北海道余市のピノ・ノワールの仕込をしました!~グランポレール勝沼ワイナリーより~

本日10月19日は、北海道の余市で弘津さんが栽培するピノ・ノワールの仕込を行う日です。
当日の朝、コンテナに載ってワイナリーに到着。
①コンテナ到着

コンテナを開けると、中はやや冷えた状態です。
一緒に入れていたドライアイスも少し残っていますね。
②カゴの中のピノノワール
③カゴの中のドライアイス

ブドウもとても良い状態です。
④ピノノワール

しっかりと赤紫色に色付いた果皮を剥いてみました。
淡緑色の果実の中に種子が入っているのがわかります。
ワイン用ブドウには、果皮だけでなく種子から抽出される味わいのコクもあるので、
生食用のようなブドウを種なしにする処理は行われません。
⑤ピノノワールの粒

早速、仕込を開始!
ぶどうの梗(果粒を繋ぐ軸の部分)を取り除き、選果台で選果していきます。
選果台では、小さく千切れてしまった梗や色付きの淡い果粒、腐敗果などを取り除いていきます。

毎年、弘津さんの育てたブドウは状態がとても良いので、作業もスムーズに進みました。
色付きも良く、しっかりとした酸味も残っているので、今年のピノ・ノワールも期待できそうです!
⑥選果の様子

グランポレール勝沼ワイナリー 渡邉 真介

グランポレールネットショップこちら
WINE MARKET PARTYグランポレールコーナーこちら

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS F t