協働契約栽培農家さんと今年の総括!~雪景色の北海道余市町から~

12月上旬、北海道余市町において、契約栽培農家の皆さんと2015年のぶどう収穫に関しての情報交換会を行いました。

この時期の北海道はすっかり雪景色。
日本海側に位置する余市町は雪が多く、ぶどう園ではすでに30cm以上積もっていました。
11月の気温が例年より高かった影響もあってか、これでも例年より雪は少ないとのこと。

①

ご覧の通り、もう少しでぶどうの樹が雪にすっぽり埋まりそうです。
冬の寒さが厳しい北海道では雪の中のほうが温かく、樹は雪に埋まることで寒さから守られます。

夕方に差し掛かって空気が冷え込んでくる中、余市町内にて情報交換会はスタートしました。
この会は、協働契約栽培をしていただいている農家の皆さん、JA余市の方、ワイナリーのメンバーが集まって毎年開催しています。
その年のぶどう収穫について良かったところや悪かったところを率直に話し合い、さらにおいしいワインをつくっていくために意見や想いを交わします。

②

 

(皆さんとても真剣です!)
皆さんの想いを受け、将来への期待と責任を感じ、気持ちが引き締まりました。

…そして情報交換会の後はお待ちかね、余市町産のぶどうから醸造したグランポレールで乾杯です!!
今年も良質なぶどうを育てていただいた農家の皆さんに感謝を伝え、1年の労をねぎらいました。

③

(農家の皆さんと一緒に飲むグランポレールは格別!ワインづくりに携わって良かったと心から思える瞬間です。)

④

(この日は、12月に発売となったグランポレール・シングルヴィンヤードシリーズの北海道余市ピノ・ノワール2013も登場。)

グランポレールは、多くの方々の支えによって出来上がるプレミアムワインです。
ワイナリーでは、2015年ヴィンテージのワインづくりが続いています。お客様のお手元に届くまで、もうしばらくお時間がかかります。
農家の皆さんに魂をこめて育てていただいたぶどうを最大限に生かして、おいしいワインをつくっていきたいと思います。

岡山ワイナリー ぶどう購買担当 石原 大輔