サッポロビール株式会社
★SAPPORO

Le TAITTINGER Prix Culinaire International「1st volume 」 What is the Everest of gastronomy?

There is a French cuisine international contest which highlights the prefix of the name of TAITTINGER, the worldly proud popular champagne. It is the 「Le TAITTINGER Prix Culinaire International 」which is a contest for young chefs.

1

Mr. Claude Taittinger established this cooking contest in 1967. Claude wanted to retain the memory of Mr. Pierre Taittinger who was his gourmet father, the founder of the champagne TAITTINGER and Pierre’s great vision of  French cuisine forever.

 

It is the 51st contest this year. Even though it is promoted by TAITTINGER, it doesn’t demand the cooking which suits champagne and either the rules or the standard judgement which relates to TAITTINGER at all.

TAITTINGER has been carrying out this contest in which chefs compete with their genuine cooking skill every year only for one wish to contribute to the food culture.

Its high level has become popular due to the sincere and integral judgement and it has been sometimes called the 「Everest of gastronomy 」

2

Pictures from the official website of Le TAITTINGER Culinaire International

 

The process until they decide a winner has 2 stages.

At first, a contest in each country which is equal to qualifying in the world contest is held. The winners represent their own country and proceed to the international contest in Paris to compete with their skills.

 

This contest in Japan has been carrying on since 1984.

 

Currently, the contest which leads to the international one is only the 「Le TAITTINGER Culinaire International 」, so this contest will be the great aim for French cooking chefs.

3

The contest in Japan, 「Le TAITTINGER Culinaire International Japon 」was held on the 5th September in Shinjuku Tokyo.

The 8 contestants who had been selected after the screening of documents gathered at the venue.

The rules are very strict.

4

The contestants have to create and complete 2 different kinds of foods on the day.

One thing is the 「original recette (recipe)」which was submitted for the screening of documents about the cooking on which a theme had been set in advance. Another thing is the 「assigned recette (recipe) 」which the promotor declares on the spot. The context of the cooking is announced 20 minutes before the commencement of the practical skill screening.

In judging, the arrangement, the taste, whether it is cooked, as the recipe suggested, the balance and the contestants’ quality of work in the kitchen are evaluated and the total points accrued to decide the winner.

How will the contest of this year go?

I’ll tell you in the middle and the last volume.

ル・テタンジェ国際料理賞コンクール【後編】優勝・日本代表の栄光は誰の手に?

前編中編でお伝えしてきたル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン。
いよいよ審査結果の発表と表彰式です。

let-201
表彰式は、帝国ホテル・光の間で開かれました。
let-202

let-203

帝国ホテルのシェフも、過去に、この大会での受賞経験があります。
テタンジェの名前が掘られた氷のオブジェやフルーツ・パンなどが華やかに飾られる中、シェフが腕を振るったフランス料理でゲストをお迎えします。
let-204

let-205

let-206

ステージ上には、今回の出場者の他に、書類審査を含む審査員が並びます。
let-207
ピエール・エマニュエル・テタンジェ氏は、「パリの大会で、再び日本人の優勝者が出ることを願っています。」とコメントしていました。

審査員の講評では、「今年のコンクールは例年よりもレベルが高かったと思う。パリでの優勝も期待できそう。」だという一言もありました。

そして、いよいよ審査結果の発表です。
let-208
ゲストも固唾を呑んで見守ります。

3位は、品川プリンスホテルの茂手木了さん、
2位は、浦和ロイヤルパインズの竹下公平さん、

そして優勝は、びわ湖大津プリンスホテルの、坂田知昭さんです!

