続々と新ヴィンテージの出荷が開始しています。~グランポレール勝沼ワイナリーより~

太陽の出ている時間がだいぶ長くなってきました。
前回は各産地のぶどうの開花をお知らせしましたが、山梨県甲州市勝沼町にあるグランポレール勝沼ワイナリー内のぶどう園でも、ぶどうの花がいっぱいに咲いています。いよいよ実りの季節へ向けた準備が整い始めました。

ぶどうの花です。小さな花ですが香りは豊かですよ!

そんな中、グランポレール勝沼ワイナリーでは、新しいヴィンテージのワインの出荷準備を進めています。
ちょうど、今日は『グランポレール長野メルロー&カベルネ2014』のラベル貼りを行いました。

その様子をパチリ!

ワインを1本1本、丁寧にハコに入れていきます。
グランポレール勝沼ワイナリーではすべて手作業で入れていきます。
なかなかの重労働です。

お客様のお手元に届くまで、愛情を込めて、さあ行ってらっしゃい!

さあ新ヴィンテージの味わいはどうでしょう。
私からおすすめポイントを皆様にこっそりお伝えします!

グランポレール長野メルロー&カベルネ2014は、長野県の2つの自社ぶどう園で収穫されたぶどうを原料としています。
それぞれの品種の特長である柔らかな味わいと、しっかりとしたタンニンの調和がお楽しみ頂ける赤ワインです。

今回のヴィンテージには、シングルヴィンヤードシリーズでも海外のコンクールで高い評価を得た安曇野池田ぶどう園で収穫されたぶどうからつくったワインもブレンドした事から、ますますワインに凝縮感が感じられる様になりました。

また、グランポレール勝沼ワイナリーからお届けする、2つの新ヴィンテージの出荷準備も始まっています!
自分でいうのもなんですが、、、どれもこれもよいですよー。

☆グランポレール山梨甲州樽発酵2015
山梨県甲州市の勝沼町で収穫された甲州種ぶどうをオークの小樽で発酵・熟成させました。ぶどう由来の柑橘系のアロマと柔らかで綺麗なバニラ香を感じさせる、甲州種の特長を最大限に活かせる様につくりました。

ワインの持つ香りと口中での滑らかな口当たりが、お料理との相性をさらに増幅させる白ワインになっています。

☆ グランポレール長野シャルドネ2015
長野県の2つの自社ぶどう園で収穫された、シャルドネ種ぶどうをオークの小樽とステンレスタンクで発酵・熟成させたワインをブレンドしています。
暖かい地域の十分に熟したパイナップルを想わせる香りと、しっかりとした酸味がワインの豊かさを表現する白ワインに仕上がっています。

新しいヴィンテージぜひお楽しみください。

グランポレール勝沼ワイナリー  渡邉 真介