サッポロビール株式会社
★SAPPORO

ぶどうは花が咲き、実が付き始めました!

今回は、6月の安曇野池田ヴィンヤードから、この時期のぶどう園の様子をお届けします。

【ぶどうの様子】
今年は3月の気温が低かった影響で、芽吹きは昨年より4~13日遅く、花の咲き始めは昨年より
3~9日遅くなりました。
5月は晴れの日晴れが多かったことから、新梢(今年伸びてぶどうの房が付く枝)は太陽の光を
たくさん浴びて元気に伸びています芽

1-①

例年、6月上旬~中旬頃は、ぶどうの花が満開になります。
ぶどうの花は、派手な花びらもなく、ひとつひとつの花は見落としてしまいそうなほど小さいですが、やがて実をつけて立派な房になります。
この時期のぶどう園では、ぶどうの花の甘い香りがほのかに感じられます。

2-①

ぶどうの花が満開になるこの時期は、天候によってぶどうの実の付き具合が大きく左右される
時期でもあるため、 私たちぶどう園スタッフは 心配が尽きません。
今年は今のところ、ぶどうは順調に実を付けていて、ほっとしています。
今年の収穫にも期待できそうです!目がハート (顔)

【この時期の作業:芽かき】
新梢を適度に間引いてやることで、風通しが良くなり、太陽の光がしっかりと当たり、
ひとつひとつの新梢や房に養分が集中して生育が良くなります。

3-①

4-①

【この時期の作業:新梢誘引】
新梢の向きを揃えて垣根のワイヤーに固定してやることで、風通しが良くなり、太陽の光がしっかり
と 当たり、またひとつひとつの新梢や房の生育が良くなり、作業がしやすくなります。
色々な方法がありますが、安曇野池田ヴィンヤードでは、新梢から伸びた巻きひげがワイヤーに
からみつく性質を利用して、「新梢をワイヤーに挟み込む方法」を採用しています。
テープ等で固定するよりも省力化になると考えています。

5-①

芽吹きから収穫にかけての天候や栽培管理は、ぶどうの品質・収穫量、樹の生育などに大きく影響
します。人間が天候を変えることはできませんが、ぶどうができるだけ力を 発揮できるように
サポートすることはできます。
私たちぶどう園スタッフは、ぶどうの生育を注意深く観察しながら、おいしいワインワイングラスの原料になる
健全なぶどうを収穫できるよう、今後もしっかりサポートをしていきます。

 

安曇野池田ヴィンヤード 石原 大輔

 

 

グランポレールネットショップこちら

WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS F t

 

「新ヴィンテージワイン」まもなく発売!!~グランポレール勝沼ワイナリー~

今年はゴールデンウイーク明けから天気が目まぐるしく変わっています。
突然大粒の雹(ひょう)が降ったかと思えば、5月後半には猛暑日になってみたり・・・。
そんな中でもグランポレール勝沼ワイナリーのぶどうの樹芽たちは、今年も粛々と成長を始め、
ここ数日の暑さで一気に開花しました。

<見本ぶどう園>
画像1:ぶどう畑

<ぶどうの花>
画像2:ぶどうの花

例年この時期はぶどうの仕込みもないため、グランポレール勝沼ワイナリーではびんにラベルを貼る
ラベリング作業が多くなります。
地下の貯蔵庫でじっくりとびん熟成を行った安曇野池田の新ヴィンテージももうすぐ発売です。

<びん貯蔵庫>
画像3:びん貯蔵

今回発売になるのは、「グランポレール安曇野池田シラー2015」「グランポレール安曇野池田
ソーヴィニヨン・ブラン2017」「グランポレール安曇野池田メルロー2016」の 3アイテムワイングラスです。

画像4安曇野池田 新ヴィンテージ②

更に「グランポレール山梨甲州<樽発酵>2018」と「グランポレール長野古里リースリング貴腐2013」
も 近日中に発売予定のため、 ワイナリーメンバー総動員(といっても6名ですが)で一気にラベルを
貼り終えました。

画像5:甲州樽&古里貴腐③

もうしばらくお待ちいただければ皆さんのお手元にもお届けできると思います。
グランポレール勝沼ワイナリーで製造した新ヴィンテージのワインワイングラス、ぜひお楽しみください!揺れるハート

グランポレール勝沼ワイナリー 相沢 浩二

 

◆ 安曇野池田シリーズ(6/25発売)予約受注受付中! こちら

◆ グランポレール山梨甲州<樽発酵>2018(発売中) こちら

◆ グランポレールネットショップ こちら

◆ WINE MARKET PARTYグランポレールコーナー こちら

◆ 日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったら こちら

グランポレールSNS F t

“爽快なのどごし”を実現!「サッポロ生ビール黒ラベルエクストラブリュー」発売!!