let-209

坂田さんは、発表を聞いて、とても驚いた様子でした。

坂田さんは、このコンクールへ2度目の挑戦でした。
コンクール本番では、練習を重ねて、自分で美味しいと思える料理を出すことができた、と話していました。
また、課題料理の指示書を見たときには、これまで業務中に「揚げる」作業をしたことはなかった上、完成写真などもなかったことから、仕上がりをイメージすることが難しく、最初はとても動揺したそうです。
しかし、一つ一つのプロセスを確認して、それぞれをきちんとこなしていけば、不可能ではないと信じて、最後まで冷静に挑戦することができた、と話していました。

teyu

世界大会に向けては、さらに練習を重ねて挑みたい、と話していました。

let-211

このあとの受賞パーティは、バンド演奏も始まりました。

let-212

ゲストの皆さんは、テタンジェのシャンパーニュと料理を楽しみながら、ひと時を楽しまれていました。
let-213

let-214

let-215

let-216

let-217

優勝者の坂田さんが出場する世界大会「コンクール・アンテルナショナル」は、今年11月20日にパリで行われます。

ル・テタンジェ国際料理賞コンクール【中編】8名の若手フランス料理人の真剣勝負

前編でその起源や歴史・概要についてお伝えした、若手フランス料理人に開かれた真剣勝負の戦いである、「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」。
中編・後編では、今年のコンクール・ジャポンについてレポートします。

今年のコンクールは、東京・新宿にある、東京調理製菓専門学校で行われました。

let-101

ル・テタンジェ国際料理賞コンクールの大きな特徴は、大変厳格な審査内容です。

参加者は、会場に入室後、終了まで携帯電話などを含む会場外との交流を絶たねばなりません。
また調理場には、参加者8名とスタッフ・調理場担当審査員以外は入室できません。

ル・テタンジェのこだわりの一つは、調理場と審査室を別々に配置するということです。
これは、審査の際に、誰がその料理を作ったかということが審査員にわからないようにすることで、審査の公平性を保つためです。

今年の会場でも、実際に調理場と審査室は違うフロアに配置され、部屋同士も接しておらず、音が聞こえることも、審査員と参加者が顔を合わせることもないように、配慮されていました。
参加者も審査員も、8人全員の料理が出されるまでは、会場外に出ることも許されません。

let-102

let-103

こちらが調理場の様子です。

調理場には、料理の仕上がりとは別に、調理状況を審査するための審査員が2人配置されます。
そのため、参加者の個人が特定されないように、参加者は氏名や所属先が記載されていない作業着を着て、当日朝ランダムに決められた番号で呼ばれます。

ル・テタンジェ国際料理賞コンクールは、書類選考から、実技選考の作業段階、仕上がった料理を含め、すべての審査プロセスにおいて、作品に個人名が結びつくことを避け、審査内容に各審査員の心証が影響しないよう厳格な配慮がされているのです。

let-104
一方、こちらは審査室です。
9名の審査員の方々は、国内外でその実力が認められた、プロとして活躍中の現役のフランス料理シェフです。
この中には、過去のル・テタンジェ国際料理賞コンクールで、優勝・入賞された方々もいます。

早速、最初の参加者の料理が運ばれてきました。

let-105

let-106

料理の周りにはすぐに審査員が集まります。
提出されたルセット(レシピ)どおりに作られているのかを審査するために、審査員は料理が盛り付けられた状態で、まずは料理を見て確認します。

let-107

料理は、すぐにその場でカットされ、取り分けられます。
スタッフも、料理が冷めて風味が失われる前にと、とてもスピーディに作業を進めます。
切ってすぐの状態や断面などを確認するために、カットする状況にも審査員の目が向けられます。

let-108

席に戻った審査員は、料理を観察し、すぐに食べ始めて審査内容を記録します。

審査室では、このようなプロセスが各参加者の料理ごとに繰り返されるのですが、その雰囲気はとても張り詰めています。
室内はとても静かで、運ばれるお皿やナイフ・フォークの音がわずかに響くのみ。
その静寂さが、さらにその場の緊張感を高めていました。

