サッポロビール株式会社
★SAPPORO

冬季剪定、ぶどうのたくましさ、安曇野の自然の豊かさ・・・

今回お伝えするのは、休眠期の作業で最も重要と考えられている、剪定作業についてです。

安曇野池田ヴィンヤ-ドは、圃場面積が広く標高差もあるため、圃場毎に気象条件に違いがあります。
残雪があると休眠期の作業の効率が下がることから、剪定をする畑の優先順位は、残雪が残り易い畑から先に作業を進めて行く様にしています。

剪定作業は難しく、迷うことが多いため、時々、相談をしながら作業を進めています。
画像①
実際の剪定作業ですが、剪定前と剪定後の写真を比べてみましょう。
画像②-3

品種はカベルネ・ソーヴィニョン、仕立はGuyot Double(ギュイヨ・ドゥ-ブル)と言い、垣根仕立の一つで、主に、左右に結果母枝を2本残す方法です。
この仕立の特徴は、結果母枝をできるだけ、左右、同じ高さ、対照に配置することで、新梢が均一に育ち、ぶどうの熟度がそろうことで、一度に収穫することが可能になります。
画像③-4
大胆にも昨年伸びた枝の約80%~90%は剪定により切り落とし、主に、両腕と言われる2本の枝を残します。
これら2本の枝を、矢印の様に両側に倒して針金に固定し、今年の結果母枝とします。
こうすることで、残された枝にある芽に栄養分を集中させ、今年、一気に伸びる新梢のそれぞれに品質の良いぶどうを実らせるがことができます。
因みに、身近な落葉果樹には桃とリンゴがありますが、共に、2年目の枝(昨年伸びた枝)以降にしか実を結ぶことができません。
ぶどうには、この他に頑強な巻きひげがあり、他の果樹にはないぶどうのたくましさを感じます。
画像④-3
作業中、圃場の中で、樹にぶら下がっている袋状のものを数か所で、ほぼ同じ高さの位置に発見しました。
これは、安曇野の自然の豊かさたるゆえんかもしれませんが、最近ではなかなか見られないようになってきているという蓑虫(みのむし)です。樹の粗皮で作られた袋を被っているため周囲と一体化し、一見、どこにあるかは分かりません。
蓑虫が巣をつくる位置と積雪量との関係は定かではありませんが、今年は、この高さまでの積雪量は観測されておりません。

安曇野池田ヴィンヤ-ドの大半の樹は2011年3月11日の東日本大震災以降に植栽しておりますので、丸8年が経過し、年々品種特性が増し、香味のバランスが高まってきています。
これまでの経験を重ねて、今年も、新たな栽培方法を取り入れ進めて行きたいと思いますので、今後も安曇野池田ヴィンヤ-ドの製品にご期待下さい。

安曇野池田ヴィンヤード  田中 亘

グランポレールネットショップはコチラ
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーはコチラ
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたい方はコチラ
グランポレールSNSFt

2019ヱビスVIPメンバーズの集い、開催!

2019年3月2日(土)、
ヱビスビールをこよなく愛するヱビスビールファンが、ヱビスビールの聖地“恵比寿”に集い、サッポロビールのヱビスブランド関係者とヱビスビールについて熱く語り合うイベントが開催されました。

その名も、「ヱビスVIPメンバーズの集い」。
VIPの名にふさわしく、特別に夜のヱビスビール記念館を貸し切って。
yebisu_2018_pc_01

ヱビスVIPメンバーズとは、
サッポロビールネットショップKANPAI+限定で提供しているヱビスビール年間定期お届けサービスです。
製造から10日以内のできたてのヱビスビールを工場から発送しお届けするだけではなく、さらにヱビスビールファンの誰もが喜ぶ6大特典付きのサービスです。

☆★☆2018ヱビスVIPメンバーズの詳細はコチラ☆★☆(※現在は募集終了)

その6大特典のひとつがこの特別な交流イベントです。
当日は、九州から東北まで全国各地から総勢80名のヱビスVIPメンバーズの方たちが集まりました。
まずは、サッポロビールの前身でもある大日本麦酒の初代社長、馬越恭平の青春時代のお話から。
そうです。会場となったヱビスビール記念館の入口横に堂々と鎮座するあの大きな銅像が馬越恭平です。
DSC_190302_012
DSC_190302_013
歴史を知ってますます愛着が湧いてきたところで用意されたのは、当然パーフェクトヱビス!
どこよりも早く、今年から新しくなったヱビスタンブラーで乾杯です。
髙島社長の発声で、皆さんが途端に恵比寿顔になりました。

DSC_190302_018
DSC_190302_043
DSC_190302_045
DSC_190302_028

そして、お料理でこの会を盛り上げてくれたのは、
恵比寿新聞社主催の「恵比寿の料理人が考えるヱビスビールに合う逸品グランプリ」で昨年2回目の参加で準グランプリを受賞された「Kaito Bal」さん。

皆さまのテーブルには「ジューシーメンチカツのトルティーヤ」がスタンバイ。
続いて、「生サルシッチャのオーブン焼き サラダ添え」「メカジキの白ワイン蒸し彩り野菜ソース」、そして最後に受賞作品「うに添え木ノ子の焼きリゾット」を温めながら仕上げ、手の込んだお料理に会場のそこかしこから「お~いしい~!」と歓声があがっていました。
DSC_190302_015-2
DSC_190302_026
DSC_190302_033
そのほかにも、「ヱビスのこと、どれだけ知ってる?!○×クイズ大会」では、
さすがVIPだけあって皆さんヱビスのことをよくご存じで、予定時間を超過してしまうほど盛り上がり、最後に残った方には優秀賞が贈呈されました。
DSC_190302_036
DSC_190302_039
DSC_190302_042

