グランポレールに、待望の「安曇野池田ヴィンヤード」アイテム3商品が新登場!

グランポレールは3月31日に自社畑、「安曇野池田ヴィンヤード」より3アイテムを初リリースします。

初リリースは各アイテム約1,000本。最高品質のぶどうを使用し、つくり手のこだわりを凝縮させた自信作です。

グランポレールネットショップでは、「安曇野池田ヴィンヤード3アイテム」を限定30本数量限定で先行予約受注を承っています。

是非一度皆様にお試し頂きたいです。

「安曇野池田ヴィンヤード3アイテム」先行予約受注はこちら

 

今回は今年の収穫に向けて始動し始めた「安曇野池田ヴィンヤード」の“今”を皆様にお伝えします!

今シ-ズンの冬は、気温は平年より低く、海水温が高かったため圃場に湿った雪が残る日が続きました。

◇今シ-ズンの雪質

エヤコンの室外機に雪除けの屋根を設置しました。

理由は、今年の雪は水分が多いため、写真の様に屋根に残った雪が溶けやすくカ-ルした状態になります。

屋根が無い場合は直接この雪が室外機のファンに氷付き、エヤコンの運転の妨げの原因になるためです。

このようなコンディションの中で進めた、「剪定枝の回収作業」、「堆肥の投入作業」についてご紹介します。

◇剪定枝の回収作業

一輪車等にソリを履かせたキャリア-を作製して、多くの剪定枝を積んでも湿り雪の抵抗を少なくできるように工夫して、作業を進めています。

キャリアに載せられた枝は、後で回収し易いように隅に集めておきます。

◇堆肥投入作業

この日は前日に積雪が約17cmとなり、運搬機による堆肥の投入が困難であったためバックホーによる雪かきを行いました。

運搬機の通路の雪かきがを行った後、土づくりで最も重要な堆肥の投入作業を行いました。

◇雪かき後の鳥

雪かき後には、何処からともなくつがいのセキレイが集まり、雪かきの際に掘り起こされたミミズを捕食していました。

冬の安曇野池田ヴィンヤード。今年もいいぶどうを収穫し、皆様に美味しいワインをお届けできるよう日々奮闘しています。