ワインメーカーという仕事

私の名刺には、ワインメーカーという職名が印刷されていますが、皆さんは、ワインメーカーという仕事をご存知ですか?

ワインを造る会社のことをワインメーカーと呼びますが、そこで実際にワインを造っている人のことも、ワインメーカーと呼びます。

ワインを造る(Make)人という意味です。

さて、では、そのワインメーカーの仕事とは、具体的に何か?

「ワインを造ること」

そうですね、まさに、文字通り。

「ぶどう農家さんや自社ぶどう園の管理者と連携をとり、必要な指示をすること」

それも大事な仕事です。ワインの品質の8割はぶどうの出来で決まると言われます。当社の場合は、各産地の栽培責任者がいて、私たちワインメーカーと栽培責任者の連携で、おいしいワインになるぶどうを育てます

では、もうひとつの大事な仕事は何か?

それは、お客様とワインの話をすることです。

2月21日に、北海道余市で、「ワインを楽しむ会」が開催され、私も参加して、お客様と、いろんな話をして来ました。当社ワイン「グランポレール」の紹介や、昨年の「グランポレール」の出来、余市という産地に対する期待、もろもろの話です。

10社のワイナリーが参加。お客さんの数、なんと450人! 公民館の広い会場も立錐の余地がないほど。

肖像権の関係で、その混み具合をお見せできないのが残念です!

「おいしーい」という声の他に、時には、ご不満の声をいただくこともありましたが、それも含めて、楽しい仕事です。

企業戦士的には、「自社製品への率直なフィードバックを頂く貴重な機会」ということになるのですが、当日、参加していた多くのワインメーカーの偽らざる気持ちは、単純に「お客様と話が出来る、楽しいひと時」だったと思います。

IMG_3059

会場の外は雪。ワインの空き瓶を使った素敵なライティングです。

 

山梨では、毎年秋に、ワイナリーを巡る「ワインツーリズム」が開催されます。是非、皆さんも参加してみて下さい。

お客様と話しがしたくて、うずうずしているワインメーカーが手ぐすね引いて待っています。

「それまでは、とても待てない」という方は、グランポレール勝沼ワイナリーのツアーへ。土日・祝日限定で、有料の予約制ワイナリーツアーを開催しています。私たち、ワインメーカーが、普段なかなか見ることが出来ないワイナリーの内部を案内し、最後に自慢のワインをテイスティングしていだたくツアーです。

ツアーの詳細は、こちら

 

皆様のお越しをお待ちしています。

グランポレール勝沼ワイナリー

チーフワインメーカー 工藤 雅義