グランポレールより、2017年のご挨拶

2017年が始まりました。
グランポレールを応援してくださった全ての皆様に心よりお礼を申し上げます。

昨年を振り返ると、2016年はグランポレールが皆様にこれまで以上に知って頂けた年と考えています。
岡山ワイナリー関連では、6月の伊勢志摩サミットで「エスプリ・ド・ヴァン・ジャポネ絢/泉」が採用されたことが一番の話題でした。
おかげさまで、お客様からの問合せも多くいただきました。 一方で、少しでも多くのご要望にお応えするべく、次のヴィンテージを前倒しで出荷する等の対応をしていました。

2016年はぶどうの入荷もほぼ計画通りであり、品質向上に向けた試験も実施できました。

ぶどう品種、産地に合ったワイン造りを目指し試行錯誤しましたが、より品質向上が期待出来る試験もできたと考えています。
現在、2016年ヴィンテージのワインはどんな様子かというと、赤ワインは昨年末から樽熟成を開始し、白ワインはびん詰めの準備を進めています。

既にミュラートゥルガウは昨年末にびん詰め完了し、今月は甲州フリーランのびん詰めを予定しています。

新ヴィンテージは今後も順次発売になりますので、是非お試し頂ければと思います。
20170112GP
日本ワインの中でもキラッと光る☆になれるように!
グランポレールは、2017年も走り続けます

岡山ワイナリー 生産部長 竹下昌利