また、スタッフや審査員の機敏な動きと真剣な眼差しから、参加者の料理をできるだけ新鮮なうちに厳正に審査しようという誠実さが伝わってきて、見ているだけで身の震えるような思いがしました。

let-109

let-110

let-111

let-112

let-113

_MG_0484

調理場では、参加者たちが刻々と迫る時間を意識しつつ、真剣な面持ちで調理を進めています。

今年のコンクールでもっとも難しかったと言われているポイントは、課題料理「卵のヴィルロワ風」です。

let-114

課題料理は、メイン料理とは違い、実技選考開始20分前に内容が伝えられ、与えられた材料で制限時間内に作らねばなりません。
「卵のヴィルロワ風」は、まず熱湯を使って卵をポーチドエッグにして、水気を切ります。それを別に準備したソースで包んで冷まし、さらにその周りに衣をつけて油で揚げる、といういくつものプロセスが必要な料理です。

このプロセスを重ねていく作業も難しい上、最後の「揚げる」作業は、フランス料理の伝統的な技の一つですが、近年はほとんどフランス料理の現場では使われることがないということで、参加者を悩ます大きなポイントとなりました。

let-115

参加者の中には、制限時間いっぱいまでこの卵の調理に苦戦し、予定どおりに料理が仕上がらず、審査員が待機状態になるときもありました。

「卵のヴィルロワ風」は、10個与えられる卵のうち、6個を完成させてお皿に乗せなければなりませんが、いくつもの卵で失敗してしまい、4個しか完成できなかった参加者や、タイムオーバーとなってしまう参加者もいました。

緊張感は最後まで途切れることなく、8名の参加者全員の料理の審査が間も無く終了です。

let-116

並べられた料理を改めて最後にチェックする審査員も。

let-117
最後は、審査員全員が、それぞれの点数をボードに記載して発表を行い、点数を集計して入賞者を決定します。

さあ、審査結果は如何に・・・?
表彰式・パーティの様子は、後編でレポートします!

ル・テタンジェ国際料理賞コンクール【前編】美食学のエベレストとは?

世界的な人気を誇るシャンパーニュである、テタンジェ【TAITTINGER】
実は、このテタンジェの名前を冠した、フランス料理の世界大会があります。
若手料理人を対象とした「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」です。
let-001
1967年にこの料理コンクールを創設したのは、クロード・テタンジェです。
クロードは、食通であった、父親でありシャンパーニュ・テタンジェの創始者である、ピエール・テタンジェの思い出と、ピエールの持っていた偉大なるフランス料理のビジョンを永久に留めたいと考えました。

今年で51回目を迎えるこのコンクールですが、テタンジェが主催するからといって、シャンパーニュに合う料理を要求することや、テタンジェに関連するルールや審査基準は一切ありません。
テタンジェは、食文化に貢献したいという、その想いひとつで、毎年シェフたちが純粋な料理の腕前で勝負する、このコンクールを実施しています。
真摯で誠実な審査を行うことでそのレベルの高さが評判となり、時に「ガストロノミー【美食学】のエベレスト」と呼ばれるほどになりました。

let-002

優勝者が決まるまでのプロセスは、2段階に分かれています。
まず、世界大会の予選にあたる、各国でのコンクールがあります。その優勝者たちが各国を代表して、パリで行われる世界大会に進み、腕を競い合うのです。

日本におけるこのコンクールは、1984年から実施されています。

現在日本においては、このような世界大会に通ずる料理コンクールの存在は、この「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン」のみだといわれていることから、この大会はフランス料理のシェフにとっては、とても大きな目標の一つといえるでしょう。

let-003
今年の日本大会、「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン」は、9月5日に東京・新宿にて開催されました。
書類選考で絞り込まれた8名の参加者が、会場に集まりました。

ルールはとても厳格です。

let-004

参加者は、当日、2種類の料理を完成させねばなりません。

1つは、事前にテーマを設定されている料理について、書類選考で、すでにそのレシピを提出済みの「オリジナル・ルセット(レシピ)」。
もう1つは、「課題ルセット」として、大会側が当日指定する料理です。こちらは、実技選考開始20分前に内容が伝えられます。

審査では、この2種類の料理についての、盛り付けや味、ルセット通りに作られているか、バランス等に加え、参加者の調理場における作業の質が評価され、すべての合計点で優勝者を決定します。

さあ、今年のコンクールは、どのような結果になるのでしょうか?
中編後編でお伝えします!

