グランポレール世界へ! ~ProWein出展~

3月17日~3月19日にドイツ・デュッセルドルフで行われた世界最大級のワイン見本市「ProWein 2019(プロヴァイン)」に、昨年に引き続き出展して参りました。巨大な会場は世界から約7,000社が出展し約6万人の来場客で大賑わいです。
画像①-1
今回の出展の目的は二つ。一つは「ヨーロッパでのグランポレールの評価・反応を肌で感じること」、もう一つは「ヨーロッパ圏のレストランを中心とした見込客を発掘し、輸出の可能性を探ること」です。
画像②-3
出展した商品は「グランポレール 余市ピノ・ノワール 2016」、「グランポレール 安曇野池田ソーヴィニヨン・ブラン 2017(6月発売予定)」、「グランポレール 甲州辛口 2017」、「グランポレール 岡山マスカットベーリーA〈樽熟成〉 2016」の4アイテムです。日本の固有品種である「甲州」、「マスカットベーリーA」に対して、非常に高い評価をいただきました。特に「マスカットベーリーA」に対して好評の声が多かったのは興味深く感じました。独特のフォクシーフレーバーに対しヨーロッパ圏の方々からネガティブな印象に受け取られかねないことも予想しておりましたが、逆に「ナイスフレーバー」、「ベリーフルーティー」、「ベリーインタレスティング」、「ベリーサプライズドゥ」、「ユニーク」、「4アイテムの中で一番気に入った」との声を多くいただきました。
インポーター、レストラン関係のお客様からは、「どこで購入出来るのか?」、「早くヨーロッパへの輸出をはじめて欲しい!」というお言葉も複数いただきました。
画像③-1
またブースにて、チーフワインメーカー工藤さんと、イギリスの著名なワインジャーナリストであるアンソニー・ローズ氏によるグランポレールの試飲セミナーも開催しました。 3日間を通してほぼ満席となり、日本ワインへの関心の高さがうかがえました。セミナーにご参加いただいた皆様には興味深く耳を傾けていただき、終了後に熱心に質問される方もいらっしゃいました。
画像④-1
今年も、グランポレールの魅力を海外にアピールする絶好の機会となり、ヨーロッパ圏への輸出に向け大きな可能性を感じることが出来ました。

ワイン事業部  高久 勝典

グランポレールネットショップはコチラ
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーはコチラ
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたい方はコチラ
グランポレールSNSFt