肌で感じること」、もう一つは「ヨーロッパ圏のレストランを中心とした見込客を発掘し、輸出の可能性を探ること」です。
画像②-3
出展した商品は「グランポレール 余市ピノ・ノワール 2016」、「グランポレール 安曇野池田ソーヴィニヨン・ブラン 2017(6月発売予定)」、「グランポレール 甲州辛口 2017」、「グランポレール 岡山マスカットベーリーA〈樽熟成〉 2016」の4アイテムです。日本の固有品種である「甲州」、「マスカットベーリーA」に対して、非常に高い評価をいただきました。特に「マスカットベーリーA」に対して好評の声が多かったのは興味深く感じました。独特のフォクシーフレーバーに対しヨーロッパ圏の方々からネガティブな印象に受け取られかねないことも予想しておりましたが、逆に「ナイスフレーバー」、「ベリーフルーティー」、「ベリーインタレスティング」、「ベリーサプライズドゥ」、「ユニーク」、「4アイテムの中で一番気に入った」との声を多くいただきました。
インポーター、レストラン関係のお客様からは、「どこで購入出来るのか?」、「早くヨーロッパへの輸出をはじめて欲しい!」というお言葉も複数いただきました。
画像③-1
またブースにて、チーフワインメーカー工藤さんと、イギリスの著名なワインジャーナリストであるアンソニー・ローズ氏によるグランポレールの試飲セミナーも開催しました。 3日間を通してほぼ満席となり、日本ワインへの関心の高さがうかがえました。セミナーにご参加いただいた皆様には興味深く耳を傾けていただき、終了後に熱心に質問される方もいらっしゃいました。
画像④-1
今年も、グランポレールの魅力を海外にアピールする絶好の機会となり、ヨーロッパ圏への輸出に向け大きな可能性を感じることが出来ました。

ワイン事業部  高久 勝典

グランポレールネットショップはコチラ
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーはコチラ
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたい方はコチラ
グランポレールSNSFt

那須工場 那須森のビール園【Welcome! Happy Halloween Party in Nasu!編】

那須工場 那須森のビール園では10月31日のハロウィンに向け、
可愛い飾りつけを行ないました。
2F特設会場にはお客様が描いたジャック・オー・ランタンや
ゴーストのシールをちりばめたサッポロビールの巨大タペストリー。
たくさんのお客様に彩られたタペストリーはまさにハロウィンパーティー!
秋を迎えた那須工場 那須森のビール園はHalloween一色でにぎやかでした。
ご参加頂いた方々、本当にありがとうございました。
そんな200枚以上も飾られたハロウィンパーティーを少しだけご紹介します!
壁面タペ
 全体図床タペ

正統派です。
かぼちゃ

手をつないだ可愛い親子オバケ
親子オバケ

ダントツに上手な秀作かぼちゃ
イケメンかぼちゃ

えっと、君はオバケじゃなく、オサカナ??
サカナ

次の飾りつけもメンバーと企画中です。
次回の那須工場のほし日記をお楽しみに!
Coming Soon!

2018年マスカット・オブ・アレキサンドリアの初仕込み ~岡山ワイナリーより~

2018年の生果仕込みも最盛期を迎えて、岡山ワイナリーでは忙しい日が続いています。
そんな中、9月12日にマスカット・オブ・アレキサンドリアの初仕込みを行いました。
①マスカットオブアレキサンドリア

マスカット・オブ・アレキサンドリアは、日本国内では岡山県でほとんどすべてが栽培されている白ぶどうです。お店で見かける贈答用のものは1房3,000円~という高級品種です。
今年は西日本豪雨、夏場の高温など天候不順の影響が心配されましたが、
例年に比べてやや小粒ではあるもののぶどうの状態は良く、
今年の初仕込みも多くの地元マスコミの方に取材に来ていただきました。
②プレス機

当日はぶどうの投入~除梗破砕~スキンコンタクトという一連の仕込み工程と、
一部をプレスしての搾汁の工程も見ていただきました。
写真は右端のプレス機から果汁が出てくる様子と、それを取材しているマスコミの方です。
③除梗破砕機

昨年新しくした除梗破砕機に続いて、今年は除梗破砕したぶどうを移送するポンプを更新しています。写真中央に見えるのが昨年更新した除梗破砕機、左端に見える丸い形のものが今年更新したチューブポンプです。通常のポンプと比べてぶどうに余分なストレスを与えないため、品質向上が期待できます。

今後はゆっくりと発酵、熟成へとすすみます。来年春には2018年ヴィンテージを皆様のもとにお届けできる予定です。

岡山ワイナリー 生産部 原田英雄

グランポレールのご購入はこちら(WINE MARKET PARTYで遷移します)

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS
F t

那須工場庭園【多肉植物編】

那須工場 森のビール園は風光明媚、自然豊かな環境です。
四季折々の植物が咲き乱れ、お客様は勿論、私たち従業員の目も楽しませてくれます。
その中で今日は『多肉植物の寄せ植え』をご紹介します。多肉植物はその名の通り、
茎や葉が肥厚している見た目もボリューミーな植物です。
なぜ、茎や葉が厚みを増して、ボリューミーになっているのか??
それは、乾燥や塩分の多い土地でも生育出来る様、水分を貯め込む能力があるからです。
サボテンも同じ種類の植物です。決して華やか(?)な植物ではありませんが、
愛くるしい姿はまさに『いやし系』。
写真① 写真② 写真③

暑い日々が続く今夏。猛暑にも負けず、『いやし系』の多肉植物たちは
今日もお客様を元気にお迎えします!
ちなみに植物の品種選定は勿論、看板作製、植え替えなど全ての作業は
那須工場従業員によるものです。
まるでプロの仕上がりです!!!

http://www.sapporobeer.jp/brewery/nasu/index.html