TATTINGER【テタンジェ】ブランドエクスペリエンスナイト【後編】幻想的なアートの競演♪

サッポロビールが取り扱うシャンパーニュブランド、 TAITTINGER【テタンジェ】
レポート前編に引き続き、後編ではイベント開始後の様子を報告します。

te-101
会場となった法隆寺宝物館には、多くのゲストが集まりました。

te-102

te-103

イベント冒頭には、テタンジェオーナーのピエール・エマニュエル・テタンジェ氏が挨拶をし、数多くの受賞歴を誇る、コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブランで乾杯を行いました。

te-104
ピエール・エマニュエル・テタンジェ氏は、第二の故郷と称する日本で開催される今回のイベントを、大変心待ちにしていたということです。

te-105

グラスは、フランスのグラスメーカー「バカラ」を使用しています。

te-106

te-107

te-108

みなさん、テタンジェとともに、ひとときを楽しんでいるようです。
te-109
DJは、沖野修也さんです。
沖野さんは世界を舞台に活躍する、日本でもっとも著名なジャズ・クロスオーバーシーンのDJであり、プロデューサーでもあります。

te-110

沖野さんは、今回実際にフランスにあるテタンジェのシャンパーニュ・メゾンで取材を行い、現地で感じたインスピレーションを基に、フランスでレコードを購入し、当日の音楽構成を組み立てました。
当日は、沖野さんが感じ取ったテタンジェのストーリーと情熱を、音楽で表現します。

te-111
スクリーンには、沖野さんの音楽とともに、現地で撮影された映像が流れます。

te-112

そして、その音楽に重なるように、神田さおりさんによるライブペインティングが始まります。
te-113
神田さんは「踊絵師」で、音楽に合わせて踊りながら大きなキャンバスで絵を描くことで、世界を舞台に活躍されています。

今回は、沖野さんとともに訪れた、フランスのテタンジェのシャンパーニュ・メゾンで数多くのスケッチを行い、現地で思い描いたビジョンを描き溜めて帰国しました。

会場で描く絵のテーマは、シャンパーニュの材料である「ぶどう」です。

最初はゆっくりと、筆でキャンバスを撫でるように、ぶどうの枝を描きます。

te-114
神田さんの一連の動きはとてもスムーズで、ゲストはその艶やかさに一気に引き込まれていました。
全身を使った表現からは、深いエネルギーを感じます。

te-115
音楽の転換とともに、絵を描くムードも変わります。

二色で描かれた鮮やかなぶどうの実は、筆だけでなく手のひらを使って、大胆に表現されました。

te-116
神田さんのしなやかな動きは、ぶどうの枝に寄り添っているようにも見えます。
te-117
沖野さんの奏でる音楽と、神田さんのパフォーマンス、そして見守るゲストたちの存在。
会場全体で一つの物語を紡ぐように作品が完成に近づいていきます。
te-118
そして、クライマックスを迎えた音楽とともに、ぶどうの木の完成です。
ぶどうの蔦が太陽の光を浴びて、力強く、輝いているように見えます。

神田さんは、シャンパーニュはただ飲んで楽しむだけではなく、どこで誰と時間を共有しながら飲むのか、ということを含めたマリアージュが大切だと話していました。

te-119
この後も会場では、引き続きゲストの方々がテタンジェの世界観を堪能している様子が見られました。

皆さんも、次の乾杯の際は、シャンパーニュの空気を感じながらテタンジェを楽しまれてはいかがでしょうか?

te-120