サッポロビール株式会社
★SAPPORO

黒ラベル「二つある☆楽しみ」!

kurolabel_(ほし日記用1)

11/6(水)「サッポロ生ビール黒ラベル<黒>」が数量限定発売となります。
クリーミーな泡、麦のうまみと爽やかな後味が味わえる「黒ラベル<黒>」は、黒ラベルの最大の特徴である“飲み飽きないうまさ”が体感できる黒ビールです。

発売に先立ち、当社千葉工場・九州日田工場で催行する黒ラベルツアーでは、11/1(金)より、定番「黒ラベル」と「黒ラベル<黒>」の飲み比べを実施致します。
是非この機会に、黒ラベルの魅力に触れながら、黒ラベルの「二つある☆楽しみ」を実感頂きますようお願い致しますビール
数量限定となりますので、なくなり次第終了とさせて頂きます。

黒ラベルツアーは事前予約制となりますので、以下リンクよりご予約の上、ご参加願います。

 

<黒ラベルツアー@千葉工場 ビール
千葉工場正面

サッポロビールの歴史から始まる黒ラベルツアーは、原料や千葉工場ならではのこだわり、パッケージングライン、
ビール造りにまつわる音のみで製造工程をレビューするサウンドギャラリー、パーフェクト黒ラベルの試飲まで約80分のツアーとなります。

(原料のこだわりコーナー)
千葉工場原料

(千葉工場のこだわりコーナー)
千葉工場こだわり

(サウンドギャラリー)
千葉工場SG

191015千葉①

191015千葉②

定番「黒ラベル」と「黒ラベル<黒>」の飲み比べツアー!スタッフ一同、気合入れて二つの☆を注がせて頂きます!!
皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。

191015千葉③

191015千葉④

定番黒ラベルと「黒ラベル<黒>」を味わう黒ラベルツアー@千葉工場(11/1(金)~)
※ご予約は こちら
<黒ラベルツアー@九州日田工場 ビール
九州全景

黒ラベルの美味しさのヒミツをマジックで解き明かすプロジェクションマッピングから始まる黒ラベルツアーは、
黒ラベルヒストリー、仕込~パッケージングまでの製造工程、パーフェクト黒ラベルの試飲まで約50分のツアーです。
日田の街並み~山々を一望しながら味わうパーフクト黒ラベルを愛する地元の方々も多いそうです。

(黒ラベルシアター)
九州黒ラシアター - コピー

(仕込)
九州仕込 - コピー

(パッケージングライン)
九州パッケージング - コピー
定番「黒ラベル」と「黒ラベル<黒>」の飲み比べツアー!日田の紅葉を愛でながら、二つの☆をご堪能下さい!
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

191015九州①

191015九州②

また、九州日田工場では、「黒ラベル<黒>」の発売に併せて、11/7(木)より1Fのウエルカムショップでは、
黒ラベルの2本セット「限定96(くろ)セット」を販売致します。「二つある☆楽しみ」を、ご自宅でも是非お楽しみ下さい。

191015九州③

191015九州④

定番黒ラベルと「黒ラベル<黒>」を味わう黒ラベルツアー@九州日田工場(11/1(金)~)
※ご予約は こちら

営業時間、アクセスなどの詳しい情報はリンク先より見学施設を指定頂きご確認ください。
こちら

 

「マスカット・オブ・アレキサンドリア」初仕込み!

こんにちは、岡山ワイナリーの原田です。
だんだんと涼しくなって季節の移り変わりを感じますね。
今年も岡山ワイナリーでは、マスカット・オブ・アレキサンドリアの初仕込みを9月18日に行いました。
この初仕込みは毎年TVや新聞の取材を受けています。
ほし日記でも3年前から紹介していますので、風物詩になってきましたね!

画像①

「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は、日本国内では岡山県でほとんどすべてが栽培されている高級白ぶどうです。
今年は例年よりも1週間遅れての仕込みでしたが色付きも良く、当日は多くの地元マスコミの方に取材に来ていただきました。

マスカット・オブ・アレキサンドリアの仕込み工程は、
【除梗破砕 → スキンコンタクト → プレス → 発酵 ~】
となっています。
スキンコンタクトはぶどうの果皮から香りの成分を抽出し、ワインの香りをより豊かにするために行う工程です。

<取材風景>

画像②

上の写真はスキンコンタクト後のプレス工程で、それを取材してもらっている様子です。
プレス機から出てきた果汁で、仕込み室内はマスカット・オブ・アレキサンドリアの良い香りが充満しています揺れるハート

昨年仕込みを行った、グランポレール“ 岡山マスカット・オブ・アレキサンドリア〈薫るブラン〉2018 ”ワイングラスは、
日本ワインコンクールで銀賞を受賞ぴかぴか (新しい)することができました。
今年もみなさんに楽しんでいただけるワインワイングラスを目指して、生果仕込みに取り組んでいます。
2019年ヴィンテージもぜひご期待ください!ハートたち (複数ハート)

岡山ワイナリー 生産部 原田 英雄

グランポレールネットショップこちら

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS  F  t