サッポロビール株式会社
★SAPPORO

ぶどうの実がふくらんできました! ~6月の安曇野池田ヴィンヤードより~

長野県に位置する安曇野池田ヴィンヤードは、ここ1ヶ月ほど平年に比べて雨が少なめで日中の気温が30℃を超える日も出てきました。ぶどう園スタッフ一同、体調管理にしっかり取り組みながら、ぶどうの生育管理にもしっかり取り組んでいます。
今回は、そんな6月の安曇野池田ヴィンヤードから、ぶどうや作業の様子をお届けします。

<ぶどうの生育>
今年の開花は昨年より6~12日早く、生育は順調。
花が咲いた後の実付きも順調で、毎日少しずつ果粒(実)がふくらんでいます。
果粒はまだマッチ棒の先っぽみたいな大きさですが、房はぶどうらしい形になってきました。
①果粒
この小さなぶどうが健全に実って個性を発揮できるように、私たちぶどう園スタッフは最大限のサポートをしていきます。
気が早いですが、収穫が今からとても楽しみです!
②ピノ・ノワールの苗木

今年の春に植えたピノ・ノワールの苗木も、4月下旬頃から芽を出し、すくすく順調に育っています。

<この時期の作業>
①    芽かき
新梢(今年伸びてぶどうが実る枝)を適度に間引いてやることで、ひとつひとつの房に養分が集中し、風通しが良くなり、葉や房に太陽の光がしっかり当たります。
毎日ぐんぐん伸びる新梢と追いかけっこをしながらの作業ですが、手間を惜しまず頑張っています。
③芽かき作業

②    草刈り
ぶどうの新梢がぐんぐん伸びる一方、雑草もぐんぐん伸びます。
雑草に水分や養分が取られすぎるのを防ぐために、また、ぶどう園の風通しや作業性を良くするために、草刈りは大事な作業です。
当ぶどう園で2017年に導入した新型乗用モア(草刈機)は、畝間だけでなく株間の草刈りが同時にできるので、株間に除草剤を散布する回数を減らすことができます。
④草刈り機 モア

⑤草刈り作業
安曇野池田ヴィンヤードでは、シングルヴィンヤードシリーズ向けの畑を中心に除草剤の低減に取り組んでいます。地道な取り組みではありますが、お客様に感動していただけるワインをお届けするため、日々新たなチャレンジをしています。

安曇野池田ヴィンヤード 石原大輔

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNSFB Tw

生まれ変わった!千葉工場の「新・黒ラベルツアー」を大公開!

千葉県船橋市にある、今年で竣工30周年を迎えるサッポロビール千葉工場。そんな記念すべき30周年イヤーの今年、黒ラベルツアーが「新・黒ラベルツアー」として、本日6月20日(水)に生まれ変わりました。

リニューアルされた魅力は大きく分けて3つ。「パッケージングライン見学の復活」「音と映像で黒ラベルを堪能できるサウンドギャラリーの誕生」「試飲の回数が2回から3回に」。「黒ラベル」の魅力を五感で楽しめるツアーとなっております。

今回はリニューアルされたばかりのツアーの内容を一部を、速報でご紹介します。
IMG_9132お馴染みの黒ラベルのロゴマークが印象的な受付。こちらで受付を済ませた後に、ツアーに参加することができます。

「黒ラベル」のルーツを知ることができる展示物などを見た後に、ビールのつくりかたの秘密を探ることができる、今回のツアー。様々な場所でビールつくりに対するこだわりや、サッポロの取り組みを知っていただける内容となっております。
IMG_9020

最初の、おすすめのコーナーは、こちらの「製造ライン」。黒ラベルの旨さを形作る最初工程のエリアです。この「仕込室」と呼ばれる場所で、でんぷん糖に変える作業と、麦汁をつくる作業が行われています。
IMG_9011

そして次に向かうのは、全体が黒ラベルの世界観に包まれた「ビールのパッケージング」のエリア。こちらのエリアでは、黒ラベルなどの商品がパッケージングされる工程を目の前で見ることができます。
IMG_9035

