サッポロビール株式会社
★SAPPORO

「仕込が始まりました!」~グランポレール勝沼ワイナリーより~

8月21日、ついに、今年の仕込が始まりました。

まず、最初にワイナリーに入って来たのは、安曇野池田ヴィンヤードのシャルドネとピノ・ノワール。

暑い夏と、少ない降水量のために、ぶどうの成熟は早く、いつもより少し早い収穫となりました。
今年のぶどうは健全で、果房も果粒も小さく、まさに最高の品質。期待が持てます。
IMG_4432
入荷したシャルドネ。

IMG_4442
右がシャルドネ、左がピノ・ノワール。
横に置いてあるのは名刺入れです。

IMG_4455
準備万端整って、いよいよ仕込開始。
次々と、ぶどうが除梗機に入っていきます。

IMG_4451

除梗機で梗(果粒が着いている茎の部分)を外されて、粒だけが出てきます。

IMG_4458
人の手で選果して行きます。取り除くのは梗の破片や、
成熟不良果、病果等。赤品種では着色不良果も取り除きます。
雑味がなくて、ピュアな味わいのワインを造るために、欠かせない作業です。
梗の破片も少なく、健全果ばかりだったので、楽勝の選果作業でした。

まだまだ書きたいことはあるのですが、次のぶどうが入って来たので、今日はこの辺で…

グランポレール勝沼ワイナリー チーフワインメーカー 工藤雅義

外国人旅行客に聞いてみよう!「YouのBeer, どんなBeer? 」【浅草・後編】

こんにちは!

さて、前回に続き、浅草でのインタビュー後編をお届けします。

asakusa

まずは、奥さま方が買い物しているのを待っていたお二人の紳士に早速聞いてみましょう。

YouのBeer, どんなBeer? 

asakusa2-1

Breakfast of Champions.

『チャンピオン(勝者)の朝食』 

 

asakusa2-2

Sapporo Muy Bueno!

『(スペイン語で)サッポロ、とってもいいね!』

このお二人はアメリカ・カリフォルニアからの観光客でしたがが、なんとサッポロビールを知っていました!
北海道にあるサッポロビール工場にも訪れたことがあるとのこと。

そして日本ではもちろん、普段からもアメリカでもサッポロビールを飲んでいるそうです。
アメリカではサッポロビールの種類は一つしかないので、日本にいる間に黒ラベルやヱビスなど、いろいろな銘柄を飲み比べたいと話していました!
ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール

さてさて、お次はロシアからきたアルメニア出身のお二人。

ロシアではあまりビールを飲まないとのことなのですが、日本で何度も見かける黒ラベルを見て、「これこれ!素敵なビール!」と話していました。

なにやらビールのことを語るのではなく…サッポロビールのキャッチコピーを考えてくれたようです。

I can’t stop drinking Sapporo Beer!

『サッポロビールが止まらない!』

なるほど、美味しくて飲むのをやめられないということでしょうか?
ありがとうございます!
ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール

さて、もう一人は日本で初めて見た黒ラベルのパッケージを特に気に入ってくれたようで、「今すぐにでも飲みたい!」と話しながら書いてくれました。

注:缶は開いていません(笑)。

SAPPORO BEER is always a good idea! ( This is Xороший!)

『サッポロビールを選ぶのがいつも正解!(ロシア語で:すごく良い!)』

ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール

続いては、フランスから来た仲の良いカップルです。

女性が日本に住んでいた経験があるとのことで、彼に日本を観光案内中だそうです。
二人はビール好きで、基本的に毎日ビールを飲むけれども、今日のように暑い日はたくさん飲んでしまう!と話していました。

さあ、「YouのBeer, どんなBeer? 」

La pression, moi je la bois!

『生ビール(ストレス)を飲みますよ!』

フランス人ならではのジョークでコメントしてくれました。
なんとフランス語で ‘La pression’というと、「生ビール」と「ストレス」という2つの意味があるとのことです!ですから、このひとことで

「仕事中はストレスを飲んで(我慢して)いるし、仕事が終わったらビールを飲みます!」

というような意味になるそうです。
生ビールとストレスが同じ言葉で表現されるなんて、フランス語は不思議な言葉ですね!勉強になりました。

ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール ビール

さあ、いかがでしたか?
取材の印象としては、皆さんビールについて気軽に質問したにもかかわらず、とにかく「面白いこと」を書こうと一生懸命考えてくれて、嬉しかったです。
そんな皆さんのコメント一つ一つに温かさを感じました。

さあ、なんだか美味しいサッポロビールを飲みたくなってきました。
次回の「YouのBeer, どんなBeer? 」をお楽しみに!

防鳥ネットを張りました。~長野古里ぶどう園より~

梅雨明け以降、暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

長野市内にある自社ぶどう園の長野古里ぶどう園では連日の猛暑で人は少々バテ気味ですが、ぶどうの方は元気に育っています。(正直なところ少し雨が欲しいところです)

こんな中ではありますが、比較的収穫の早いシャルドネが7月末、メルローが8月初旬と平年並みのベレーゾーン期に入りました。

 

※ベレーゾン期

べレーゾン期になると、白系品種では果粒が軟らかくなり、着色系品種では着色が始まります。

また、果粒の中に糖分を蓄え始め、これ以後、果実は成熟に向います。

果粒に「水がまわる」という意味でベレーゾン(veraison)と呼んでいます。

CIMG0135

つづきを読む

外国人旅行客に聞いてみよう!「YouのBeer, どんなBeer? 」【浅草・前編】

こんにちは!
残暑が厳しいですね。お元気ですか?

さて、ここのところ日本では外国人観光客が増加しているといいます。
観光客のみなさんは、日本をどのように楽しんでいるのでしょうか?

asakusa

そこで、わたしたちは、ビールについてのひとことインタビューに挑戦しました!
題して『YouのBeer, どんなBeer?』 あれ?どこかで聞いた事あるような…
つづきを読む

暑い!山梨の夏は過酷です。~グランポレール勝沼ワイナリーより~

梅雨明け以降、山梨県では連日、猛暑日・真夏日が続いています。

ぶどうの生育にとっては、適度な水分ストレスも必要なのですが、栽培管理を行っている

担当者にとってはこの暑さは非常に過酷です…。しかし、ぶどうの生育は待ってくれません。気合を入れて、水分補給をしっかりと行い、収穫まで頑張っていきます!

 

さて、そのぶどうの生育ですが、グランポレール勝沼ワイナリーの見本ぶどう園でちょっと変わった光景が。

※グランポレール勝沼ワイナリーではグランポレールの4つの産地の栽培方法やぶどう品種の違いを実際に見て頂くため、各産地の各ぶどう品種を植えたぶどう園があります。

①

つづきを読む