シャンパーニュはブドウだけにあらず、「フランスの大麦」編

ヨーロッパ大麦担当フィールドマンの高橋です。

今回は、高級ワイン、シャンパンの故郷でもあるフランス・シャンパーニュ地方の大麦を紹介します。

さて、みなさん、今年で2年目となる2014年1月22日に限定発売した「薫り華やぐヱビス」には、シャンパーニュ地方で育った大麦からつくった麦芽を使用していることはご存知ですか?実は、製麦も同じシャンパーニュ地方になる工場でおこなった、まさに生粋のシャンパーニュ麦芽なのです。

シャンパーニュでは、昔からワイン用のぶどう栽培は盛んですが、20世紀半ばに大規模開拓があり、土質がビール大麦にも適していたことから、ビール大麦をはじめその他の穀類の栽培がはじまりました。意外に歴史は浅いのですが、今では高品質な大麦が大規模に栽培されています。

このエリアは日本と同じように、秋に種を播いて越冬させる“秋播き大麦”や小麦も栽培されており、2月上旬に訪問した頃は、大麦や小麦は青々と葉を広げていました。

Field in Champagne

この写真ですと、原っぱのように見えるかしれませんが、初夏を迎えるころには下のような元気に育った大麦畑になっていることでしょう。(2013年6月のシャンパーニュにて)

つづきを読む