白ワインの発酵を覗いてみます… ~グランポレール勝沼ワイナリーより~

8月下旬から、ワイナリーでの今年の仕込が始まりました!

毎日忙しくて大変ですが、良いワインができるよう一生懸命頑張っているところです。

 収穫されたぶどうは、まず梗(果粒が着いている茎の部分)が取り除かれ、選果によって粒を選別します(前回お伝えした作業です!)。

白ワインの場合は、その後果汁を搾り、発酵をスタートさせます。

今回は、白ワインの発酵の様子をお伝えします!

1

現在白ワインが発酵中のタンクです。ワイナリーにあるタンクの中では小さい部類です。

フタを開けて中を覗いてみましょう…

真っ白です!少しもこもこしているようにも見えるでしょうか?

白ワインなので真っ白な色…という訳ではなく、写真に写っているのは「泡」なんです。

 

発酵というのは、酵母がアルコールを作ってくれる働きなのですが、この働きによって、ぶどう果汁の中の「糖分」が、「アルコール」と「炭酸ガス」に変化します。

この炭酸ガスがとても細かい、綺麗な泡を作るので、このような見た目になります!

耳をすますと、炭酸ガスが作られる「シュー…」という音が微かに聞こえてきて、なんだかリラックスできそうな気分です。

 

発酵が終わったタンクも見てみましょう。

もこもこの泡が無くなって、発酵が終わっていることが分かります。ワインの中に炭酸ガスが残っているので、すこし泡立った見た目をしています。

 

このワインはこれで発酵が終わり熟成に入りますが、ワイナリーにはまだまだ沢山のぶどうが入ってきます。忙しい日々が続きますが、引き続き発酵を見守っていきたいと思います!

 

グランポレール勝沼ワイナリー 青山 晴菜