サッポロビール株式会社
★SAPPORO

今年も安曇野にご期待を!~安曇野池田ヴィンヤードより~

3/29に安曇野池田ヴィンヤード メリタージュ・シラー・シャルドネのセカンドヴィンテージが発売となります。

セカンドヴィンテージがお客様にどのような評価を受けるか楽しみです。

さて安曇野池田では今年もスタートし、

1月中旬までは気温が平年を上回り暖冬かと思われましたが、その後、平年以下の気温となり、1月18日と20日に降った雪(積雪約30cm)が約1か月近くも圃場に雪が残りました。

まずは、この残雪のなかでの作業をご紹介いたします。

剪定枝の回収作業をはかどらせるため、今年も回収用の一輪車を一工夫しました。

一つは、スノ-ボ-ドを履かせたタイプ。
板が幅広であるため安定感があります。また、枝の取り出しがスム-ズにできる様に引き戸式にしました。

もう一つは、スキ-板をはかせたタイプ。
一輪車が雪深く沈みこまない様に、横に添え木をはわせています。

次に、現在行っている作業をご紹介いたします。
今は、すっかり雪がなくなった圃場で巻きひげとりを行った後、萌芽前の誘引作業を急ピッチで進めているところです。3月は、2月に比べると暖かくなったとは言え、北アルプス経由のこの時期の風は、まだまだ冷たいものです。

5年生樹のメルロ-です。両腕がしっかりと伸びた状態に成長しているため、各枝を誘引線で固定することで安定化できます(以前の様に支柱に固定する必要は、ございません)。
メタボにならない様、時をかけてじっくりと大切に育てて来ました。
4

参考までに、植栽時には支柱に青テ-プで誘引して苗を固定しました。
5

最後に、現時点での今年の収量の見込みついて予想しますと、下記の要因から、良い結果に繋がるのではと期待しているところです。
・厳冬期、長期に渡って残雪があったことで、土壌の保湿と保温効果により、休眠期中の根には好条件になったこと。
・2月の降水量が平年を上回り、3月のそれも平年も上回ることが予報され、萌芽前の土壌水分条件が平年よりも多くなることで、芽吹きのプラス条件が続くと予想されること。
・現在、大規模な暗渠工事を進めており、水捌け条件が更に良い状態になって行くこと。
・根の成長に穏やかな施肥法にしたこと、等々。

今後も、皆様に安曇野のワインを少しでも多くご提供できる様、日々努力を惜しまず作業を進めて参りたいと思います。今年も安曇野池田ヴィンヤードにご期待下さい!
安曇野池田ヴィンヤード 栽培責任者 田中 亘

~安曇野池田ヴィンヤード新ヴィンテージ、出荷準備完了!~

朝晩まだまだ寒さ厳しい勝沼ですが、先月には最高気温22.6℃!という初夏の陽気となった日もあり、休眠期のぶどうの樹も目覚めてしまうのでは?と少しドキドキしてしまいました…(汗)

さて、今回はいよいよ発売も間近に迫って来ました『グランポレール安曇野池田ヴィンヤード3アイテム新ヴィンテージ』のワイナリーでの出荷準備の様子をお伝えします。

つづきを読む

サッポロビール博物館改装レポート第2弾

サッポロビール博物館改装レポートの第2弾は、3階にできるプレミアムシアターを紹介していきます。

プレミアムシアターは、横にとっても長い、大迫力のワイド6K映像。
有料ツアーとなるプレミアムツアー参加者のみが体験できるシアターです。
とにかくキレイで大きいので、今から楽しみ!

ちなみに、プレミアムツアーはガイド付きツアーで、プレミアムシアターと「黒ラベル」と「復刻札幌製麦酒」のテイスティングが付いて1人500円のとってもお得なツアー。
無料の自由見学もできますが、おすすめはプレミアムツアーなので、是非、お楽しみに。

さてシアターには、サッポロビールの礎を築いた「中川清兵衛」と「村橋久成」が登場。
激動の明治初期、北海道を舞台に、ビール国産化へ邁進した男たちの活躍を映像化しました。

中川清兵衛 村橋公写真

▲中川と村橋

そして2月末、このプレミアムシアターの音入れを行いました。
ナレーターさんがスタジオに入ると、いよいよ本番です。
制作側から「歴史の厚みを感じさせるトーンで」と注文するとナレーターさんもすぐに声音が変わり重厚感のある声に、
「あと数秒短くしたい」との注文には、我々も台本の変更を提案したり、ナレーターさんも間を変えてみたりと、皆で仕上げることができました。

最後に出来上がった作品をみんなで確認。
声が吹き込まれた映像は、たちまち生きた映像に早変わり!
プロのナレーターさんの凄さを改めて実感しました。
出来た作品はというと……ちょっと涙ぐんでしまうほど、感動!

今回は2作品制作しています。
それぞれ声優さんが違いますので、オープンまで楽しみにしていて下さいね。
皆さん聞いたことがある方々ですよ。