今年で3回目となるヱビスVIPメンバーズの集いでしたが、
この会を通じて仲良くなられた方たちも多く、「また来年会いましょう!」と声を掛け合われたり、一緒に恵比寿の街に繰り出されたり、とにかく楽しそうな皆さまを見ているこちらが恵比寿顔に。
ヱビスVIPメンバーズの運営スタッフも、また来年皆さまにお会いできることを心から楽しみにしております☆
DSC_190302_051

さて、今年も2019年度のヱビスVIPメンバーズを募集予定です!

募集開始の情報については、
ヱビスビール公式Facebookアカウント、ヱビスプレミアム通信、サッポロビールネットショップKANPAI+から発信しますので、下記よりご登録ください。
皆さまからのお申し込みを、ヱビスVIPメンバーズ一同お待ちしております!

ヱビスビール公式Facebookアカウント

ヱビスプレミアム通信

KANPAI+トップページ

グランポレール メリタージュ 2017のブレンドをしました!

3月4日、「グランポレール メリタージュ 2017」のブレンドをしました。「グランポレール メリタージュ」は、長野県池田町の「サッポロ安曇野池田ヴィンヤード」のぶどうを100%使ったグランポレールのフラッグシップワインです。カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にメルローをブレンドしています。

ワインはブレンドによって、よりおいしさを引き出すことが出来る飲み物ですが、ではどんな風にやるのかを少しご紹介しましょう。

0315画像①
「ワイン熟成中の樽貯蔵庫です。年間を通して18℃に温度管理されています。ブレンド検討中は数時間樽貯蔵室にこもるので、温かい服装でないと大変です」

1. まず、熟成を終えた樽を1本1本テイスティングして、品質を見ていきます。見るのは、品種としての特徴がちゃんと表現されているか、味や香りの熟成感はどうか、樽の風味はどうか、そしてワインとしての欠点がないかです。最初樽に詰めたときは同じワインなのに、1本1本の樽の特性によって、熟成を経たワインの個性は大きく違うから不思議です。

0315画像②
「今回は、24本の中から、9本の樽を選びました」

2. この時、同時に熟成に使用している樽そのものの品質も見ます。グランポレールでは3種類の樽をメインに使用し、さらに常に3~5種類の樽を試験しています。試験中の樽の評価を行い、将来使用を増やすか、グランポレールには合わないと判断して試験を打ち切るか、もう少し試験継続するかを決めます。例えば、今年(2019年)試験中の樽を将来的にメインの樽のひとつに追加しようと決めても、赤ワインの場合は原則1年半の熟成なので、熟成が終わりブレンドするのは2021年、瓶に詰めてさらに瓶熟成してお店に並ぶのは2022年か2023年。ワイン造りは時間がかかります。

3. 1本1本の樽の個性を見極めたら、いよいよブレンド。商品のコンセプトに合わせて、個々の樽から少量ずつをブレンドして品質を見ます。「グランポレール メリタージュ」のコンセプトは、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー両方のアロマの調和と豊かなブーケ、「サッポロ安曇野池田ヴィンヤード」の水はけが良い土壌と冷涼な気候を反映した良く成熟した柔らかく甘いタンニンです。ブレンドする樽を1本単位で削ったり、追加したりしながら最良のブレンドを探します。

0315画像③
「ただ今、ブレンド検討中!」

1+1=2になるブレンドは良いブレンドではありません。それはただ単に混ぜるだけ。良いブレンドとは1+1が3にも4にもなるブレンドです。何かを足すことで、今までなかった新しい香りや味、豊かな広がりが生まれる、それが良いブレンドなのです。

グランポレール チーフワインメーカー 工藤雅義

グランポレールネットショップはコチラ
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーはコチラ
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたい方はコチラ
グランポレールSNSFt

99.99の新TVCM、4篇同時放映開始!長谷川博己さんの表情にも注目!

いよいよ3月5日から「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」の新TVCMが4篇同時に放映開始となります!CMには昨年に引き続き、俳優の長谷川博己さんが登場!

純度99.99%のウォッカを使用した本格的で上質なチューハイ99.99に、新たにクリアライムが加わり、全部で4つのテイストが愉しめるようになりました。

そこで、今回の新CMでは、4つのテイストそれぞれが最も美味しく感じられる瞬間を描いています。

あるときは大人が集うバーでお酒をたしなむ姿、またあるときは南国のビーチでリラックスしながらお酒を愉しむ姿など、どの瞬間も素敵な演技を披露。シチュエーションによって印象がガラっと変わる長谷川さんの表情にも注目です。
f-2-10
g-2-10
m-2-9
v-2-10

また、今回の撮影では、日本のCM撮影ではまだあまり使われたことのない「BOLT」というロボットアームのカメラが用いられ、1カットで撮影されています。
「クリアなうまさが止まらない」、そんな99.99の勢いのあるイメージにピッタリな、躍動感のある映像に仕上がっていますよ~!

新TVCMは、「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」のブランドページから是非ご覧くださ~い!