サッポロビール株式会社
★SAPPORO

冬の勝沼

お正月休みは終わりましたが、まだまだ寒い勝沼町。
朝日がまぶしい、心地良い日差しの日の朝に、ワイナリー内の自園シャルドネの樹はすやすやと寝息を立てています。
写真A
(グランポレール勝沼ワイナリー 自園シャルドネの様子)

この時期のぶどうの樹木は「仮剪定」といって、昨年に伸びきった枝の上部を切り落としていきます。こうする事で次の「剪定」の時に作業をしやすくしています。
写真B
(自園シャルドネの樹木 仮剪定後)

このぶどう園の一部の樹を使って、毎年マイワイン体験教室というイベントを行っています。今年はどんな方と出会えて、どんなワインができ上がるのか、とても楽しみです。

※グランポレール勝沼ワイナリーのマイワイン体験教室の募集締め切りは
1月31日となっています。詳細は以下のリンク先をご参照ください。
http://www.sapporobeer.jp/brewery/katsunuma/event/20171220/index.html
さて、話は変わりますが、もうすぐバレンタインデーですね!

グランポレール勝沼ワイナリーでは、辛口の白ワインやフルボディの赤ワインの他にも貴腐ワインを造っています。貴腐ワインは貴腐ぶどうと呼ばれる超高糖度のぶどうから造られる極甘口の白ワインです。白ワインですが、その色は琥珀の様な黄金色をしています。

ハチミツの様な芳醇な香り、口中に広がるトロっとした甘味と共に、あま~い1日をパートナーにプレゼントして過ごされてはいかがでしょうか。
写真C
(貴腐ワインとグランポレールグラス ※グラスは非売品です)

グランポレール勝沼ワイナリー ワインメーカー渡邉 真介

貴腐ワインはこちら↓でご購入可能です

4
日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら
グランポレールSNS fbtw

2018年はグランポレール15周年!

2018年が始まりました。

2017年もグランポレールを応援して頂きました全ての皆様に心より感謝申し上げます。

2018年は、グランポレール発売15周年にあたります。

より一層の品質向上と、みなさまに楽しんで頂けるワインをお届けできるように頑張ります。

 

さて、昨年を振り返ると、2017年は天候不順の影響もあり難しいヴィンテージになりましたが、栽培農家とも連携し満足できるワインが醸造出来たと考えています。

何と言っても岡山ワイナリー関連で記憶に残る出来事は、ロンドンで開催されておりIWSC(インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2017」で「グランポレール 北海道バッカス辛口2016」がサッポロ社として11年ぶりに金賞を受賞。その他5点での銀賞を受賞したことで、グランポレールが世界でも認められたことを実感できたことです(受賞に関する記事はこちら→)。

 

また、除梗破砕機を新しく買い換えたことは大きな変化でした。

(新しい除梗破砕機についての記事はこちら→

除梗破砕機はぶどうの軸から果粒をはずし、果汁が出やすいように軽くつぶす重要な仕込み設備です。生産部、エンジニアリング部と協働で、安全・品質・作業効率など多方面から検討し、良い設備導入が出来ました。2017年のグランポレールは新たな除梗破砕でさらに品質向上していますので、我々も楽しみにしています。

現在、2017年ヴィンテージのワインはどんな様子かというと、赤ワインは昨年末から樽熟成を開始し、白ワインはびん詰めの準備を進めています。第1弾として今月ミュラートゥガウをびん詰めします。新ヴィンテージは今後も順次発売になりますので、是非お試し頂ければと思います。

 

日本ワインの中でもキラッと光る☆になれるように。

グランポレールは、2018年もさらに走り続けます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

岡山ワイナリー 生産部 部長 竹下昌利

 

集合写真

岡山ワイナリー生産部メンバー「今年はこのメンバーで宜しくお願いします」

20180111岡山W

「今シーズン初めて雪化粧したワイナリー。

晴れの国でも冬は寒いです。この日、ワイナリー周辺では最低気温-8℃でした。」

日本ワイン、グランポレールをもっと知りたくなったらこちら

グランポレールSNS fb tw

グランポレール専門店はこちら