マスカット・オブ・アレキサンドリア初仕込み! ~岡山ワイナリーより~

今回はじめてほし日記を書かせていただく原田です。

入社以来ビール工場勤務で、ビール以外に携わったことが無くワインについて猛勉強しているところです。

ワインの仕込みに関わるのは2年目ですが、今年は仕込み作業の指揮という大役を任され、責任とともにやりがいを感じながら日々奮闘しています。
秋の訪れとともに、スーパーなどの店頭でもぶどうをよく見かけるようになってきましたね。

ワイン用のぶどうももちろん収穫時期で、岡山ワイナリーでも生果(なまか)の仕込みが始まっています。

そんな中、今年もマスカット・オブ・アレキサンドリアの初仕込みを行いました。
1

マスカット・オブ・アレキサンドリアは、日本ではほぼ全量岡山県で栽培されている白ぶどうで、生食用で知られています。

北アフリカが原産のようで、巨峰、シャインマスカット、などと比べるとずっと古くから栽培されている品種です。
話はそれますが、岡山県ではぶどうの種類を多く見かけます。

上の品種以外にもピオーネはもちろんマスカットベーリーA、オーロラブラック、ロザリオビアンコ、瀬戸ジャイアンツ、翠峰(すいほう)などなど。この時期はぶどうを買って食べ比べるのも楽しいです。
2

仕込み当日の状況
岡山県のみなさんはマスカット・オブ・アレキサンドリアには名産品としての想いも強く、仕込み当日は多くの地元マスコミの方に取材に来ていただきました。さらに今年は設備も新しくなっていて、昨年よりもゆっくり仕込みを見ていただけました。
3
4

 

今年新しくした除梗破砕機もばっちり取材していただきました。
5
今後の予定
今後はゆっくりと発酵、熟成へとすすみます。来年春以降順次、2017年ヴィンテージを皆様のもとにお届けできる予定です。

岡山ワイナリー生産部 原田 英雄

つくり手からの情報も随時発信中!『グランポレール公式SNSアカウント』もチェック!
facebook: http://www.facebook.com/jwineGP/
twitter: http://twitter.com/GrandePolaire

アレキサンドリアを使ったワインを試してみたくなったあなたはこちらも

6