6月18日(火)、「サッポロ生ビール黒ラベルエクストラブリュー」がいよいよ発売です。
今回は、日本の夏にピッタリな “爽快なのどごし” を実現した
「サッポロ生ビール黒ラベルエクストラブリュー」を 樽生ビールで味わえる当社工場の
黒ラベルツアーをご紹介します。

まずは、黒ラベル最大の製造拠点「千葉工場黒ラベルツアー」です。

千葉工場正面

昨年6月のリニューアルから間もなく1年を迎えますが、未だ多くのお客さまにご来館を頂いております。
サッポロビールの歴史から始まる黒ラベルツアーは、原料や千葉工場ならではのこだわり、
パッケージングライン、 一連の工程を音でレビューするサウンドギャラリー、
パーフェクト黒ラベルの試飲ビールまで約80分のツアーとなります。

(原料のこだわりコーナー)
千葉工場原料

(千葉工場のこだわりコーナー)
千葉工場こだわり

(サウンドギャラリー)
千葉工場SG

ここ「千葉工場黒ラベルツアー」ではエクストラブリュー発売に先立ち、
6/15から定番黒ラベルと限定醸造のエクストラブリューの 飲み比べビールを実施致します。
スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げておりますハートたち (複数ハート)

千葉BC

千葉BC②

※ご予約はこちら

続いて、西日本エリアの黒ラベルを支える「九州日田工場黒ラベルツアー」です。

九州全景

黒ラベルの美味しさのヒミツをマジックで解き明かすプロジェクションマッピングから始まる
黒ラベルツアーは、 黒ラベルヒストリー、仕込~パッケージングまでの製造工程、
パーフェクト黒ラベルの試飲ビールまで約50分のツアーです。
日田の街並み~山々を一望しながら味わうパーフクト黒ラベルを愛する地元の方々も多いそうです。

(黒ラベルシアター)
九州黒ラシアター

(仕込)
九州仕込

(パッケージングライン)
九州パッケージング

アジアからのインバウンドお客様の来館も多い九州日田工場。
こちらの黒ラベルツアーでも6/15より黒ラベルとエクストラブリューの飲み比べビールを実施致します。
黒ラベルツアーご参加のお客様限定となりますので、早目のご予約をお願いしますハートたち (複数ハート)

九州BC

九州BC②

※ご予約はこちら

※営業時間、アクセスなどの詳しい情報はホームページよりご確認ください。ホームページはこちら

 

「グランポレール北海道 北斗ヴィンヤード」植付け真っ最中!!

5月14日の植樹式にて、お披露目を終えたばかりの「グランポレール北海道 北斗ヴィンヤード」。
現在、第1期のぶどう苗木の植付け作業芽が追い込みに入っています。
今回は、本年雪解け後から現在までの様子をご紹介させていただきます。

今年の降雪雪 は、平年よりやや少なめでしたが、それでも畑は約50cmの積雪となりました。
4月上旬にはこの雪もすっかり解け、いよいよ動き出しました。

<1月下旬の様子>
①2019129ABエリア積雪(1)

<4月上旬の様子>
②20190403ABエリア雪解け後

草生栽培のため、元々生えていた牧草が再び広がりやすくなるよう一度土面を耕起・沈圧した後、ぶどう棚建てを開始。
ショベルカーでカラマツの支柱を1本1本打ち込んでいきました。

③20190419支柱建て②(1)

④20190426支柱建て経過

隅柱にはアンカーを取り付け、5段の誘引線を張り、垣根仕立てのぶどう棚が完成!

⑤20190520添木・チューブ設置後

⑥20190525植付け苗木(1本、グローチューブ有)

ぶどう棚建てと並行して、苗木の植付けも開始。植穴を掘り、苗木を定植し、添木と苗木保護用のグローチューブを付けます。
第1期の本年は2.3haにメルローとシャルドネを植付け予定で、5月に植付け完了を目指し進めています。

この苗木からぶどうが収穫できるのは2021年、ワインが飲めるワイングラスのは2022年頃です。
これからも、サッポロビール社のワインの象徴となるようなぶどう畑を目指し、北斗の地で取り組んでまいります。

製造部 グランポレール北海道北斗ヴィンヤード駐在 野田雅章

 

グランポレールネットショップこちら

WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS F   t