次に体験するのは「黒ラベルサウンドギャラリー」。こちらは全国のサッポロのビール工場にはない、千葉工場限定の新たなコンテンツです。なんと、音源は全て黒ラベルの製造にまつわる音で構成されております。この約2分間の映像で、「黒ラベル」が生産され製造されて、乾杯する工程までをお楽しみいただけます。真っ暗な室内に響き渡る、ビールの泡が爽快にはじける音。そしてテンポよく流れる映像に、きっと皆さんもビールが飲みたいと、思うことでしょう。
IMG_9041
その音と光景を心に焼き付けたまま、迎える試飲の時間。光が差し込む明るい室内に到着したら、すでに注がれた「黒ラベル」が用意されていました。IMG_9071

グラスとおつまみを手に取って、席に座り、いよいよ乾杯の時間です。
IMG_9078

皆さまで一緒に、はい、カンパーイ!!
IMG_9080

普段、一部の認められた店舗でしか体感することができないこの味、そしてきめ細やかな泡。まさにこれこそ、「パーフェクト黒ラベル」!ツアーで知り得た情報があるからこそ、旨味をさらに感じられるはずです。

もちろん、ビールが飲めない方でもご安心ください。ソフトドリンクもご用意しております。こちらのRibbonのジュースは普段は、北海道でしか飲むことができないのですが、この千葉工場では3種類のRibbon商品を試飲することができるのです。こちらもぜひ、お見逃しなく。
IMG_9113

最後は、自宅でもおいしくビールが飲めるコツをご紹介。三度に分けて注ぐ秘伝のビールの注ぎ方をご紹介しています。ぜひ、グラスを傾けてもちょっとやそっとじゃ溢れない、クリーミー泡のつくり方を覚えて帰ってくださいね。
IMG_9108

こちらでツアーは終了となりますが、お時間がある方はぜひ、この会場隣のマリンサロンに展示されている、「大人エレベーター」のCMで登場するグッズや出演タレントさんの直筆サインなどもご覧ください。
IMG_9059

「黒ラベルギャラリー」には、トリックアートなどのSNSで投稿したくなるような楽しいフォトスポットも用意しております。工場に来た思い出に、ぜひここで記念写真を撮ってくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のツアーでは記念品も贈呈しております。ここでしか手に入れることができないオリジナルグッズは、当日までのお楽しみです。「黒ラベル」を五感で楽しめる、約80分間のツアー。ビールがさらにおいしく感じられる、全身で楽しむことができるツアーとなっております。

会場までは無料のシャトルバスなどもご用意しています。「新・黒ラベルツアー」、ぜひ、皆さまもお越しくださいね。詳しい情報は、公式のサイトからご確認ください。お待ちしています。
http://www.sapporobeer.jp/brewery/chiba/kengaku/index.html

IMG_9135

新ヴィンテージ製造の様子&新商品ご紹介! ~グランポレール勝沼ワイナリーより~

毎年この時期はワインを瓶に詰めるボトリング作業と、瓶にラベルを貼るラベリング作業が中心になります。ボトリング作業もラベリング作業もワイナリーメンバー全員での対応です。

今日は9月下旬発売の「グランポレール 長野メルロー&カベルネ」の新ヴィンテージのラベリング作業を行いました。
瓶にラベルを貼ったりキャップシールの巻締めは機械が行ってくれますが、それ以外は全て人力です。瓶熟成中のワインが入った「ケージ」と呼ばれる大きなかごから瓶を出し、1本1本丁寧に拭き、中味検査・外観検査を行い、カートンに収納します。
①ラベリング作業
カートンに入れられた製品はパレットと呼ばれる輸送に使用する台に積み付けますが、これも人力。
1箱の重量が16kg程あるので結構大変な作業です。
②パレット積載
グランポレール勝沼ワイナリーから出荷される製品は、全てこのような手作業で1本1本丁寧に製造されています。

