イギリス・ノーフォークの製麦所から、手作り麦芽が到着しました!

今日ご紹介するのは、発売したばかりの英国伝統の麦芽を使った『百年麦芽』です。

イギリス・ノーフォークの製麦職人のこだわりから生まれた『百年麦芽』。

今回は、英国の香りが色濃く漂う旧古河庭園(東京都北区)に行って来ました。

5

日本にこんなにたくさんの種類のバラがあったのか!と驚かされます。

貴婦人のようなエレガントさや、映画女優のような色っぽさ。瀟洒な洋館を背景に、魅力的なバラをたくさん見ることができました。

なんと、「芳純(ほうじゅん)」と言う名のバラもありました!

8

百年麦芽』も、まさにそんな、薫り高いお酒です。

 

イギリス・ノーフォークの製麦所で100年以上の伝統を受け継ぐフロアモルト製法で、ひとりの職人が育つのに、最低でも12年もかかります。

手作業で発芽の温度を調整することから、通常の3倍以上の時間がかかっていて、だからこそ、深く複雑な味わいを楽しめるのです。

特別な麦芽を使った『百年麦芽』を、ぜひイギリス風のお食事とお試しくださいね。