もう一つ話題があります。
先日、新しい商品が発売になりました。それは…「グランポレール 山梨シラー貴腐」です。
世界的にも珍しい赤ワイン用品種であるシラー種の貴腐ワインです。
収穫できるぶどうがごく少量のため、2005年~2008年、2013年の5年分のワインをブレンドし、艶のある琥珀色の色調と、蜂蜜のように優しく甘美な香りに溢れ、赤品種ならではの甘く豊かな厚みが口中に広がります。
お値段は税込で1本162,000円!
③シラー貴腐ボトル、グラス

高級感のある専用箱に入り、バカラのワイングラスとセットでの販売になります。グランポレール勝沼ワイナリーワインショップでも取り扱っていますので、ご興味がある方は是非!

グランポレール勝沼ワイナリー ワインメーカー 相沢 浩二

「グランポレール 山梨シラー貴腐」は、こちら↓でも購入可能です。
貴腐バナー

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

 

グランポレールSNS   FB Tw

晴れの国、岡山ではぶどうの花が咲き始めています! ~グランポレール岡山ワイナリーより~

春も終わり、夏に向かってだんだんと暑くなってきましたね。岡山県のイメージ表現として使われている「晴れの国おかやま」の言葉どおり、天気が良い今日は青空がとてもきれいです。
①青空広がる岡山

今回のワイナリー通信は、マイワイン教室とぶどうの状況についてお伝えします。
岡山ワイナリーでは、ワインづくりをぶどう栽培から体験してもらう「マイワイン教室」というセミナーを行っています。このセミナーは収穫までの栽培体験を2月から9月まで行い、収穫後には搾汁などの「仕込」作業、12月にはびん詰め、ラベル貼りと、1年をかけてワインづくりを楽しんでもらっています。
先日、本年第2回目のセミナーを行い、マイワイン教室参加者の方と不要な芽を取り除く芽かきの作業を行いました。ぶどうの成長は早くて、そろそろ花が咲き始めています。

これがマイワイン教室で使用している白ぶどう品種、シャルドネの花です。花はとても小さくて、注意してみないと咲いていることもわからない大きさ。
②シャルドネの花

 

岡山ワイナリーではシャルドネ以外のぶどうも栽培しています。例えばこの3種類のぶどうの花。
(1)
③マスカットベーリーAの花

(2)
④マスカット・オブ・アレキサンドリアの花
(3)
⑤ソーヴィニヨン・ブランの花
花や葉をみて品種が区別できる人もいるかも?葉っぱの大きさや形で見分けるようですが、栽培の経験がない私にはどれも同じに見えます。下に進む前にぜひ考えてみてください。

ヒントは・・・
(1)日本の醸造用品種として甲州に次いで2番目にOIV(国際ブドウ・ワイン機構)に登録された
(2)食用品種、日本ではほぼ全量が岡山県で栽培されている
(3)ワイン用白ぶどう品種、ニューワールドではニュージーランドのマールボロなどが有名な産地
答え
(1)マスカットベーリーA
(2)マスカット・オブ・アレキサンドリア
(3)ソーヴィニヨン・ブラン

どうでしょうか?「全部わかったよ!」という人、すごいですね。

それぞれのぶどうですが、(1)マスカットベーリーAはワイナリー近隣の軽部小学校のぶどうとして管理しています。小学生がときどき授業で手入れをしに来ていて、収穫したぶどうはそのまま食べたり、ジャムに加工したりするようです。ぶどう栽培の授業は楽しそう。小学校の時なら私もやりたかったな。
(2)マスカット・オブ・アレキサンドリアと(3)ソーヴィニヨン・ブランはワイナリー内で試験などに使われます。去年は新しい機器の試運転に使いました。今後のワインづくりに生かせるような使い道を今年も考えています。

この後のマイワイン教室は、ぶどうの袋掛けを6月に予定しています。年間を通じてワインをつくりながら知識を深めていくマイワイン教室の参加募集は、年初に1回行っています。ワインづくりを体験したい!という方は、ぜひ年初にホームページをチェックしてみてくださいね。

岡山ワイナリー 生産部 原田 英雄

岡山ワイナリーのHPはこちら
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS  FB Tw